楽天ペイで決済をすると今なら10%ポイント還元!上限5000円分!

公開日: 2016年 10月 30日
更新日: 2016年 11月 06日

s__28065794
Apple Payとほぼ同時期に楽天ペイなるものもサービスが開始となりました。

 

楽天ペイ スマホだけでお支払いOKな新サービス

楽天ペイ スマホだけでお支払いOKな新サービス
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted with アプリーチ

専用アプリをダウンロードすれば、AndoroidでもiPhoneでも利用ができます。

楽天ペイ: スマホで支払いOKな新サービス「楽天ペイ」。ポイントプレゼントキャンペーン実施中!

この楽天ペイに対応している店舗で決済をすると最大10%の楽天スーパーポイントが貰えます。

キャンペーン期間:~2017年1月6日

10%を獲得するためには連携カードを楽天カードにしておく必要があり、その他のカードだと5%のポイント還元となります。また最大獲得ポイントは5,000ポイントです。

そのため楽天カードを連携させて50,000円分を対応店舗で決済すれば、効率よく5,000円分の楽天スーパーポイントを獲得できることになります。

ただ対応店舗が現状かなり少ない

suica

楽天ペイ: スマホで支払いOKな新サービス「楽天ペイ」。ご利用可能なお店

私もこのキャンペーンでどこかで50,000円を決済して5,000ポイントを狙おうと思ってましたが、現状利用できる店舗はかなりマニアックなところばかりで、自分の知っている店舗は楽天カフェぐたいでした…。

キャンペーンが終わるまでに対応店舗が増える可能性もあるので、要チェックです。もし自分が利用しているまたは利用できそうな店舗があれば、是非利用してみましょう。

まとめ

Apple Payとはまた違った楽天独自のサービスですが、スマートフォン(とくにiPhone)で決済できるサービスが続々増えており、嬉しい限りです。

私は現金を持たない生活を目指しているので、楽天ペイには期待です。

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. sophie says:

    楽天ペイ、これは流行る可能性大だと思います。
    中国ではこのQRコードを使用した店舗での決済が一般的です。
    誰もクレジットカードを財布から出して支払いしません。
    これはお国柄かもしれませんが、クレジットカードの券面には、お買い物に必要な情報は
    全て記載されてます。
    クレジットカードを盗まれる、落とす、また、券面の情報をカメラで撮られる、
    そうするとネットで誰でも番号盗用という形で犯罪ができてしまいます。
    その点、このQRコード決済では、クレジットカードは表にでてきません。
    お店にもクレジットカード情報は残りませんし、情報漏洩する心配もありませんね。
    クレジットカードは大切に家で保管、トークナイゼーション化されています。
    また、流行る要素として、高いクレジットカード端末を設置する必要も無く、
    店舗での複雑なオペレーションが簡素化できます。
    リアル店舗での決済ではありますが、スマートフォンアプリを使用したネットでの
    決済になり、このアプリを使って、アプリに登録したクレジットカードの利用明細確認、
    管理が大変し易くなります。

    このQRコード決済、中国ではWeChatPayが有名、中国国内のほかに、
    アジア地域に利用が拡大しています。
    楽天はWeChatとも提携して、相互利用が可能になるとのことです。
    それと、銀聯とも提携、銀聯にもこのQRコード決済ができるQuickPass
    っていう決済サービスがあります。
    アジアの訪日外国人が日本の店舗でスマートフォンでのアプリ決済が可能となり、
    便利になるでしょうね。

    • kankeri02 says:

      私の記事より詳しいコメントありがとうございます。

      中国の方が日本で楽天ペイを通して決済できるのであれば便利ですね。
      日本のApple Payは結局、海外だと使えないですし、外国人も日本でも使えないものとなってますし。

      ただ今のところ楽天ペイの有名チェーンの店が皆無なので、今後楽天ペイがどこまで対応してくれるか注目ですね。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑