オープンジョーの航空券を手配しよう!効率的に旅行できるよ。

公開日: 2017年 03月 16日
更新日: 2017年 03月 14日


オープンジョーという航空券の手配の仕方をご存知でしょうか?

この航空券の予約の仕方を知っておけば、ストップオーバー同様にかなり効率的に無駄なく旅行をすることができます。

個人旅行をよくされる方は覚えておきましょう!


オープンジョーは行きと帰りの空港が異なることを意味する

普通、航空券を手配する場合、関西国際空港⇔バンコクなど単純往復が基本となります。ただ航空会社によっては往路は関西国際空港⇒バンコク、帰りはカンボジアから関西国際空港など異なる空港であっても、その航空会社が就航している空港であれば同じ値段で航空券を買わせてくれるところも存在します。

こういった航空券を手配することで、複数都市を周遊する旅行でもわざわざ最初にスタートした都市に戻らなくてもOKとなるので、効率的に旅行をすることができます。


例えばバンコクから陸路でアンコールワットのあるカンボジア・シェムリアップにも行きたい場合は、上記のように航空券を手配すれば、最後はバンコクに戻らなくても、そのまま日本に戻ることができます。

時間の節約だけでなく、単純往復だと掛かった移動代金も節約することができるようになります。私も最近は東京からヨーロッパに行ったのですが、往路は東京⇒ロンドン、復路はパリ⇒東京というオープンジョーの航空券で旅行をしました。ロンドンとパリはユーロスターという高速鉄道を乗り移動しました。

オープンジョーの航空券はスカイスキャナーで検索できる

オープンジョーの航空券は各航空会社の公式サイトでも予約することはできますが、おすすめなのは一気に各航空会社の公式サイト&旅行会社の値段をチェックしてくれる、このブログでもお馴染みにのスカイスキャナーです。

航空券検索サービス「スカイスキャナー(SkyScanner)」のメリット・デメリット・使い方を詳細解説!


スカイスキャナーで上記のように検索をすればオープンジョーで安い航空券がでてきます。


検索すると上記のような結果がでてきました。中国東方航空で50,490円です。


ちなみに同日の関西国際空港⇔バンコクの往復航空券は45,830円だったので、今回のオープンジョーの航空券はプラス4,000円程度で買えたことになります。航空会社によっては就航している空港であれば追加費用なしでやってくれることもあります。

まとめ

最近は簡単にスカイスキャナーなどで空席のある航空券を検索できるようになったので、オープンジョーの航空券も簡単に探せるようになりました。

更に応用してオープンジョーとストップオーバーを組み合わせた航空券なんてのも予約することができます。今まで利用したことなかった人は是非トライしてみましょう!

旅行に行く予定がなくてもコスパの良い航空券を検索するだけでも楽しいです。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑