【2018年2月】LINE Pay 外貨両替は超お得!キャンペーン中、手数料・配送料が無料

公開日: 2017年 12月 01日
更新日: 2018年 02月 01日


LINEは、「LINE Pay 外貨両替」というサービスで両替もやっており、最近だとLINEアプリ内で広告したり、キャンペーンをしたり地味ですがかなり力を入れています。今のところ11通貨を両替することができます。

私もセディナカードを手に入れてからは、海外の現地のATMでキャッシングしていますが、このLINE両替が気になって使ってみました。この記事ではLINE両替の申し込み手順や「空港にある銀行よりもお得なのか?」などの疑問を解決したいと思います。


LINE両替はお得なキャンペーンを実施中

LINE Pay 外貨両替 今なら手数料0円キャンペーン中|SBJ銀行

キャンペーン期間:2017年12月1日~2018年2月28日

LINE Pay外貨両替は上記の期間中に両替をした人に為替手数料、配送料(初回のみ・元々は600円)が無料、更には300円を後日LINE Payでキャッシュバックしてくれるキャンペーンを実施しています。

また毎日1名にAIスピーカー「ClovaWAVE」が貰えます。

LINE Payのキャッシュバック、配送料無料は初回のみですが、為替手数料は何度申し込んでもキャンペーン中は無料です。LINE Pay両替は元々50,000円以上の両替であれば配送料が無料なので、2回目以降も5万円以上両替であれば完全手数料無しで利用できます。

セディナカードの海外キャッシング(ATM)は、ほぼ無料で両替ができる無敵クレジットカード

現地で現金が足りなくなった場合はセディナカードがおすすめです。

LINE両替の申込手順


実際に申し込んでみないとメリットもデメリットもわからないということで、申し込んでみました。両替は非常に簡単で、LINEアプリからLINE PAY経由で申込みができます。

既に自分はLINE PAYを使っており、LINE PAYカードも持っており、三菱東京UFJ銀行で銀行口座の紐付けも設定していたのですぐにチャージをして、両替の申し込みができました。

ネットバンキングを持っていない人は、セブンイレブンのATM、ローソンのレジで手数料無料でLINE Payにチャージできます。


LINE PAYと連携している銀行は、韓国系のSBJ銀行となります。


両替は残念ながら当日や翌日だと不可で、6日後から申し込みが可能でした。なので、すぐに両替したい!という場合は対応できないので、空港や銀行の店舗のほうが勝ります。

ただ郵送で自宅にも配送をお願いすることもでき、今回は自宅配送をお願いしました。


両替は、細かく指定することもできます。ただお札の種類が指定できないのは不便です。日本の銀行だと細かい紙幣にも注文すれば交換して貰えます。LINE PAYだと50,000ウォン札が2枚が届けられそうです。これはまた届いたらレポートします。


あとは申込みを進めていけば完了となります。


LINEでも自分がいくら両替したのかを即時で教えてくれます。これはありがたいですね。

LINE Pay 外貨両替は銀行の両替よりもオトクなのか?

ぶっちゃけ、皆さんが気になるのは利便性よりも「空港にある銀行や両替屋よりも良いレートなのか?」というところだと思います。

結論から言いますとキャンペーン中は圧倒的にLINE Pay 外貨両替のほうがレートが良く、キャンペーンなしでもLINE Pay 外貨両替のほうがお得です。

これからどれぐらいのレートだったのかを紹介します。以下のレートは全て2017年10月13日のものです。今回は韓国ウォンですが、基本的に米ドル、ユーロ、タイバーツなども同じような結果だと思います。

まずは為替の中間レートをチェック


グーグルは為替の中間レートを教えてくれます。この日は以下のレートでした。

1韓国ウォン=0.09929円

仮に10,000円を両替した場合、100,715ウォンとなります。

LINE Pay 外貨両替をキャンペーン期間中に両替した場合

LINE Payの手数料が全くないキャンペーンのレートだと10,000ウォンの両替が9,930円となります。

なので10,000円の両替だと、100,700ウォンとなります。ほぼ中間レートです。


申込完了後、LINE Payから自宅に韓国ウォンが届けられました。簡易書留なのでポスト投函ではなく郵便局の方が届けてくれました。注文後、3日後です。スピード感ありますね。


中身はピン札ではなかったですが、大きい紙幣の50,000ウォンではなく10,000ウォン(約1,000円)単位だったので、旅行には使いやすそうなのでよかったです。

LINE Pay 外貨両替をキャンペーン期間中に両替した場合

LINE Payのキャンペーンレートでないレートだと、10,000円が97,679ウォンとなります。


また自宅に郵送するとなると別に上記の料金が掛かります。5万円以上なら無料ですし、空港受取をすれば無料です。

成田空港の両替店舗で両替したときのレート


ちなみに成田空港の両替屋で両替した場合は、1ウォンあたり0.1132円となります。

なので10,000円両替をするとなると、88,339ウォンとなります。

外貨を空港受取できるところはどこなのか?


LINE PAYは羽田空港、成田空港、関西空港、博多港のSBJ銀行または空港内の郵便局で受け取りができます。営業時間にご注意ください。

まとめ


出発までに余裕があるのであればおすすめできる両替サービスです。セディナカードのキャッシングはクレジットカードを用意しないとハードルが高いですが、LINE PAYであればネット銀行の連携手続きは必要ですが、クレジットカード発行よりはハードルが低いです。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. みなみ says:

    ラインペイ、気になってました!キャンペーンで手数料が無料の時はお得だねって家族と話していたのですが、キャンペーンじゃなくてもレートがいいんですね。自宅まで届けてもらうのにはキャンペーン中の送料無料がお得なように感じるので、近々(11月)旅行の予定なのでその時には利用してみます!

  2. こうらいにんじん says:

    いつも楽しく読ませていただいています。
    12月から始まったキャンペーンは、配送料は1回のみ無料です。2回目以降は為替手数料のみ無料みたいなので、記事の内容が少し違うと思います。

  3. ちむ says:

    こんばんは
    外貨両替で検索してたどり着きました
    お得な情報をありがとうございました

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑