free web hit counter

ヒルトンはデイユース(日帰り)滞在が可能!!実際にシンガポールでしてみた

公開日: 2018年 06月 08日
更新日: 2018年 06月 09日


ホテルは一般的には一晩過ごしますが、デイユースというものがあるのをご存知でしょうか?

簡単にいえば日帰りで日中借りるというタイプで、ヒルトン・グループのホテルであれば公式サイトからデイユース・プランを予約することができます。

今回はヒルトン・シンガポールで実際にデイユースで泊まったので、サービス内容、料金などを紹介します。是非とも知らなかった人はこういったホテルの泊まりかたもあるんだな~!と知ってもらえれば嬉しいです。


ヒルトンのデイユースに今回泊まろうとした理由

自分はモルディブまでシンガポール航空を利用して旅行をしました。

その帰りのシンガポール航空が朝について夜に出発という長い乗り換えで、空港にいるのも退屈で、市内を観光するにしても体力的にしんどいと考えたので日帰りでの滞在を考えました。

ヒルトンのデイユースは1.6万円と、1泊の半値で予約できました!!

私は今回、アメックス・プラチナのコンシェルジュサービスにこのヒルトン・シンガポールのデイユースを紹介してもらって予約したのですが、あとで公式サイトでも誰でも予約できることを知りました。


上記のように到着日と出発日を同日にすればデイユースプランがでてきます。

ヒルトン・オナーズ – ホテル特典プログラム

ヒルトン・シンガポール以外にもお台場のヒルトンなどでもデイユースプランはでてくるので、ほとんどのヒルトンが対応していると思われます。


気になる値段ですが、私の場合、1滞在で諸税込み(1室2人)で15,600円程度でした。1泊の値段の約半値なので、自分が思っていたい以上にデイユースはお得感がありました。

滞在時間は9~18時が基本となっています。

ヒルトン・シンガポールにデイユースで滞在してみたレビュー


今回は朝にシンガポールのチャンギ空港に到着してGrabでヒルトン・シンガポールに朝9時前に到着しました。

デイユースで予約をしたことを伝えると、すぐに部屋へ案内してくれました。他の人の口コミではデイユースで7時くらいについてアーリーチェックインできた人もいたので、少し早い滞在でも部屋があれば案内してくれると思われます。

またチェックインのときに驚いたことが私は連携クレジットカードを持っているのでヒルトン・ゴールドだったのですが、その特典も使えるということで朝食も頂けるとのことでした。

ヒルトン・オナーズVISAカードは神!ゴールド会員に一気になれ朝食無料、無償アプグレ、レイトチェックアウトなどの特典盛りだくさん

デイユースでも上級会員の特典が使えるとは驚きです。まぁ上級会員といっても連携クレジットカードを持っているだけなのですが…!このヒルトン・オナーズVISAカードはヒルトン泊まる前に発行しておきましょう。

ヒルトン・シンガポールの朝食


正直、そこまでお腹は減っておらず深夜のフライトでシンガポールに来たので今すぐにでもベットに飛び込みたかったのですが、貧乏性なのでレストランにまず向かいます。


やはりシンガポールということでフルーツが充実しており、フルーツ中心でいただきました。

ヒルトン・シンガポールの部屋。アップグレードは多分なし


今回の部屋は1024で10階の部屋でした!!


今回泊まったヒルトン・シンガポールの部屋は上記のようなところで、おそらく自分が予約したキングヒルトンデラックスのホテルです。

一応、ゴールド会員なのでアップグレードを期待していたのですがそれは今回はなかったのですが、デイユースでアップグレードがあったというネットでの口コミもありました。


決して新しくはないですがそれでもヒルトンなのである程度のクオリティは保たれています。バスタブもあり、汗を流します。


ハブラシなどもあるので使わせていただきます!!


ただアメニティは正直、マリオットやシェラトンに比べるとシンプルさを感じます。

せっかくなので外もブラブラ


ヒルトン・シンガポールはオーチャードというシンガポールでもビジネスやショッピングの中心地となっている場所でめちゃめちゃ良いところにあるので昼寝をしたあとに街で食事をします。


色々とシンガポールも探索して部屋でまた少し休んだからチェックアウト18時直前となっていました。

本当にあっという間の滞在で満足のいくものでした。

まとめ:飛行機乗り継ぎや弾丸旅行でデイユースを活用してみよう


基本的にデイユースという使い方ができるホテルは少ないです。

ですが今回、私が滞在したヒルトンは対応しているところが多いので、ヒルトンで探してみると良いかもしれないです。

トランジットや0泊の弾丸旅行でデイユースは使えると思います。

このヒルトン・シンガポールのデイユース滞在についてはYouTubeでも動画をアップしています。動画のほうが実際にどんな感じだったのか雰囲気をつかめると思います。是非ともチェックしてみて下さい。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. 森本 says:

    いつも、楽しく拝見させて頂いてます。
    小野田さんに教えていただきたいのですが、7月に
    シンガポールに弾丸SFC修行に行きます。
    朝5時過ぎに着き、夜1時過ぎに関西行きに乗ります。そして、昼間は、ヒルトンにデイユースする予定ですが、入国カードの滞在日数は、1日で良いのですか? あと、滞在住所等はヒルトンで大丈夫でしょうか? こ教授願います。

    • おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber) says:

      1日で大丈夫です!念の為、ホテルの予約が確認ができるメールでも印刷していったほうがいいでしょう!シンガポールのヒルトンでデイユースとはまさに私と同じですねw せっかくなので楽しんでくださいませ!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントは承認制なので反映されるまで時間が掛かります。

Back to Top ↑