海外からdcomo、au、SoftBankを解約するベストな方法とは?

公開日: 2014年 05月 26日
更新日: 2015年 01月 24日

au

海外へ行くと日本のケータイは解約できません。

私は予定通りいけば半年後は海外へいるはずですが、今あるケータイを全て解約することはちょっと勇気がいるが、海外にいるとドコモ、au、ソフトバンクなどの純解約はインターネットや電話ですることができない。

そこで一番簡単な解約方法は、代理で家族にショップで解約してもらうことだ。

ご解約のお手続きには契約者ご本人にご来店をお願いしておりますが、ご事情により契約者さまのご来店が困難な場合に限り、代理の方のご来店によるお手続きを承っております。(代理人は「親権者・未成年後見人・成年後見人・契約者ご家族・施設関係者」に限らせていただきます。)引用元: auケータイを解約したいのですが、代理人… │ au Q&Aプラス.

ただ家族で海外に移住をしていたり、家族に頼めない人もいるだろう。私も各キャリアの回線を家族に代理で解約してもらうなんて面倒臭いことを中々気軽に頼めない!そんな人でも日本に帰らなくても解約できる方法は無理やり考えてみた。

方法①:バックレる

これは超オススメしません。未払いは今後同じキャリアが二度と契約できないくなります。また携帯電話を割賦払いで契約していた場合、日本でクレジットカード発行やローンを組むこともできないくなります。

方法②:電話で交渉

ネットで検索しても成功した事例は見つからなかったが、交渉の余地はあると個人的には思う。ただ一時休止というサービスも月400円でやっているため、純解約でなくこちらを勧められるかも。

海外から各ケータイ窓口へはスカイプなどで掛けることはできるので、まずは素直に相談してみるのもありだろう。

方法③:MVNOへMNP⇒純解約

docomo、au、SoftBankは、純解約は確かにショップへ行かないとできないが、MNP番号の発行とMNPによる解約は全て電話でできてしまう。ただMNPだと移転先を探す必要がある。そこで移転先にベストなのが日本通信やIIJのみおふぉんだ。

b

MVNOであればショップへいかなくても解約可能なため、これでチャンチャン。

でも違約金が二重に掛かったり手間なので、やはり南米やアフリカの田舎でも住んでいない限り素直にLCCで日本へ帰ってショップで解約したほうが良さそうだ。

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑