ANAマイルでお得に航空券を手配する裏ワザを紹介!おすすめです。

公開日: 2016年 05月 24日
更新日: 2017年 05月 07日


この記事では、ANAマイルで超お得に航空券を交換する方法を紹介します。ANAが決めているルールを最大限に活用する方法で、知らない人からすると裏ワザに近い方法です。

通常であればANAのマイルは1マイル=2~3円の価値ですが、今回紹介する方法を使えば1マイル=4~5円ぐらいの価値となります。

ちなみにANAのマイルのルールについては以下のページで解説しています。

ANAマイルの有効期限は?ANAマイレージクラブのルール・お得な貯め方を初心者向けに解説

またANAのマイルを持っていない人向けに飛行機に乗らなくてもポイントサイトを活用してマイルを一気に貯めるワザを以下の記事で紹介しています。

ANAマイルを月18000マイルまで格安で獲得する方法。ソラチカカードを使おう!

 


お得な手配方法①:ANAマイルの最もお得な使い方は国際線を手配!

ANAのマイルは日本国内線、国際線を手配することができますが、圧倒的におトクなのが国際線の手配です。

ANAの航空券は普通にお金を払って手配しようとすると東京⇔ソウルでも5万円近くすることもありますが、マイルだと12,000マイル+6,160円で行けてしまいます。これだと1マイル=約4円の価値となります。

更にここから1マイルあたりの価値を更にあげる、お得な手配の仕方があります。


これどうですか?

ソウル⇒新千歳はANA便ではなくアシアナ航空なので3,000マイル高くなっていますが、国内線も1箇所は24時間以上滞在可能なストップオーバー、もう1箇所も24時間以内なら乗り継ぎできる国内線を追加できるので、上記のようなフライトも15,000マイルと6,380マイルで予約できます。

仮にこれを個別に手配すれば約10万円くらいするので、1マイル=6~7円の価値となります。これはソウルに限らずハワイなど他地域の国際線でも適用できます。

「複数都市・クラス混在」で検索すると、ちゃんとANAのルール範囲内であれば公式サイトで手配できますが、少しでもルールから外れると以下のようなエラーがでます。


私も最初は毎回エラーばかり出していました。こればっかりは慣れなので、もしこのようなフライトスケジュールでも乗れる人は積極的に取ってみましょう。

ソウル旅行に石垣島の旅行と札幌1泊も付けれるなんてオトクすぎます!

お得な手配方法②:ビジネスクラスの予約もエコノミーの2倍で手配可能


ビジネスクラスは金銭的な面を考えて「夢のまた夢」と考えている人も多いのではないでしょうか。ビジネスクラスはエコノミークラスの約3~4倍の料金が相場なので、そう思うのは当たり前だと思います。

しかしANAのマイルだとビジネスクラスは、エコノミーの約2倍のマイル数で手配することができます。


東京⇔ソウルのビジネスクラス往復で25,000マイルと6,160円です。

ビジネスクラスの特典航空券は数が少なくやはり、エコノミーの2倍のマイルで乗れてしまうので人気もあるので、空席待ちが時期によっては非常に多いです。

なのでできるだけ先の予約をするか、また逆に直前1週間以内の出発だと手配しやすいので、そこら辺を狙ってみると良いでしょう。

ハワイ行きの上記のように空席待ちばかりでビジネスクラスは本当に激戦です。


またANAのマイルでは、行きはエコノミー、帰りはビジネスなんて手配の仕方もすることができ、それであれば往復ビジネスクラスに必要なマイルよりも減るので、少ないマイルでビジネスクラスを体験できます。

「複数都市・クラス混在」で検索することができます。またお得な手配方法①を混ぜてビジネスクラスを手配することもできます。

まとめ

ANAのマイルは3年の有効期間がありますが、ANAの用意したルールの最大限を利用すれば非常にお得です。どうせなら1マイルあたりの価値をできるだけ上げたほうがお得なので、この記事を参考してみて下さい!

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑