海外旅行にオススメするクレジットカード7選

公開日: 2015年 06月 12日
更新日: 2016年 10月 02日

皆さんクレジットカードは何をメインカードにしていますか?

楽天カード、三井住友VISAカード、セゾンカードなど様々なカードがありますが、今回は私が海外旅行好きにおすすめするクレジットカードを紹介しまします。普段、コスパにこだわって生きている私なので、自信をもっておすすめできるカードばかりです。

単純に還元率だけではなく、海外旅行保険、ラウンジなどのサービスも考慮して紹介します。


クレジットカードはVISAよりもMasterCard

“海外だとJCBカードは使えないところが多い”ということは、誰もが知っていることですが、VISAとMasterCardならどっちを持っていったほうがいいか知っていますか?

参考:海外でクレジットカードを使うならVISAよりMasterCardのほうがレートが良い件

上記記事で詳しく記載していますが、結論からいいますとVISAよりもMasterCardのほうがレートが約1%良いです。そのためVISAかMasterCard選べるカードであれば、迷わずMasterCardを選びましょう。

おすすめのクレジットカード(高還元率編)

P-oneカード

300x180_02_mothersupport
あまり知られていないP-oneカードですが、P-oneカードで決済すると国内外関わらず1%オフで請求が来ます。楽天カードであれば1%ポイント還元となりますが、このポイント還元分、値引きをしてくれるカードです。

ポイント管理など面倒くさい人には本当にオススメできるカードです。しかも、このP-oneカードは、MasterCardの国際ブランドで発行することができます。つまり、海外だとVISAよりも良いレートで決済でき、更に1%オフで請求がくるという訳です。

年会費 無料
ポイント還元 現金で1%還元
MasterCard 対応
海外決済手数料 1.6%
海外旅行保険 なし

MileagePlusセゾンカード

300x180_02_mothersupport

還元率だけ考えたら、MileagePlusセゾンカードがNo.1です。マイルを1,000円あたり15マイル貯まり、5,000マイル貯めればANAの国内片道航空券(沖縄線除く)に交換することができます。

参考:ユナイテッド航空「マイレージプラス」が国内航空券5000マイルに改良

つまり約34万円をショッピング決済するだけでANAの片道航空券に交換できるんですよね。年会費は6,500円(税抜)掛かりますが、すごくないですか?「小松⇒札幌⇒女満別」なんて航空券でも5,000マイルで予約できます。

しかもこのカードは、MasterCardでもOKですので海外でも活躍します。

年会費 年会費6,500円(通常年会費1,500円+マイルアップメンバーズ5,000円)
ポイント還元 1,000円につき15マイル還元(1.5%)
MasterCard 対応
海外決済手数料 1.6%
海外旅行保険 自動付帯

漢方スタイルクラブカードとREXカード

JACCSが提供する高還元率のクレジットカードが、漢方スタイルクラブカードとREXカードです。だんだん、このカードも楽天カードのように知名度が上がってきました。確かに1.75%還元の還元は魅力的ですが、この2つのカードは残念ながらMasterCardに対応をしていないため、海外ではそこまで還元率がよくありません。

参考:REXカードを海外で使うの時のメリット・デメリット【還元率1.75%】

私的にはP-oneカードまたはMileagePlusセゾンカードのほうがおすすめですが、決して悪くはないカードです。

年会費 漢方スタイルクラブカード:年会費1,500円(条件によって無料)
REXカード:年会費2,500円(条件によって無料)
ポイント還元 現金で1.75%還元
MasterCard 非対応
海外決済手数料 1.6%
海外旅行保険 自動付帯

おすすめのクレジットカード(ラウンジ編)


海外の空港でラウンジを使いたいのであれば、楽天プレミアムカード一択です。

参考:プライオリティパスを最安値で入手できる楽天プレミアムカードを発行しよう!

年会費10,000円(税別)を支払えば、プライオリティパスが無料で付いてきて海外のラウンジを無料で利用することができます。海外のラウンジの場合、国内のカードラウンジとは異なり食べ物や飲料水(アルコール含む)も充実しており、インターネットやコンセントも利用できます。

ほぼ全世界の空港でプライオリティパスが使えるところがありますので、年間5回以上海外へ行かれる人は完全に元が取れるカードです。メインカードとして使うにも、それなりにおすすめできるカードです。

年会費 10,000円
ポイント還元 ポイントで1%還元
MasterCard 対応
海外決済手数料 1.6%
海外旅行保険 自動付帯

おすすめのクレジットカード(海外旅行保険編)

クレジットカードには無料で海外旅行保険が付いてきます。わざわざ個別に海外旅行保険に加入をしなくてもこのカードで十分です。クレジットカードの海外旅行保険は合算もできるので、不安な人は自動付帯のカードを、2~3枚持っておきましょう。

上記でおすすめしたカードは、P-oneカードを除いて、海外旅行保険で自動付帯です。

JCB EITカード

598_285_5days0906 (1)
JCB EITカードは、JCBカードかつリボ専用カードなので海外で利用するメリットはそこまでないですが、持っているだけで傷害または疾病治療費用で最大100万円まで保証をしてくれます。お守りのカードとして持っていくようにしましょう。

年会費 無料
ポイント還元 ポイントで0.4%還元
MasterCard 非対応
海外決済手数料 1.6%
海外旅行保険 自動付帯

三井住友VISAカード(クラシック)


三井住友VISAカード(クラシック)は、手動付帯のカードですが、他のクレジットカードと組み合わせることで、海外旅行保険を3ヶ月以上伸ばすことができます

参考:クレジットカード帯付の海外旅行保険を無料で3ヶ月以上にする裏ワザ

年会費もリボ設定にすることで無料で維持できます。

年会費 1,250円(リボ設定にすれば無料)
ポイント還元 ポイントで0.5%還元
MasterCard 非対応
海外決済手数料 1.6%
海外旅行保険 手動付帯

他にもリクルートカードや三井住友トラストカードも、この裏技が使えます。

まとめ:今回挙げたクレジットカードを複数枚どうぞ

どうでしたでしょうか?クレジットカードは、一人1枚縛りはありませんので、今回挙げたカードを2~3枚持っておけば最強です。

メインカード MileagePlusセゾンカード
※ANA国内航空券を利用しないのならP-oneカード
ラウンジ用カード 楽天プレミアムカード
海外旅行保険(3~6ヶ月用) 三井住友VISAカード(クラシック)
海外旅行保険(サブ) JCB EITカード

個人的、利用だと思っているのが以下のカードをすべて持っておくことです。是非とも参考にしてくださいね!

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑