free web hit counter

10月からスタートしたキャッシュレス決済!!増税されてもお得なのかを解説

公開日: 2019年 10月 01日
更新日: 2019年 10月 01日


2019年10月より消費税が8%から10%に上がります。

しかし一方でキャッシュレス決済制度が始まり、2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の期間限定で5%または2%の還元をクレジットカード、Suica、PayPayなどで支払うことによって還元されるらしいです。

しかしこの仕組み、中々複雑でどこのお店が対象なのか?どのカード、○○Payが対象なのか?どのようなポイントで還元されるのか?がちゃんと調べないとわかりません。

なので自分なりに調べてみました。


還元されるポイントは各カード会社、○○Payによって異なる


加盟店にてキャッシュレスで決済すると5%または2%が還元されるのですが、その還元方法は各クレジットカード会社、電子マネーによって異なります。電子マネーではそれぞれのポイントによる還元がほとんどですが、クレジットカードでは引き落とし額を相殺することでの還元がほとんどです。

また、全てのクレジットカード・電子マネーが対応しているわけではありません。

キャッシュレス決済に参加する各カード会社、○○Pay一覧

大手事業のクレジットカード・電子マネーは対応していますが、対象とならないクレジットカードや電子マネーもあるので確認しておきましょう。

クレジットカードについては、現在、カード発行会社を検索することで対象かどうかを調べることができますが、問い合わせの発行会社が分かりにくいということでカード番号6桁を入力することで対応しているかどうかを調べられるシステムを2019年10月上旬をめどに公開予定だそうです。

例えば、JALカードをJCBで発行したときに、日本航空やJALで検索するのかJCBで検索するのか。JCBが対応しているが果たして本当に持っているJALカードはキャッシュレス決済に対応しているのかどうかについて消費者が非常に分かりづらくて混乱しているということですね。

この場合はもちろん、カード発行会社はJCBですので、キャッシュレスポイント還元の対象となります。

Suica、Pasmoなど事前登録が必要なところも!

ほとんどのカード会社で何も手続きをすることなく、対象のお店でキャッシュレス決済をするだけで還元の対象となりますが、一部のカード会社では事前にWEBサイトから登録をする必要があります。

事前手続きが必要なのはほとんどが交通系電子マネーで、事前にWEBサイトなどで登録を済ませておくようにしましょう。

キャッシュレス還元を受けられる大手のお店


ここまで、ポイント還元を受けられるクレジットカードや電子マネーについて解説してきましたが、ここからはいよいよポイント還元を受けられるお店について解説していきます。

5%または2%の還元はどうやって分けられるのか

今回のポイント還元は5%と2%の還元のいずれかが受けられると耳にしますが、どうしたら5%でどうしたら2%の還元となるのでしょうか。

それはズバリ、加盟店によって還元率が異なります。

中小小売店では5%の還元、大手加盟店では2%の還元と分かれます。

大手加盟店としては、コンビニエンスストア・大手飲食店など全国にフランチャイズ展開しているお店と考えてください。

例えば、ローソン・セブンイレブンなどのコンビニエンスストアやマクドナルドや牛角など聞いたことあるお店の多くです。

中小小売店はそれ以外の、地元にある商店や喫茶店、あなたの行きつけの焼肉屋さんなどもきっと中小小売店でしょう。

ちなみに、大手コンビニエンスストアのローソン・セブンイレブン・ファミリーマートの3社ではポイント還元ではなくその場で値引きされることでポイント還元が行われます。


ちなみにセブンイレブン、ファミマ、ローソンの大手コンビニだけは特例で即時で値引きとなります。

大手チェーン店だけど5%以上の還元も受けられる?

今回のポイント還元は政府がすべて負担してくれるものです。

しかし、ローソンでローソン銀行が発行するクレジットカード「ローソンPontaプラス」をローソンで利用すると最大6%還元することを決めたそうです。この4%分の負担はもちろんローソンが自ら負担するものです。

このような独自の決済方法が増えている今、同じようなことを展開してくる店は増えていくのではないでしょうか。

大手チェーン店だけどもポイント還元を受けられないことも

全国にフランチャイズ展開している大手チェーンのお店では2%の還元が受けられると説明しましたが、同じ大手チェーンでも還元を受けられないこともあります。

今回のポイント還元制度の加盟店となるには一定の条件があり、その中に「中小・小規模事業者」という条件があります。

コンビニやマクドナルドのほとんどはフランチャイズ店舗として運営されていますが、もちろん直営店舗も存在するわけです。

直営店舗については中小・小規模事業者ではないので、ポイント還元を受けることができないのです。

ポイント還元を意識する際には、対象店舗である印のチラシがあるかどうかチェックするようにしましょう。

ポイント還元対象店舗検索アプリを今のうちにダウンロードしよう。


いくら直営店舗はポイント還元の対象にならないからといっても、行く店がフランチャイズか直営かどうかなんて知らないよという方のために、ポイント還元対象店舗検索アプリというものがあります。近くの対象店舗を探すことができたり、5%か2%の還元かを知ることもできます。

iOS版、Android版ともにすでにリリースされています。

ポイント還元対象店舗検索アプリ

ポイント還元対象店舗検索アプリ
開発元:一般社団法人キャッシュレス推進協議会
無料
posted withアプリーチ

ただしこのアプリ、バージョンが1.0.0とだけあって、まだまだ使い勝手は非常に良くないです。

例えば、セブンイレブンの詳細を開いてみると決済手段はPayPayしか表示されていません。ローソンだとLINEPayしか表示されておらず、他のキャッシュレスだとポイント還元してくれないの?と混乱させられてしまいます。かといって地元のスーパーなどを見てみると、フラグが10個ほど立っていて、詳細を開いてみると1つは決済手段がクレジットカード、1つは電子マネーの一部、、、と決済手段ごとにフラグが分かれてしまっているのです。今のところ、決済手段を1つのフラグにまとめることができないようです。

大手コンビニはそのフラグが複数立たないようにこのようになっているのではないかと予想しています。

また、地名や店名で検索することができないので、あそこのお店は対象店舗なのかどうか調べたい時もわざわざマップを動かして調べなければならないという非常に使いづらい仕様です。

これは早く改善してほしいものです。

楽天市場やヤフーショッピング、Amazonでも小規模なお店なら還元の対象


楽天市場やヤフーショッピングなどで商品を販売している中小・小規模事業者からの商品購入で同様にポイント還元を受けることができます。中小・小規模事業者に属さなかったり、アマゾンが販売・発送しているものは対象外です。

10月以降、それぞれのショッピングサイトで対象商品には対象のアイコンがつくようです。

まとめ:キャッシュレスでお得に買い物をしよう

非常に複雑で分かりにくい制度ですが、2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)までの9ヶ月だけの制度となります。

5%の還元だと消費税が8%のときよりもお得に買い物ができてしまいます。

使い方ひとつでお得なお買い物ができますので、キャッシュレスの時代に頑張ってついていきましょう。

高還元率でメインカードにオススメな厳選クレジットカードまとめ。マイル系はお得!

またクレジットカード会社のポイントやマイルも当然付与されるので、どうせなら高還元率クレジットカードを用意して決済しちゃいましょう。

The following two tabs change content below.

kankeri02編集部

kankeri02編集部

kankeri02編集部で管理しているしている記事です。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑