会計クラウドソフト「freee(フリー)」を格安で使う裏ワザ!(クーポンなど)

公開日: 2016年 01月 19日
更新日: 2017年 03月 02日


会計クラウドソフト「freee(フリー)」を私は3年以上使っています。私はフリーランサーなので年額9,800円を払ってもむしろ安いぐらいと考えていますが、本業は会社員で副業でfreeeが必要な人や、これからフリーランサーをやろうとしている人で、このfreeeを使おうとしている人は少し高いと考えている人もいるかもしれません。

このページではクーポンなどでfreeeを少しでも安く利用する方法を紹介します。ただし物販やがっつりフリーランサーとして活動されている人は、年額払いで9,800円払うことをおすすめでします。

またfreeeと同時にほぼおなじ機能のあるMFクラウドも良いでしょう。

ではいってみましょう。


無料会員登録で確定申告書類作成は、ほぼ無理

まずfreeeには無料会員というものがあり、できればこれで逃げ切りたいという人もいると思います。昔はある程度、無料会員でも書類作成することができたのですが、最近だと無料会員だとほぼ何もできない状態になっています。また過去データが1~2ヶ月程度しか見れない仕様になっています。

特に確定申告の書類の出力ができないようになり、無料会員というよりかはお試し版といった感じです。なので無料会員では確定申告はできないと思っていたほうがいいでしょう。

無料会員だと届くクーポンを利用する


無料会員だと定期的にメールや手紙で無料のクーポンコード(プロダクキー)を入力することで1ヶ月間お試しで全ての機能を利用することができます。この機能を利用すれば確定申告の書類も作成できます。

ただ確定申告のハイシーズンである時期(2~3月)は、あまり送られてこないです。

毎年3月限定で1ヶ月利用する


freeeには年額プランとは別に月額プランが用意されています。この月額プランを毎年、確定申告の締切である3月だけ1ヶ月限定で使えば節約にもつながります。この方法が現実的でおすすめです。

物販などやっていると1ヶ月でまとめて入力するのは至難の業ですが、アフィリエイトやブログ収入であれば経費もほぼなく、毎月ASPから振り込まれてくる情報を1年で入力できるので可能です。

また副業の収入を確定申告したいという人もこのワザで十分でしょう。

 MFクラウドだと無料会員でも確定申告書が出力できる!


freeeに次いでシェア2位のMFクラウドは無料会員でも月15件までなら登録でき、更には確定申告の書類も出力できます。

MFクラウドはマネーフォワードをつくっている会社なので使い勝手も結構良いです。なので月15件も登録する必要がない人であればfreeeでなくMFクラウドを使うことをおすすめします。

また月15件以上でも年間8,800円なのでfreeeよりも年間1,000円安いです。僕も今から会計をはじめるならfreeeでなくMFクラウドを使っていたと思います。

まとめ

freeeは私も長年使っていますが、おすすめです。是非、うまいこと活用してできるだけ負担をかけずに確定申告をしましょう!

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑