韓国語を0から始めるなら「1時間でハングルが読めるようになる本」を手に取ってみよう!

公開日: 2013年 09月 28日
更新日: 2015年 01月 24日

korean_book

別に日常生活で韓国語を覚える必要もないけれども、ルールを知らないと英語や中国語とは違って韓国語は全く読むことができない。

しかし海外へ関わりがある以上、隣国ということもあり何かとトランジットで韓国へ行ったり、韓国人と接したりすることも多い。そんなときに全くハングルが理解できないとそこまでだが、韓国語は2~3時間ルールを勉強すれば読めるようにはなるため、このルールを覚えることは長い人生がある中、覚えていても全く損はないと思う。

読めるようになるだけで結局は単語と文法を覚える必要があるのだが、それでも今まで全く読めなかった文字が読めるようになるだけで韓国に対する理解が少しは深まる気がする。また「マッサージ」、「アメリカ」など外来語に関してはハングルが読めるだけで理解できるし、韓国は昔に漢字を使っていたこともあり「約束」、「作家」など日本語と同じ発音の単語もある。

私がルールを覚えたチョ・ヒチョル著の「1時間でハングルが読めるようになる本」だが、この本はアマゾンのレビュー通り本当に覚えやすい。ダジャレでハングルのパーツを覚えるだけで、基本的には後はローマ字を英語読みするのと同じだ。

amazon

友人にも先日、釜山へ行くときに飛行機の中で貸してあげた本だが、見事に飛行機の中でハングル文字の読み方をマスターした!

日本と韓国のLCCも最近増えており、正直仲は良いとは言えない国であるが、韓国人の中にも日本好きで日本語を勉強している人はまだまだ多い。そんな彼らとのコミュニケーションのためにもハングルのルールだけでも覚えても全く損はないと個人的には思っているので、一度本屋で「1時間でハングルが読めるようになる本」を立ち見してみるといいだろう!

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. よっしー says:

    今の韓国語って1/3くらいが日本語由来って聞きました。約束ってのは
    中国語じゃなくて日本語なんですって。高速道路とかもです。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑