楽天で年間39万円以上買い物をする人は楽天プレミアムに加入しよう!今なら1ヶ月無料で利用できます。

公開日: 2016年 07月 11日
更新日: 2017年 07月 08日

S__15286274
楽天に楽天プレミアムというサービスがあるのをご存知でしょうか。クレジットカードの楽天プレミアムカードとは別物で、年間3,900円で会員登録をすると楽天市場などで買物をすると優遇されるサービスです。

2015年7月から始まっているサービスですが、意外と知名度は低いです。普段、楽天関連のサービスを利用している人であれば、年会費以上にポイント還元される可能性が高いので、要チェックです。

少なくても今であれば1ヶ月無料で利用できます!まら楽天プレミアムカードを持っていると1年間無料で利用できます。


楽天プレミアムのメリット

ここでは楽天プレミアムのメリットを説明します。

最大のメリットは送料分をポイント還元。但し条件あり

楽天プレミアムの最大のメリットは、送料が掛かる商品だとポイント還元で実質的に無料となるところです。楽天市場はアマゾンやヨドバシドットコムに比べると送料が別途掛かる商品が多くありますが、楽天プレミアムに入ることで送料がポイント還元されるので、アマゾンと同じように使えるようになります。

但し送料がポイント還元されるのは、月10回までで上限は500ポイントまでです。また送料がポイント還元される商品は「楽天プレミアム」サービス対象商品を2,000円以上が対象となります。

結局は上記の注意事項のように細かい条件があるのが、楽天プレミアムのサービスが浸透しない理由だと思いますが、使い方によっては1ヶ月で年会費以上のポイントが還元されます。

また送料無料の商品についてはポイントが+1倍(2倍)になります。つまり楽天市場で年間39万円以上を決済すれば年会費の3,900円以上のポイントが貰えるので、楽天プレミアムに入ったほうが良いでしょう。

楽天トラベル、楽天ブックス、楽天Kobo、楽天ショータイムはポイント2倍

楽天トラベル、楽天ブックス、楽天Kobo、楽天ショータイムを利用する際にはポイントが+1倍(2倍)となりますが、ポイント1倍増だと年間39万円以上を利用するのであればお得といえます。

楽天プレミアム限定のクーポンはしょぼい

fig_main
一応、楽天プレミアム限定のクーポン配布も特典となりますが、これはかなりしょぼいです。店舗限定でほとんど使いものにならないので期待しないほうが良いでしょう。

楽天プレミアムはAmazonプライムを意識したサービス

amazon_prime
楽天プレミアムは、アマゾンのAmazonプライムをモロに意識したサービスです。年会費も同じです。しかしアマゾンに比べると条件も多く、どうしてもアマゾンのヘビーユーザーからすると楽天プレミアムは魅力的とはいえないでしょう。

あくまでも現状、楽天で色々なサービスを利用している人が、楽天プレミアムに入る価値があると思います。

楽天プレミアムカードを持っていると1年間無料


楽天プレミアムカードを持っていれば楽天プレミアムが1年間無料で利用できます。

楽天プレミアムカードがお得!プライオリティパス、楽天プレミアムが無料に!

楽天プレミアムカードは年会費10,000円(税別)が掛かりますが、国内外の空港ラウンジを使えるプライオリティパスが無料で付いてきたり、10,000ポイント以上が入会時に貰えるので加入する価値は十分にありますよ。

楽天プレミアムのプロモーションコードは?

楽天プレミアムを登録するときにプロモーションコードを入力する欄があるのですが、今のところプロモーションコードは存在しないようです。

しかし今後、プロモーションコードが出てくる可能性があるので登録する前にグーグルなどでチェックしてみるといいでしょう。

まとめ

楽天プレミアムは、楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックス、楽天Kobo、楽天ショータイムで年間39万円以上を利用している人だと加入すべきサービスです。

また楽天で送料が掛かる小物を年間10回程度以上購入する人は、入る価値があるか検討してみると良いでしょう。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑