free web hit counter

Wホテル台北宿泊レビュー!!部屋、アメニティー、朝食、プラチナ特典などを徹底紹介!

公開日: 2019年 06月 17日
更新日: 2019年 06月 17日


2018年の10月にスターフライヤーの国際線で台北に来た時にWホテルに宿泊しました。

Wホテルはマリオット系列で若者向けに作られており、しかもマリオットよりハイランクな位置付けなため1泊3万円以上はするなど、マリオットグループの中でもなかなかクセのあるホテルとなります。


パット見て正直ピンクを基本としたホテルなのでモクシー(moxy)と変わらないような位置づけかと思いきや、ラグジュアリーのカテゴリでJWマリオット、リッツカールトンと並ぶカテゴリになっています。マリオット本家よりも上です…!

ニューヨークを始め世界中に展開していますが、まだ日本には進出していません。しかしながら2021年に大阪・南船場にオープンするそうです。

私はマリオットのチタンエリート(旧プラチナプレミア)なので、ラウンジアクセスはできるのか、朝食は食べれるのかといった特典があるのかどうなのかというのをレビューしていきます。

宿泊日:2018年11月
宿泊費:1泊3万円程度
部屋:ゲストルーム, 1 キング, シティビュー(高層階)
チタンエリート(旧プラチナプレミア)の特典:部屋アップグレード、朝食無料、バーで使えるドリンク券、カフェのドリンクチケット

※部屋のアップグレードは高層階の部屋になったくらいで大きさは一番安い部屋と同じで、あまりチタンエリートの特典を受けることができず。Wホテル台北にはラウンジがない代わりに夕方のバーで使えるドリンクチケットが貰えます。


Wホテルにチェックイン。クラブっぽい雰囲気が漂う中の様子は?


今回私たちは1階から入っきたのですが、チェックインは10階で行います。入った瞬間からピンクや紫といった照明をたくさん使っておりクラブっぽい雰囲気が強いです。


チェックインロビーに到着。チェックインカウンターは奥にあり、初めて来た人にはちょっと分かりずらいと感じました。


無事チェックインできました。プラチナ会員だったということもあってアップグレードしてくれました。今回の部屋は客室では最上階の30階の部屋で、3020です。


写真がぶれて少し見にくいですが、エレベーターを降りたら真っ赤な空間が出てきました。

Wホテルの部屋(ゲストルーム, 1 キング, シティビュー)を紹介!ユニークすぎる部屋とアメニティーを徹底紹介!


部屋に入りました。ダブルサイズのベッドの他に窓にはソファーベッドもあります。



ワインやワイングラスもおしゃれにおいてあります。


水も高そうなボトルに入ったものが置かれていました。同じ系列のモクシーホテルと雰囲気は似ていますが、Wホテルの場合、部屋においてあるもの全てが高そうなものばかりで、こだわっているのがわかります。


衝撃的なものが風呂で、このように壁が開いており、リビングから丸見えです。一応閉じることも可能なのですが、左側の細い部分は閉じることができません。


全体から見たらこんな感じとなっています。



洗面台の横と引き出しにはアメニティーと水もあります。アメニティはblissというニューヨークのブランドのものとなります。パッケージのとおりレモン風の香りがします。

全世界のWホテルでこのブランドが使われていると思います。


すぐ隣にはトイレとシャワーがあります。


シャンプーといったものもちゃんとおいてあります。


他にもスリッパやバスローブもあります。

部屋の感じは以上となっており、私は今回2泊滞在します。だいたいいつも1泊が多いですが、今回は2泊ということで、いつもよりゆっくりできるかなと思います。


外から見たWホテルはこんな感じとなっており、近くには三越やショッピングモール、台北101などがあり、とてもいいところにWホテルがあります。

プラチナ会員の特典をフルに生かして朝食をTHE KITCHEN TABLEでいただく


ゆっくり寝ることができ、朝食を食べに来ました。THE KITCHEN TABLEが朝食会場となっています。

Wホテルではプラチナメンバーにウェルカムギフトとして朝食かポイントかを選ぶことができ、私は朝食を選びました。マリオットだと朝食がもともとサービスで付いてきてそれにポイントやギフトとかをもらえるのですが、Wホテルの場合はありません。



朝食はブッフェ形式となっており、マリオットで見ないような食べ物や寿司があるなど種類がとても豊富です。


なんと朝食でアイスも食べられます。朝食にアイスが置いてあるのは初めての経験です。

錦糸町のモクシーの朝食も食べたのですがそれと雰囲気が似てます。ただクオリティはハイランクなWホテルが上です。

座席は横の人との空間がちょっと狭いかなと感じます。マリオットだと取らないようなスペースの取り方なので、マリオット本家と比べると質は落ちるのかなと思いますが、普段なかなか食べないものも数多く揃えているので悪くないです。


朝食を食べるレストランの横にはプールがありました。11月だったので残念ながら今回の滞在では泳ぐことができませんでした。

ジムも完備されています。

ラウンジはないがゴールド会員以上だとドリンクが無料で飲める!


Wホテルにはラウンジはありませんが、ゴールドメンバー以上だとカフェのドリンクが無料でもらえたり、夕方になると31階でお酒が飲めるといった特典があります。


2日目に、ハッピーアワー(17時〜19時)になったので、ホテル最上階のレストランに来ました。


コールド会員以上だと無料でドリンクがもらえるので、今回私はペプシを頼んだのですが、おつまみももらえることができました。妻はカクテルを頼んでいました。


31階からこのような景色を見ることができ、台北の街を一望することができます。

まとめ:普段とは違うホテルを味わいたい人は泊まってみたいWホテル


Wホテルは、マリオットのホテルの中でも人気のホテルブランドとなり、若いセレブ向けな雰囲気を出しており、マリオットホテルとはかなり異なる雰囲気です。

それでも非日常を味わうことのできる高級ホテルなので、非常に思い出深い宿泊でした。

台北以外にもアジアだとバンコク、上海などにもあります。ぜひ興味のある方は是非泊まってみてください。

SPG AMEXはマリオットのゴールドになれる神カード!!入会キャンペーンも実施!!

またWホテルを予約する際にはアップグレード、レイトチェックアウト(14時まで)などの特典を受けれるSPG AMEXカード発行&公式サイト予約がおすすめです。

またWホテル台北についてはYouTubeにも宿泊記をアップしています!ぜひこちらも観てください!

The following two tabs change content below.

アバター

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑