台湾桃園国際空港のプライオリティパスで入れるプラザプレミアムラウンジが豪華すぎた!

公開日: 2016年 06月 08日
更新日: 2016年 06月 07日

DSC01703
台湾に訪れたときに台湾桃園国際空港を利用しました。

台湾桃園国際空港のは、台湾最大の空港で台北へ訪れる際は多くの方が利用することになるであろう空港です。この空港の第1ターミナルにもプライオリティパスで入れるラウンジ「プラザプレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)」があるのですが、想像していた以上に豪華で驚きました。

日本発着便だとバニラエア、ジェットスター、スクート、タイガーエア、V エアが台湾桃園国際空港の第1ターミナルです。
※2016年6月現在

expedia-1024x4992222
プライオリティパスは、年間10,800円(税込)を払えば使い放題なので、海外へ年に数回以上海外へ行かれる方はおすすめです。

プライオリティパスを最安値で入手できる楽天プレミアムカードを発行しよう!

プライオリティパスを持っていれば、格安航空会社(LCC)でも無料で利用できます!


24時間営業でシェフが作る料理が食べれる!

最近、プライオリティパスはアジア圏で持っている人も増えてきているため、サービスが年々低下しているところがほとんどです。

関空でプライオリティパスが使えるのはKALラウンジ!出国審査前にあり、ピーチやジェットスターなどの国内線利用でもOK

その傾向が顕著に現れているのが関空のKALラウンジです。2~3年前はスタッフの対応も良かったのですが、今は「食べ物を持ち帰るのは禁止です」などラウンジに入る際に警告されることもあります。そういったマナーの悪い人が多いからだと思いますが、こちらとしては少し残念です。

そのため私は基本的にはプライオリティパスで入れるラウンジには期待をしていないのですが、台湾桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジには感動しました。

DSC01738
プラザプレミアムラウンジのスタッフは非常に丁寧で、ラウンジは大きくないですがシェフがおり温かい料理を堪能することができます。

S__12599298
しかもオーダーで台湾料理などを無料で作ってくれますので、5つ星ホテルの朝食サービス並です。

私は、空港に行く直前に台北駅で食事をしたのでオーダーをしなかったのですが、非常に後悔しました。

まとめ

プライオリティパスを持っているのであれば台湾桃園国際空港で最後の食事をすることをおすすめします。LCCだと機内食は有料ですしね!

また第1ターミナルは、プラザプレミアムラウンジ以外にも24時間営業ではないですがトランスアジアVIPラウンジ(TransAsia VIP Lounge)にもプライオリティパスで入れます。

またエバー航空、JAL、ANAなどが発着する第2ターミナルにもモアプレミアムラウンジがあります。

台湾桃園国際空港は昼間は激混みですがラウンジが日本の空港よりも充実しておりサービスもいいので、また台湾に行きたくなります。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. よっしー555 says:

     プラザ・プレミアム・ラウンジは 香港やクアラルンプール等のラウンジを展開するグループですが 桃園空港のラウンジは 比べてしまうと 手抜きに感じてしまいます。(第一は3ケ月前、第二は1ケ月前に オープン) 第二ターミナルのラウンジは 開放感があるので 多少マシですが 内容は同じです。むしろ、入り口向かい側に 無料のシャワーが設置されている分 ポイントが高いかもしれません。第一ターミナルのプラザ・プレミアム・ラウンジの場所には 以前、MOREという 独立系ラウンジがあったのですが ホットミールを除くと サービスは 格段に上でした。第二ターミナルで MOREは 営業継続していますので 次回に台北訪問される際は そちらの利用を お勧めします。(スカイトレインを利用すると 意外と近いです。ハーゲンダッツのアイス4~5種が◎)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑