自営業(フリーランサー)で賃貸契約しようとしたら普通に落ちてしまった件

公開日: 2015年 11月 17日
更新日: 2015年 11月 14日

DSC07120
日本に帰国してから、嫁と私の実家で生活をしています。

実家はあくまでも一時的な住居で、当たり前ですが、夫婦で住める場所を探しているのですが、これが中々、苦戦をしています。

というのも私の日本の職業は自営業(フリーランサー)なのですが、普通に物件の審査に落ちてます(笑)私もまさかここまで賃貸契約に苦戦をするとは思っていませんでした。

日本だと就職をしていないというだけで、かなり賃貸契約に苦戦をするので、これから会社を辞めてフリーになろうとしている人は注意です。


家賃保証会社を利用する大家が急増している

私は結構、新し目のマンションを探していたのですが、築10年以内のマンションについては、かなりの確率で家賃保証会社の審査に通る必要があります。

今までの多くの物件は大家さん(オーナー)と直接契約して、大家さんが審査をして毎月、大家さんの銀行口座へ振り込むのが基本でしたが、最近だと大家さんと契約者のあいだに家賃保証会社が入ってきます。

この家賃保証会社が間に入ることで、契約者は保証人がいなくても契約ができたり、仮に契約者が家賃を支払わなくても家賃保証会社が保証してくれたりとお互いにメリットのあるサービスなのですが、この家賃保証会社の審査は自営業だとかなり厳しいです。

特に自営業の場合だと、確定申告書の控えが収入の証明となるため、独立した1年目だと確定申告をしていない人も多いと思うので、この家賃保証会社の審査を通るのはかなり難しいと予想します。

私の場合、保証人は両親がいたのですが、家賃保証会社の審査の場合、全くプラスとなりませんでした。またTwitterのフォロワーさんに教えていただいたのですが、家賃保証会社はクレジットカードの履歴(クレヒス)を考慮していないので、毎月クレジットカードの請求を支払っていたとしてもメリットになりません。

自営業でも賃貸契約の審査に通る方法

家賃保証会社が必須の物件に関しては、不動産会社から「会社のウェブページを作成することで少しは審査が通りやすくなる」と教えてもらいました。

そのため自営業でも自分の活動内容を紹介するウェブページを作成しておけば、多少は審査が通りやすくなるかもしれません。

一番おすすめなのが、家賃保証会社を通さないで直接、大家さんと契約できる物件を探すことです。この場合、だとえ無職でも家賃を半年前払いにしたり残高証明書を提出することで、契約できる確率は上がります。

ただ家賃保証会社を利用しない物件は、築年数が経ったマンションがほとんどです。

また会社を辞める前に、契約したマンションに住み続けるか、独立する前に賃貸契約するのもいいですね。

まとめ:日本では会社勤めでないと貯金はあっても信用なし

会社を辞める前まではレールの上を歩いていた人生だったので、賃貸契約の審査が落ちたときはショックを隠しきれませんでした。

エストニアでは無職でも賃貸契約できたのに、まさか日本で賃貸契約に苦戦するとは思ってもいませんでした。残念ながら日本では貯金があることよりも、サラリーマンをしているかどうかが賃貸契約では需要のようです。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. 匿名 says:

    法人化してないのですか?
    海外で起業予定だったとして、収入の大半はアフィリエイトですから、日本で税金を払うことになりますよね?自営業と法人では、経費面で雲泥の差ですけど。
    これは自信ないですが、法人化して、奥さまがそこで働く事にすれば、就労ビザもでませんかね?

    あと

    >家賃保証会社はクレジットカードの履歴(クレヒス)を考慮していないので

    この書き方は誤解を招きます
    クレヒスがプラスにはならないが、マイナスにはなります。つまり遅延や滞納があれば、契約できません。

    • kankeri02 says:

      法人化は今のところはしない予定です。
      また一時期は海外(エストニア)でアフィリエイトの税金を払うことも考えていましたが、
      結局は日本で確定申告をして納めています。またこれからもアフィリエイトについては
      日本で納めます。
      >自営業と法人では、経費面で雲泥の差ですけど。
      これは法人のほうがコストが掛かるということですか?

      >法人化して、奥さまがそこで働く事にすれば、就労ビザもでませんかね?
      日本については配偶者ビザで嫁は滞在することになります。
      最近、”日本の配偶者ビザ取得はめんどくさい”と書きましたが、面倒くさいだけで
      手続きをすれば問題なく貰えます。

      >この書き方は誤解を招きます
      >クレヒスがプラスにはならないが、マイナスにはなります。つまり遅延や滞納があれば、契約できません。
      なるほど。修正しておきます。ご指摘ありがとうございます。

  2. 匿名 says:

    世の中の自営業者はちゃんとしてれば銀行でローン組んで家買えるし。
    単純に収入や見たくれからくる個人の信用問題に過ぎないだろ。
    とりわけ本当にアフィリエイトとかで喰ってるのなら、なおさら信用なくて当たり前。
    自営業かどうかが問題じゃないから。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑