人を頻繁に招く家にすれば家はキレイに保たれる

公開日: 2016年 01月 06日
更新日: 2016年 01月 05日

新しい大阪の家に引っ越してきたのですが、この家はできれば多くの友人やお客さんを受け入れたいなと考えています。

というのも過去に私が住んでいた東京の家もエストニアの家も基本的には自分または家族専用に使っていたので、本当に親しい仲の人ぐらいしか家の中は見せられないな~という感じでした。


ヨーロッパに行って人を家に招く大切さを知った

ただエストニアに来てから、多くの知り合いが家に招いてくれました。

エストニアの魅力は田舎!現地人の家へお邪魔させてもらったよ

またエストニア(ヨーロッパの)人に限らずヨーロッパに住む日本人の方々も家に招待してくれました。それも特に何年と付き合いがなくても、気軽に家に招待してくれるのです。

ベルリン在住のイラストレーターの高田ゲンキさんも、会ったその日に家に招いてくれました。

次の移住先候補ドイツに!ベルリン在住の高田ゲンキ氏に魅力を教えてもらったよ

そんなこともあり、新居についてはできるだけ人を招けることできるような家にしました。

人を招き入れやすい家にする条件

人を招き入れやすい家にするには以下の条件が重要だと思います。

広めの家を選ぶ

やはり家が窮屈だとどうしてもリビングに生活感が現れてきます。そのため夫婦2人では少し大きいかもしれないですが、私は2LDKの家を選び1室はお客さんが泊まることもできるような部屋にしています。

もし大阪市で民泊条例がスタートすればAirbnbなどの民泊にもしたいですね。

立地がいい場所

立地が良い場所だと自然とお客さんも増えてきます。

梅田の中古マンションの価格が上がると予想しているので購入しました。

私の場合、大阪の玄関口である梅田にマンションを購入したので、場所はかなり良いです。

人を家に招くことで家がキレイに保たれる

実際に大阪に定住して1ヶ月ほどですが、既に何組かの友人やお客さんが来てくれました。

DSC07688それで分かったことは、お客さんを家に定期的に招くと家がキレイに保たれるということです。さすがにお客さんが来るとなると事前に掃除をして整理整頓をするため、これが家をキレイに保つ秘訣となっています。

DSC07697
家がキレイに保たれていると家での仕事も捗るので、これは良い誤算です!

まとめ:人を気軽に招き入れる環境を作ろう

子供のころから、気軽に家に遊びにいける友達の家、絶対に家に入らせてくれない友達の家などあったと思います。それぞれの家庭、そりゃ事情があるんでしょうが、やはり家に入れてくれる友達の家は総じて清潔感のある家がほとんどでした。

家に友人や知り合いを気軽に呼べる環境は本当にオススメです。これから風通しの良い家をキープできるようにしていきたいと思います。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑