上海浦東国際空港を利用する前に知っておきたいこと!トランジットも注意!

公開日: 2017年 03月 20日
更新日: 2017年 03月 23日


相変わらず日々、飛行機に乗っている私です。

最近だとやっと空港や航空会社の知識も徐々に増えてきました。以前は航空会社の上級会員というのもあまり関心はありませんでしたが、さすがに毎月飛行機に乗っていると優先チェックインや搭乗させてくれるということで上級会員を目指したくなります。

そんな私でも今でも苦手な空港が中国・上海にある上海浦東国際空港(PVG)です。この空港は巨大で、人も多く、フリーWiFiがあるもののグーグル関連が使えないので、多くの日本人が疲労困憊になっていると予想します。

なので過去に何度もこの上海浦東国際空港を利用している私が、上海浦東国際空港に訪れる前に知っておきたいあれこれをまとめてみました。


空港に両替所もあるけど頭金50元(約800円)も取られる


まず上海浦東国際空港には銀行の両替所がいくつかありますが、どこの銀行も空港内だと手数料50元(約800円)を取られます。なので仮に5,000円しか両替をしなくても800円以上は手数料となります。これは結構な金額です。

なので少額の両替であれば日本の空港でしておいたほうがいいです。


ちなみに為替は上記のような感じです。日本の銀行よりは良心的ですが、50元取られるので少額の両替だとかなり割高となります。


ちなみに上海浦東国際空港にはATMが第1ターミナル、第2ターミナルどちらにもありますので、現金よりもクレジットカードでのキャッシングがレートが良いのでおすすめです。

セディナカード(MasterCard)は海外キャッシングで使える!ネットで返済も可能!

フリーWiFiはあるけどGoogle関連は使えない!VPNも不可


最近、フリーWiFiのネットワークをリフレッシュしたのか外国人でも簡単にフリーWiFiが接続できるようになりました。以前は中国の電話番号認証が必要だったり、不安定だったりしたのですが、今の上海浦東国際空港のフリーWiFiはかなり安定しています。

ただ残念ながらご存知の人も多いと思いますが、Google、LINE、Twitterなどのサービスは中国では利用できません。なので日本人にとってはこの上海浦東国際空港で8時間などの乗り継ぎであれば、これらのサービスが使えないのでかなり苦痛だと思います。

中国在住者は必須!VPNの「セカイVPN」を使おう!

またこのフリーWiFiは優秀なネットワークエンジニアが設計しているのか、VPNを接続しようとしてもシャットダウンされて繋がりません。ホテルのWiFiなどであればVPNでGoogleやLINEが使えたりスルのですが、上海浦東国際空港ではフリーWiFiをつかってそれらのサービスを利用することはできないようです。

ちなみにYahoo!JAPANはアクセスできますので、Yahoo!ニュースを見まくることをおすすめします。

巨大空港だけどターミナル1と2は歩いて行ける


上海浦東国際空港には第1ターミナルと第2ターミナルがありますが、このターミナル間は距離は1kmぐらいあるものの、外にでないで歩いて行き来することもできます。

ただターミナル移動は時間がかかるので余裕を持って行動をしましょう。

上海浦東国際空港の乗り継ぎは場合によっては入国&荷物受け取りをしないといけないこともある

上海浦東国際空港で乗り継ぎ(トランジット)して他の国に行く人のほとんどが、中国東方航空、中国国際航空だと思います。中国東方航空で上海浦東国際空港にて乗り継ぎする場合、場合によっては中国に入国&荷物受け取りをして再度、上海浦東国際空港のチェックインカウンターでチェックインを求められる場合があります。
※この記事を公開した当初は、「必ず入国&荷物受け取りをしないといけない」と記載していましたが、誤りでした。申し訳ないです。

乗り継ぎホテル|中国国際航空

中国東方航空/China Eastern Airlines (MU)|お得な乗り継ぎサービス

ちなみに上海東方航空も中国国際航空もよほど航空券のクラスが低くない限り(エコノミークラスでもこのOK)は事前に申し込みをすれば無料で宿泊ホテルを用意してくれます。また乗り継ぎ時間によってはラウンジ利用、無料の足裏マッサージなんて特典もあるので、こういったものは積極的に利用をしましょう。

中国国際航空を北京経由で利用しました!トランジットは入国不要で便利になっていた

ちなみに北京国際空港は以前、私が利用したときは中国に入国しなくても乗り継ぎすることができますが、路線や乗り継ぎ時間によっては入国&荷物受け取りをして再度チェックインを求められる可能性もあるかもしれないので、気をつけましょう。

国際線の場合、空港到着は2時間前でなく3時間前がおすすめ

上海浦東国際空港は超巨大空港なので、時間帯によってはカウンターがめちゃめちゃ混んでいます。通常、国際線の場合だと出発の2時間前につくのが一般的ですが上海浦東国際空港は3時間前ぐらいがちょうどいいと思います。

荷物検査&出国審査もかなり混んでおり、私も何度も飛行機に乗り遅れるかも!と過去に感じています。乗り過ごしたことはないですが…。

地下鉄で市内まで7元(約130円)程度で行ける

上海浦東国際空港は地下鉄2号線が接続しており、それで1時間ちょっと乗れば上海市内に行くことができます。お値段は7元(約130円)程度と激安です。

リニアも走っていますが、これだけでは上海の中心地には行けないので、個人的には地下鉄がおすすめです。もちろんリニアに乗りたいという人は、この機会に乗るのもいいでしょう。

まとめ

最近、中国東方航空、中国国際航空が非常に安いチケットを販売しており、それに釣られて利用する人も多いと思います。私もその一人です。中国東方航空だとデルタ航空のスカイマイル、中国国際航空だとANAのマイルも溜まりますしね…!

ただやはり安いのには訳があります。もし上海浦東国際空港を利用される場合は、気をつけてください。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. FC FLYER says:

    > 中国東方航空で上海浦東国際空港にて乗り継ぎする場合、
    > 必ず中国に入国する必要があり、そこからまたカウンターで
    > チェックインをしないといけません。
    >
    そんな事ありませんよ。他の空港同様、トランスファー用カウンターがあり
    入国する事無く、トランジットエリアに入れます。
    もちろん、セキュリティ等のチェックはありますけどね。

    • kankeri02 says:

      ありがとうございます。
      私が最近のった中国東方航空が一度、入国するように指示されたので、全部そうなのかと思っていました。
      乗り継ぎ時間や路線によっては入国しないですむのですね。
      ちょっと調べて、また記事を修正します。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑