ラウンジは連携カードで1便2回目以上を無料で利用できるのか?基本的にはできません

公開日: 2016年 03月 22日
更新日: 2016年 03月 21日


国内線であれば楽天プレミアムカード、国際線であれば楽天プレミアムカードについてくるプライオリティパスでカードラウンジや航空会社のラウンジを楽しんでいます。


連携カードの無料での利用は2回目以降だと適用されない!

DSC08899
私は熊本空港でカードラウンジ「ASO」を利用し、ラウンジを出たあとにフライトが延長していることを知りました。そのため再度、ラウンジへ入ろうとしたらカードを確認され「お客様は本日2回目ですよね?2回目または2時間以上の利用は有料となります」と案内されました。

そう、カードラウンジは一度、入場してしまうと2度目の入場は無料では利用できないのです。おそらくプライオリティパスでも同じラウンジに2度は入ることはできません。意外とそういった情報が記事がGoogleで検索しても出てこなかったので、記事にしてみました。

プライオリティパスで違うラウンジなら同日に入れた

韓国・釜山にはプライオリティパスで入れるラウンジが2つ(大韓航空のKALラウンジとアシアナラウンジ)あり、過去にKALラウンジに入った後にアシアナラウンジに入ろうとしたことがあるのですが、このときは問題なく入ることができました。

また特にクレジットカードの明細を確認してもラウンジ仕様利用は明細になかったので、無料で2回ラウンジを使えたということです。これがKALラウンジを出た後にKALラウンジにはいろうとすると断られそうですが、違うラウンジならOKです。

ラウンジは無料だけどカード会社はラウンジ運営社に手数料を払っている

どうしてもラウンジを利用する際は、無料で入れると思ってしまうのですが、カード会社はラウンジの運営社に手数料を払っています。それを理解していると何回もラウンジに入れないのは当たり前ですね…。

またラウンジは大抵、利用時間も決められています。そのため、ラウンジに入れるからといって、フライト時間よりも、かなり前に空港に行くのも良くないなと思ったり。

まとめ

連携カードを持っていてもラウンジは基本的には2回無料で入れないというお話でした。

「ラウンジに入ったけどお腹が空いたから外で食べた後にもう一度ラウンジに入ろう」、「ラウンジ出たけど、フライト遅れてる!だからラウンジにもう一度いこう」などラウンジを2回以上利用したいシチュエーションはあると思います。

そういったことのならないようにラウンジも計画的に使ったほうが良さそうです。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. SAI says:

    出入り自由&時間制限なしの航空会社ラウンジのメリットはありましね。

  2. くまとも says:

    プライオリティ・パスの場合ですが、フライトが遅れた場合は、受付でそのように言えば、顔を覚えてくれていて手続きなしで入れてくれることもふつうにあると思います。戻る可能性がある場合は、ちょっと買い物してくるとか言って出て行ってもよいかと。このラウンジASOの対応はかなり感じ悪いと思いました。フライトが遅れているというやむを得ない正当な理由があってこれですかと。

    ラウンジ利用者の滞在時間まで測っていないので、ラウンジ内でよほど目立つことをしなければ2時間以上の滞在も問題ないはずです。関空のKALラウンジは乞食が増えて近頃急激に厳しくなっているように見えますが。複数の異なるラウンジを使うのは問題ないですね(電話で確認したこともあります)。

    • kankeri02 says:

      ありがとうございます。
      ここらへんのルールは曖昧なことも多いんですね。

      確かに関空のKALラウンジは、プライオリティパス国内線のピーチなどでも利用できてしまうので(私含め)乞食が増えてるかもしれないですね。
      色々ととホットな情報ありがとうございます。この記事も後日、修正してみようと思います。

  3. よっしー555 says:

    ダイナースでは 利用回数に制限はないようです。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑