free web hit counter

エアポートラウンジ(南)潜入レポート!!羽田空港 第2ターミナル制限エリア内にあるカードラウンジ

公開日: 2018年 04月 15日
更新日: 2018年 04月 15日


羽田空港でANA国内線がメインターミナルとしている第2ターミナル制限エリア内にはゴールドカードなどを持っていれば無料で入れるエアポートラウンジ(南)というラウンジがあります。

今回はそのエアポートラウンジに入る機会があったのでどういったサービスになっているのかをご紹介します。またこのラウンジに入るおすすめの方法についても紹介します。

羽田空港でANAなどを利用して第2ターミナルを頻繁に利用される人の参考になればうれしいです。


エアポートラウンジ(南)はカードラウンジの中でもNo.1のサービス!!朝だとベーグルもあります。


このエアポートラウンジ(南)ですが、私が日本国内のゴールドカードで無料で入ることのできる、いわゆるカードラウンジで最もサービスが充実していると感じたラウンジです。

というのもこのエアポートラウンジはなんと午前中だとベーグルを置いていてくれています。私がこの日、訪問したときは11時30分なので少なくても午前中なら置いています。一人2個までの制限がありますがベールグであれば2個食べれば十分です(笑)

カードラウンジは基本的には食事を置いていないところが多く、あってもお菓子ぐらいのところが多いです。しかしこのエアポートラウンジにはなんと…ベーグルが置いてあるのです!!(2回目)

新潟空港のカードラウンジ「エアリウムラウンジ」潜入レポート

ちなみに新潟空港のカードラウンジ「エアリウムラウンジ」も記事にしていますので比較してみてください。新潟空港のカードラウンジはソフトドリンクだけしか置いてなかったです。


またラウンジは私が行ったときはそこそこの人数で座れないところがないということはなかったです。ただゴールドカードがあれば誰でも入れてしまうという条件なので人は常にそれなりにいると思われます。


また飲み物もかなり充実しており、単純にネットカフェによくあるジュースサーバーがあるだけではなく、ちゃんとしたオレンジジュースやアイスコーヒーまでも用意されています。


第2ターミナル(ANAのターミナル)にあるエアポートラウンジだと窓際の座席には人気ですが、飛行機も窓から眺めることができます。ここでパソコン作業も可能です。

羽田空港第2ターミナル・エアポートラウンジ(南)への行き方・営業時間

エアポートラウンジ(南)ですが、65~66ゲート付近にあります。保安検査後にありますので飛行機出発のぎりぎりまで滞在することができます。

※ちなみにエアポートラウンジは第1ターミナル到着ロビーにもあります。混合されないようご注意ください。

エアポートラウンジ(南)2Fゲートラウンジ内
営業時間 6:00~20:00
電話番号 03-6428-8260
料金(税込価格) ラウンジ&化粧室/
フリードリンクサービス(ソフトドリンクのみ)
1名様 1,080円
4歳~12歳 540円
0歳~3歳 無料

また営業時間は上記のようになっています。

 

エアポートラウンジの利用はゴールドカード持参で入る方法がおすすめ!


エアポートラウンジは1,080円を払えば誰でも利用することができます。他の空港のカードラウンジだと1,080円だと入るのは微妙だと正直思いますが、このエアポートラウンジだとベーグルも2個頂けるので朝だと十分に支払う価値もあると思います。

ダイナースクラブ
UCゴールドカード
UCヤングゴールドカード
UFJゴールドカード
UFJヤングゴールドカード
UFJプレミオ
ライフカードゴールド
エポスプラチナカード
エポスゴールドカード
アメリカン・エキスプレス(デルタAMEX以外は同伴者1名まで連れ込み可)
OCS-VISAゴールドカード
Visaプラチナカード(同伴者1名まで連れ込み可)
Visaゴールドカード
※三井住友カードなどのVJAグループ
MUFGカード
プラチナ
ゴールドプレステージ
プレミオ
ニコス・ゴールドカード
ニコス・プレミオ
TS3 ゴールドカード
TS3 レクサスカード
イオン ゴールドカード
アプラス
World Elite Mastercard®
World Mastercard®
Gold Card
JCB ザ・クラス(同伴者1名まで連れ込み可)
JCB プラチナ
JCB ゴールド ザ・プレミア
JCB ゴールド
DC ゴールドカードノブレス
DC ゴールドカード
DC ゴールドカードヴァン
オリコ
THE PLATINUM
The Gold
Gold UPty
THE WORLD
楽天プレミアムカード
楽天ブラックカード
楽天ゴールドカード
三越 M CARD GOLD
MICARD GOLD
伊勢丹アイカードゴールド
ジャックスカードゴールド

ただおすすめは上記のゴールドカードをどれか持参しておくことです。それであれば無料で入ることができます。


もし旅行前だけどゴールドカードを持っていない!という人は楽天ゴールドカードが年2,160円でカードラウンジが使えるゴールドカードになるのでオススメです。

また条件はありますが、エポスカード・ゴールドやイオンゴールドカードは年会費が無料の上にカードラウンジも使える凄いカードです。

またAMEXカードは自分だけでなく同伴者1名まで連れ込みできますので、会社の同僚、友人、家族なども1名であれば無料で一緒にはいることができます。

まとめ:エアポートラウンジはANAラウンジよりぶっちゃけ良い

エアポートラウンジ(南)はベーグルがある分だけ同じ羽田空港国内線のANAラウンジより優れています。

ANAの国内線ラウンジ(ANAラウンジ)ってどんな感じなの?潜入してきたのでレビューします

是非とも羽田空港で国内線を利用される際には早めに空港にいってエアポートラウンジを楽しんでみてください!

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントは承認制なので反映されるまで時間が掛かります。

Back to Top ↑