Agoda(アゴダ)のクーポンなどセール情報・特徴まとめ

公開日: 2015年 06月 07日
更新日: 2016年 06月 05日

agoda
今回は、海外ホテル予約サイトのAgoda(アゴダ)を紹介します!

海外ホテル予約サイトの中でもエクスペディアBooking.comと肩を並べるほど大手と呼べるサイトす。私は普段、キャンペーンなどがなければエスクペディアを使うことが多いのですが、アゴダもそれなりの割合で使います。その辺を詳細に今回は語りたいと思います。


号外:じゃらん海外のクーポンが復活!500円、3000円クーポンはエクスペディアよりもお得

DSC07564
Agodaよりもお得に予約できる伝説の”じゃらん海外”のクーポンが2015年12月から復活しています。

じゃらん海外のクーポン取得はこちら

Agodaは普段クーポンを配布しないので、Agodaよりもお得な”じゃらん海外”での予約も検討してみましょう。じゃらん海外は、Agodaよりもホテル掲載数は少ないですが、エクスペディアの予約システムを使っていますので安心です。

じゃらん海外のクーポンの記事はこちら

Agodaはマイナーな国・都市に強い

CIMG1100
これに尽きます。マイナーな国・都市とはあまり旅行者が足を運ばないであろうところや、発展途上国を指します。エスクペディアは基本的にはどこの国でも1~5つ星のホテル様々なランクなホテルが用意されていますが、国によってはそこまで多くのホテルが掲載されていないときがあります。

特に私が今まで旅行したスリランカ、オマーン、UEA、ラオスに関してはエスクペディアよりもAgodaのほうが圧倒的に1~2つ星ランクのホテルが多く掲載されていました。

例えばラオスのビエンチャンのホテルをアゴダ、エスクペディアで検索してみたところ以下の様な結果が出ました。

アゴダ:235件
エスクペディア:26件

圧倒的にアゴダのほうがホテル掲載数が多いのが一目に分かります。またビエンチャンの最低料金を比較してみます。

アゴダ:762円
エスクペディア:2,506円

旅行をする上で最安値のホテルを予約したい!という人も少なく無いと思いますが、そういった人たちからすればラオスはエスクペディアではなくアゴダ一択ですね。

他にもエスクペディアは国や都市にとっては数件レベルでしか掲載されていないところもあるので、そういったときはアゴダで予約をするようにしましょう。

クーポンはないけど独自のポイントシステムがある

Agodaでは通常、エスクペディアのようにクーポン・コードを入力することで割引を受けれるということはないのですが、独自のポイントシステムがあります。アゴダ・リワードというもので、12,500ポイントで25ドルの割引が次回以降に適用されます。

ポイントは1ドルの予約につき20ポイント貯まる仕組みです。そのため総額625ドルの予約をすると25ドルの割引を受けれます。ポイントの期間は1年となりますので計画的に予約をするようにしましょう。

アゴダ・リワードとは別に割引を受けれる裏ワザがある

別の記事で詳細を書いていますが、デイリーPlusに会員登録またはスカイマイル特別ページを経由させることでスカイマイルを貯めることもできます。デイリーPlus経由は5~7%の割引、スカイマイルは1ドルの予約につき2マイルが貰えます。

まとめ

8336903_8_z (1)
どうでしたでしょうか?

値段についてはエスクペディアもアゴダも同じ値段のホテルが多いですが、国や都市によってはライナップが全く違います。変わった土地のホテルを予約をする際には、必ずアゴダもチェックするようにしましょう!

⇒Agoda(アゴダ)の予約はこちら

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑