台湾移住するなら地方?台中でブログ飯しているブロガーに色々と聞いてみた

公開日: 2016年 06月 05日
更新日: 2016年 10月 17日

expedia-1024x49922
ブロガーオフ会で台湾に1週間ほど滞在をしました。

正直、個人的には台湾には興味がなかったのですが、台湾滞在どきにお世話になった台中にお住まいのcubさんに台湾の魅力を教えてもらい「ロングステイするのもありかな?」と思ってしまいました。

2016年5月の収支報告 「ブログ飯」ってチョー難しい( ;´Д`) | cubの日記 デュアルライフのはじめかた

cubさんは貯金2,000万円とブログ収入月7~8万円で台湾の台中に住んでいます。ライフスタイルが私のエストニア時代とそっくりなので中々面白いです。

もしこれから海外移住を考えている人は、台湾も検討してみてはどうでしょうか!僕も台湾には定期的に長期滞在をしてみようと妄想中です。


台北は高い!台湾にロングステイするなら地方に行け

DSC01522
台湾の首都、台北は日本と物価がそこまで変わりません。私も今まで台湾に行ったことはありましたが、そのほとんどが台北で過ごしていたのでホテルや食事も高く日本とそこまで変わらないイメージしかありませんでした。

しかしcubさんに聞いてみると台北だけは別格でロングステイのコストが高くなるので、台北ではなく台中のような地方のほうがオススメとのことです。

もちろん現地で就職をするのであれば台北でしょうが、ブロガーやアフィリエイターなどインターネットだけで生活ができるような人なら台北以外の都市を目指すべきでしょう。cubさんも今、ワーホリビザで台南に住んでいる前原さんも台北の物価の高さから地方へ拠点を移しています。

前原さんは台湾在住者で最もアクセス数のあるブロガーです。

あしたはもっと遠くへいこう

台湾の交通インフラが安くて凄すぎた

S__12410885
台湾の交通インフラは日本よりも優れていて感動しました。上の悠遊カードをコンビニなどで購入すれば、地下鉄、バスに電子カードとして利用することができます。

DSC01551
また電話番号登録をすればUbikeも悠遊カードを使って台湾全国で利用できます。日本だと交通カードでここまで色々なサービスは利用できませんが、台湾は悠遊カード1枚で何でもできます。

30分20円以下!台北で乗れるレンタル自転車U-Bikeで、台湾観光を満喫しよう! – あしたはもっと遠くへいこうあしたはもっと遠くへいこう

電話番号はパスポートがあればプリペイドSIMカードが手に入るので外国人旅行者でもUbikeは利用できます。このUbikeは低価格で自転車をセルフで借りれて乗り捨てもできます。本当に日本よりも進んでいて、おもしろい街つくりをしていると思います。

しかもcubさんの住んでいる台中だと悠遊カードを利用するとバスは10km以内の移動であれば無料、Ubikeも30分無料で使えるとのことです。もちろんこれらのコストは台湾の税金で賄っているのでしょうが、こういったサービスを旅行者レベルの外国人にでも開放しているのは素晴らしいですね。

滞在コストは安いし、部屋も地方なら余っている

台北は、不動産価格が高騰しておりマンション、アパートで1億円以上は当たり前の世界です。東京よりも不動産価格は高く狂っています。

マンション1部屋4億円!?実は超金持ちしか住めない貴族の国、台北市=天竜国を日本のみなさんに紹介します – あしたはもっと遠くへいこうあしたはもっと遠くへいこう

しかし一方で台中のようなところであれば不動産は比較的余っているようでcubさんも簡単に部屋を見つけることができたようです。

新しい部屋に変わったので、台中在住のブロガーはどんな家に住んでいるか紹介するよ。 | cubの日記 デュアルライフのはじめかた

cubさんのワンルームの部屋は、月2.1万円ほどです。台湾のワンルームにはほとんどキッチンはないようで、cubさんの部屋もありませんでした。

台湾台中 – Airbnb

またロングステイでお馴染みのサービスとなっているAirbnbにも台中だと1ヶ月単位で借りれるところは沢山でてきます。私と嫁が住める2LDKサイズでこぎれいなところだと月10万円程度のコストで探せそうです。

ビザランも可能。ビザには比較的緩い台湾

日本人だと台湾には90日以内であれば観光ビザで滞在ができます。また一度、出国をして日本に帰国したり香港に滞在すれば、またもう一度、台湾に90日間滞在することが可能です。

国によっては複数回の入国をすると入国拒否されることもありますが、台湾は比較的緩いようです。

ただ生活をするのであればワーキングホリデービザや語学留学をしながら学生ビザを取得するほうが良いでしょう。

台湾で銀行口座やネット取引に必要な、なぞのID番号「中華民國統一證號基資表」を台湾・台中移民省で取得してきたので説明するよ。 | cubの日記 デュアルライフのはじめかた

ちなみに台湾の銀行口座開設どきなどに必要な台湾の国民IDは、パスポート、電話番号、住所だけで取得できるのでようです。つまり観光ビザでも銀行口座ができ、現地の人とほぼ同じように生活できてしまいます。台湾の国民健康保険は、別に条件が必要なので観光ビザだと加入でないですが、これはクレジットカードの海外旅行保険でOKでしょう。

クレジットカードの海外旅行保険付帯を利用すれば、保険料が無料になるよ

唯一の欠点は冬が寒い!暖房のない台湾

cubさんに台湾生活の欠点を聞いたところ、冬は意外と寒いとのことです。

台湾は温暖地域ということで暖房はほとんどの家に無くクーラーのみとなります。それでいて東南アジアのように1年中、半袖で過ごせるような暖かさでもないので、暖房がない分、日本よりも寒く感じてしまうようです。

もし「沖縄にも近いし温かいんだろうな!」と考えて台湾移住を考えているのであれば、冬の台湾に訪れたほうがいいかもしれませんね。

空いているオシャレなカフェがいっぱいあるよ

0B991143-CBFC-40F9-B7EE-54A5C7E33579
台中は、そこまで都会ではないですが、オシャレなカフェが点在しています。cubさんもいつもカフェでブログを書いているとのことです。無料WiFiもありますが、台湾のSIMカードは無制限プランが多いのでスマートフォンでテザリングをしてインターネットをしたほうがセキュリティ的にも安全ですし、手間も掛かりません。もちろんコンセントもあるところが多く、カフェではパソコンを利用している現地の人も多いので長居しても嫌がれることはそこまでありません。

05C9683E-B9DB-4E1F-BC61-E99ABAF6813C
またなんといっても台中のカフェは広々としており人もそこまでいません。日本のスターバックスだと絶対、こんな良い席は陣取られていますが台中だとこんな感じで空いています。

何気にこういった人の少ない空間がカフェの魅力ですが、日本だと椅子取りゲーム化しており窮屈ですよね…。台湾のカフェ事情は韓国と似ています。韓国もおすすめですよ。

韓国のカフェはノマド天国。日本のカフェとは全然違う

まとめ

台湾は今までノーマークでしたが、cubさんの生活を覗いて台湾に住みたくなりました。台湾は治安も良いですし、日本みたいにギスギスしておらず、人々のマナーも良くバランスの良い国です。

cubさんの住んでいる台中までは桃園国際空港からバスもあり、片道2~3時間程度です。もし台湾でロングステイを考えている人がいれば台北だけでなく台中も訪れてみましょう。

観光地はそこまでありませんが、滞在するにはオススメできるところです。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑