韓国・大邸で訪れるべき、おすすめスポット・観光地をまとめて紹介する

公開日: 2017年 04月 15日
更新日: 2017年 04月 20日

韓国の大邸(テグ)には3泊4日の滞在で、今回は大邱市とティーウェイ航空が企画したツアーに私はブロガー枠で参加しました。普段は個人で好き勝手レビューしていますが、こうった企画に誘われるのは人生初です。

普段であれば私は観光地に行くことがあっても体験ツアーや歴史博物館に行くことはないので、良い機会となりました。この記事ではそんな大邸の魅力をお届けしたいと思います…!


大邸は東京、大阪、福岡、沖縄からティーウェイ航空などが就航しています!

大邸は、韓国でソウル、釜山、仁川についで4番目に大きい都市です。人口は約250万人です。今まで韓国の国際空港といえば、ソウルと釜山が有名で、この2つの空港はすでに日本の多くの空港と結ばれています。

しかし最近になり大邸の空港にもティーウェイ航空をはじめとする航空会社が日本に就航させています。


上記はティーウェイ航空の路線ですが、すでに大邸には東京(成田)、大阪、福岡、沖縄便があります。他にもエアプサンが大阪⇔大邸を飛ばしています。

ティーウェイ航空で関空から韓国・大邸に行ったレビュー!たった1時間半!

私も今回はティーウェイ航空で大邸に行きました。大阪からならたった約90分で行けます。なので週末に滞在するだけでも十分に楽しめると思います。

大邸で実際に行ってよかったおすすめスポット・観光地

3日間の滞在でこれでもか!というくらい大邸で日本人が行くべきスポットを行ったのですが、その中でも特に良かったおすすめできる場所を紹介します。

ホルモンが苦手な私もおいしく食べれた!ホルモン・ストリート「アンジラン」


やはり韓国といえば肉を目的に訪れる人が多いと思います。

大邸は韓国のなかでもホルモンが有名で、ホルモン屋が密集するアンジラン(Anjirang)というホルモンストリートがあります。


ストリートの入り口に店の名前が書いた案内板がありましたが、これ全部ホルモンが食べれるお店です。韓国人の嫁に聞いてみると、このストリートにはソウルや釜山などの韓国各地からも来る人がいるようで有名なところのようです。


自分は正直あまりホルモンが好きではなかったので、「ホルモンよりもサムギョプサルが食べたい!」と思っていたのですが、実際にここのホルモンを食べてみると日本のホルモンとは違い肉に近い触感と味がしてとてもうまかったです。


もちろんお願いすればホルモン屋ですが、サムギョプサルも出してくれますので大邸にいけばこのホルモンストリートは絶対に行くべしです。

ホルモンストリート「アンジラン」への行き方

地下鉄「アンジラン駅(안지랑역)」から徒歩5分で行けます。

台湾とはちょっと違う!西門市場の夜市


夜市といえば台湾のイメージですが、大邸にもあります。ここで食べ歩きをすることができ、アメリカンドックやスイーツなどを食べることができます。


袋に入ったビールなんかも売られており、東南アジアだと袋に入ったコーラなんてのが売られていますが、ビールが入ってるのをみたのはここが初めてです。1杯4,000ウォン(400円)でした。


地元の女子高生層が多く、地元の人も結構遊びに来ているようでした。

ただこの夜市は、2016年からスタートしたようで、台湾の夜市とは違う雰囲気です。なので伝統的なところではありませんが、よくいえば清潔感はあります。

大邸の明洞「東城路(トンソンロ)」


大邸の一番の中心地であるエリアは東城路(トンソンロ)といところで、ソウルの明洞、釜山でいうと西面みたいなところです。

ここにはショップ、レストラン、カフェ、百貨店、ケータイショップなどが密集しており、若者がとにかく多かったです。買い物はここでしちゃいましょう。

おしゃれなカフェがいっぱい!キム・グァンソクのメモリアルストリート


32歳で亡くなったキム・グァンソクという韓国の歌手のメモリアルストリートも観光スポットとなっており、おしゃれなカフェが多くおすすめです。


日本でいうと尾崎豊みたいなようで、多くの韓国人が訪れていました。

このストリートは広々としたカフェが何件もあり、天気がよければ景色もよく最高です。キム・グァンソクを知らなくても楽しめます。

韓国・大邱のおしゃれカフェ #写真を撮る人を撮る #韓国 #大邱 #カフェ #ティーウェイ航空

おのだ まさしさん(@kankeri02.bu)がシェアした投稿 –


この写真もメモリアルストリートにあるカフェで撮ったものです。

キョンデビョンウォン(Kyungpook Nat’l Univ. Hosp.)駅から徒歩5分程度でメモリアルストリートに行くことができます。

日本から韓国に火縄銃を伝えた「沙也加」の記念館・墓


私は全く知りませんでしたが、1600年ごろに日本から韓国に火縄銃の技術を伝えた「沙也可(さやか)」という日本人がおり、その沙也可の記念館(達城韓日友好館)が大邸郊外にあります。

沙也可 – Wikipedia

沙也可についてはウィキペディアに詳しく記載されています。記念館には日本語でのナレーションや説明があるので、もしよかったら訪れてみてください。私はこの記念館に行くまで全く沙也可の存在を知らなかったですが、面白かったです。

この記念館から20分くらい歩いたところに沙也可の墓があり、今でもこの記念館周辺には沙也可の子孫が何人か住んでいます。


ちなみにたまたま沙也可の15代目子孫にあたる方が記念館の前にいました。びっくり!

達城韓日友好館への行き方

達城韓日友好館へのアクセス

大邸市内から地下鉄とバスで約1時間で行くことができます。上記のページに丁寧に行き方が書かれているので参考にしてください。

100,000ウォンで本格的な針治療が受けれる大邱韓方病院


大邸には最先端の東洋医学の針治療や体質診断を受けれる大邱韓方病院があります。100,000ウォン(約10,000円)で事前に予約すれば治療を受けることができます。


私は体質診断を選びましたが、針治療が結構、本格そうだったのでこちらを選べばよかったと後悔!

大邱韓方病院の概要・予約ページ

興味ある方は上記ページから治療の予約を日本語ですることができます。自分も次、大邸にいけば針治療を受けてみようと思います。

ロッテ、新世界、ヒュンダイなどの大手デパートもあり買い物もできる


「大邸は田舎なんでしょ?!」と思う人もいると予想します。実際に私もそう思っていたのですが、大邸にはロッテ百貨店、新世界百貨店、現代(ヒュンダイ)百貨店もあり、大邸出身の韓国人も大邸で手に入らないアイテムはほとんどないから、ソウルに行って買い物をすることはないと言ってました。

なので買い物目的で韓国に来る人にも大邸はおすすめです。

大邸国際空港は市内から近く、小さく便数も少ない!


仁川国際空港だと大きくて人も多いので入国&出国に時間も掛かり、空港と市内も遠いので40分は移動時間が必要ですが、大邸国際空港は大邸の中心地から近く、空港にそこまで飛行機が発着していないので、すぐに入国と出国ができます。

仁川国際空港だと空港を移動するだけでも一苦労なので、これは韓国に2泊3日など短期滞在する人には嬉しいです。

大邸にはカジノもある


韓国だとカジノを目的として訪れる人もいると思いますが、大邸にもインガーブルゴというホテルにカジノが併設されています。

ホテル インター ブルゴの宿泊予約│エクスペディア

なのでカジノ目的で韓国に行かれる人にもおすすめです。このホテルは空港からタクシーで10分程度のところにあるので、飛行機を降りてすぐに行けます。

まとめ

これから焼き豚になります。 #韓国 #大邱 #サウナ #チムジルバン #焼き豚

おのだ まさしさん(@kankeri02.bu)がシェアした投稿 –


大邸は色々と私も旅行前にグーグルで調べてみましたが、本当に情報が少なくびっくりしました。しかし色々と行ってみると、ホルモンストリートや沙也加の記念館など意外と見どころ満載です。

食べ歩きや買い物でも十分に楽しめるはずなので、是非訪れてみてください!

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑
  • YouTuberやってます!チャネル登録お願いします!

  • はてなブログもしてます!

    メインブログに書くまでもないネタや考えを書いています。

    kankeri02の雑記|はてなブログ

  • 海外キャッシング最強カード!手数料良し&ネット返済OK!


    ⇒セディナカードが最強な理由をチェック

  • 脱サラ

  • プロフィール

    kankeri02

    30才、5年のサラリーマン生活を終えてエストニアに移住・起業するも9ヶ月で撤退。今は大阪を拠点に日本で節約しつつ海外に行くライフスタイルを実践中

    ⇒詳しいプロフィールはこちら

  • アーカイブ