【2018年】高還元率でメインカードにオススメな厳選クレジットカードまとめ。マイル系はお得!

公開日: 2018年 01月 01日
更新日: 2018年 04月 23日


皆さんクレジットカードは何をメインカードにしていますか?

私は現在15枚以上のクレジットカードを保有しており、過去に解約したものも含めれば30枚以上は持っていました。

私は元々マイル、ステータス、海外旅行保険、上級会員ステータスなどが好きで、これだけクレジットカードを持っていますが、普通の人であればこれだけクレジットカードを持っていれば年会費も膨れ上がりもったいないです。

今回はそんな私が厳選しておすすめする普段、買い物で使いたいメインに持つべきクレジットカードを紹介します。

ちなみに「年会費無料で還元されるのは現金で還元率も最高!」なんてクレジットカードは存在しないので、個々の年間決済額、マイルでもOKなのか?などの事情によってベストなクレジットカードは変わってきますので、最後は個々で選んで頂ければと思います。

ちなみのこの記事では1マイル=2円のレートで表記しています。マイルについては最終的には人それぞれ価値が違いますが、わかりやすく比較できるように上記のレートで計算しています。ご了承ください。


高還元率クレジットカード No.1:とくかく高還元率でマイルが貯めれるSPG AMEXカード(還元率2.5%)


2018年の今、最も高還元率でお得なクレジットカードはSPG AMEXカードです。

年会費(税込) 33,480円
還元率 100円につき1.33マイル
※20,000ポイント単位で交換した場合
実質還元% 2.5%
還元ポイント スターポイント経由で30社以上のマイル
こんな人におすすめ ANAなどのマイルを貯めている人で毎月20万円以上の買い物をする人

年会費はかなり高額ですが、100円につき1.33マイルのレートで交換することができます。ANAやJALのクレジットカードでも100円決済で1マイルが限界なものがほとんどですが、更に0.33マイル上に行きます。

またマイルは、ANAJALだけでなく、JAL片道国内線が4,500マイルで手配できるエグゼクティブ・クラブ(ブリティッシュ・エアウェイズ)や、ANA片道国内線が5,000マイルのマイレージプラス(ユナイテッド航空)、JALのビジネスクラスにお得に乗れるアエロプラン(アラスカ航空)など幅広いマイルに交換することができます。

ただ年会費は決して安くはなく年33,480円(税込)です。なので普段クレジットカードで毎月20万円以上を決済しているような人にオススメです。ただAMEXなので使えない店やネット通販もあるのでもう1枚はサブのカードが欲しいところです。

【2018年1月入会キャンペーン】SPGアメックスカードは一気にSPG&マリオットのゴールドになれる神カード

あと還元率には関係ないですが、このクレジットカードを持っているだけでSPG&マリオットホテルのゴールド会員になれるのでこれらのホテルに泊まるときにアップグレード、朝食無料、ラウンジアクセスなどの特典も付いてきます。どうせならばこれらの特典も活用しつつマイルも一気に貯めていきたいクレジットカードです。

SPG AMEXカードのメリット・デメリットまとめ

メリット とにかく還元率が100円につき1.33マイルと良い
デメリット ・マイルを貯めてない人には不向き
・年会費が高い
・AMEXなので他にVISAやMasterCardなどサブのカードが必要

高還元率クレジットカード No.2:海外決済多めでマメな人に!マイレージプラス MUFGカード ゴールドプレステージ(還元率2~6%)


2017年末まで私がメインカードとして使っていたクレジットカードが、マイレージプラス MUFGカード ゴールドプレステージです。このクレジットカードも非常にオススメです。

年会費(税込) 16,200円(リボ払い設定だと12,960円)
還元率 100円につき1~3マイル
実質還元% 2~6%
還元ポイント マイレージプラスのマイル
こんな人におすすめ ・月10万円以上決済している人
・ANA国内線を利用する人
・こまめに返済手続きが毎月できる人
・海外によく行かれる人

貯めれるポイントはマイレージプラス(ユナイテッド航空)と限られていますが、マイレージプラスはこのブログでもお伝えしているとおり5,000マイルでほとんどのANA国内線に乗れてしまうので非常におすすめです。

またこのクレジットカードは非常にクセの強いクレジットカードで、通常であれば100円の決済につき1マイルとなりますが、海外で使うと(米ドルや韓国ウォンなどの外貨決済だと)100円につき1.5マイルとなります。

更にはリボ払いの設定にすると2倍マイルが溜まります。なので国内決済だと100円につき2マイル、外貨決済だと100円につき3マイルと尋常ではない還元率になります(笑)

「リボ払い?手数料が凄そう!」と思う人もいるかもしれないですが、1円でも金利が発生すればその月の決済は全て2倍の対象となり、こまめにMUFGカードのマイページやセブン銀行のATMで返済して調整すれば、ほぼ金利は掛からずにこの還元率でマイルを頂けます。

マイレージプラス MUFGカード ゴールドプレステージは改悪されても、まだお得!100円決済で2~3マイル!

詳しくは上記に個別記事でアップしていますで参考にしてください。

マイレージプラス MUFGカード ゴールドプレステージのメリット・デメリットまとめ

メリット とにかく還元率が良い。SPG AMEX以上
デメリット UAのマイルと限られたポイント還元。返済の手間

高還元率クレジットカード No.3:マイレージプラス・セゾンカード(還元率3%)


私が数年前までメインに使いっていたマイレージプラス・セゾンカードです。そこまで大量に決済をしない人におすすめしたいクレジットカードです。

マイレージプラス MUFGカード ゴールドプレステージでも説明しましたが、マイレージプラスは5,000マイルでANAの国内片道航空券に交換することができます。

マイレージプラス・セゾンカードは驚異の還元率1.5%!メインカードにおすすめ

マイルアップメンバーズに申し込みをすれば1000円につき15マイルの還元率となります。ただ1000円につき15マイルは年300万円までの決済となり、それ以降は1000円につき5マイルとなります。

なので年25万円以上を決済する人はSPG AMEXかマイレージプラス MUFGカード ゴールドプレステージを検討してみると良いでしょう。

年会費(税込) 7,020円※マイルアップメンバーズ申し込み時
還元率 1000円につき15マイル
実質還元% 3%
還元ポイント マイレージプラスのマイル
こんな人におすすめ ・月5~25万円程度を決済する人
・ANA国内線を利用する人

マイレージプラス・セゾンカードのメリット・デメリットまとめ

メリット 手軽にANA国内線が乗れるマイルを貯めれる
デメリット UAのマイルと限られたポイント還元

高還元率クレジットカード No.4:LINE Pay カード(還元率2%)


No.1~3がマイル関係になってしまい申し訳ないです。やっとマイルとは関係のないカードです。
※それほとマイル関係のクレジットカードはお得だということです。是非、マイルを貯めていない人はマイルを貯めることを検討してみましょう。

LINE Pay カードは大前提にクレジットカードではなく、事前にチャージが必要なプリペイドカードです。なので携帯電話などの月額料金支払い、ガソリンスタンドなどで使えない店舗もあります。

年会費(税込) 無料
還元率 100円につき2円
実質還元% 2%
還元ポイント LINEポイント
※このポイントでチャージができるので実質現金還元
こんな人におすすめ ・月10万円以下の決済
・マイルでなくポイント還元を受けたい

それでもこのLINE Pay カードはマイル以外の還元で最強のカードです。

LINE Pay カードは常に2%実質的に現金で還元してくれる神カード

LINE Pay カードのメリット・デメリットまとめ

メリット マイルではなく、ポイントで還元を受けたい
デメリット ・プリペイドカードなのでクレジットカードとしては使えない
・JCBブランドのみなので海外では不便

高還元率クレジットカード No.5:P-oneカード(還元率1%)


私は持っていないのですが、マイルもいらずにクレジットカードが欲しい!というはP-oneカードが良さそうです。

P-oneカード<Standard> | クレジットカードのポケットカード株式会社

年会費(税込) 無料
還元率 100円につき1円
実質還元% 1%
還元ポイント 現金
こんな人におすすめ ・月10万円以内の決済
・マイルでなく現金還元を受けたい

このP-oneカードは、なんと明細書から1%マイナスにしてくれる現金還元です。しかも自動なのでありがたいです。年会費も無料なのでとにかくマイルやポイントなんて不要!手間なしでお得なクレジットカードが欲しい!という人におすすめです。

P-oneカードのメリット・デメリットまとめ

メリット マイルではなく、現金で還元を受けたい
デメリット ・還元率が良いといっても1%。マイルに比べるとかなりお得感が落ちる

高還元率の定番クレジットカード

ここでは高還元率として雑誌やネットニュースで扱われるクレジットカードを私のコメント付きでまとめて紹介します。

楽天カード


やはり高還元率クレジットカードといえば楽天カードを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

確かに年会費無料で1%還元で楽天スーパーポイントも実質ないので非常に使いやすいクレジットカードです。少なくても普段クレジットカード決済で月5万円以下の人であればこのクレジットカードで十分です。

年会費(税込) 無料
還元率 100円につき1円
実質還元% 1%
還元されるポイント 楽天スーパーポイント
こんな人におすすめ ・月の決済が5万円以下
・普段、楽天をよく使ってる
・マイルは不要
・クレジットカードの決済は多くない

ただ月に決済が5万円以上の人であれば、この記事で紹介する年会費が発生する高還元率クレジットカードに切り替えたほうが良いでしょう。特にマイル系は還元率が楽天カードよりもかなり良いものが多いのでおすすめです。

ANAワイドカード


空港や電車で見かけることの多いANAワイドカードも高還元率です。100円の買い物につき1マイルとなります。

年会費(税込) 7,830円
還元率 100円につき1マイル
実質還元% 2%
還元されるポイント ANAのマイル
こんな人におすすめ ・ANAのマイルを貯めている人

悪くはない条件ですが、マイレージプラス・セゾンカードやSPG AMEXカードを検討してみるのもいいでしょう。SPG AMEXカードでもANAのマイルは貯めることができます。

JALカード


JALのマイルを貯めることのできるJALカードもショッピングマイル・プレミアム(年3,240円)加入で100円につき1マイルが貯まる高還元率クレジットカードです。

年会費(税込) 5,400円※ショッピングマイル・プレミアム加入
還元率 100円につき1マイル
実質還元% 2%
還元されるポイント JALのマイル
こんな人におすすめ ・JALのマイルを貯めている人

そこまで決済が多くない人であればJALカードでも十分に良いクレジットカードですが、SPG AMEXカードだと100円につき1.25マイルでJALマイルも貯めることができるので検討されると良いかもしれないです。

まとめ

今回、紹介したクレジットカード以外をお持ちの人は、是非とも高還元率クレジットカードNo.1~5あたりのクレジットカードに切り替えてみることをおすすめします。

意外と惰性で昔、どこかの店舗で作ったクレジットカードをそもまま使ってる人も多いのではないでしょうか?

ANAマイルでお得に航空券を手配する裏ワザを紹介!本当は誰にも教えたくない!

特にマイルであれば余裕で1%以上の還元を受けれます。この記事では仮で一般的にいわれている1マイル=2円のレートで計算をしていますが、マイルは使い方によっては上記のように更に価値を高めることができます。

なので現金やポイントを貯めている人は、クレジットカードの還元はマイルにすることを考えてみたほうが良いでしょう。東京⇔大阪の移動も新幹線ではくマイルで移動できます。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑