ANAのプレミアムエコノミーってエコノミーとどう違うの?実際に乗ってみたレビュー

公開日: 2018年 01月 01日
更新日: 2018年 01月 18日


ANAの国内線は機内によってはエコノミークラス、ビジネスクラス以外にプレミアムエコノミー(PY)という座席が存在します。

ちょうどビジネスクラスとエコノミークラスの中間あたりに位置する座席です。座席数はエコノミーやビジネスよりも座席が少なく乗ったことがなければ非常に謎な座席に思えてしまいます。

最近だと他の航空会社もプレミアムエコノミーやエコノミーコンフォートなどエコノミーよりちょっと良い座席を設けているところが多いです。

実際、私は先日、成田空港からメキシコシティまでNH180便に乗ったのですが、プレミアムエコノミー座席でした。なので実際にどんな感じだったかをレポートします。

ちなみにあとで説明しますが、プラチナ会員、スッパーフライヤーズ会員(SFC)であればオンラインチェックインのタイミングで空席があれば無料アップグレードできます。

自分も2017年に修行してSFCになれるので、これからエコノミーでの予約でもプレミアムエコノミーが使えるとなると嬉しくてたまりません…!


座席はエコノミーに比べると結構余裕あり!座席も普通のエコノミーより倒せる


実際に乗ったプレミアムエコノミーの座席です。今回はB787-9という機体でエコノミーの座席は3-3-3でしたが、プレミアムエコノミーは2-3-2でした。


座席はエコノミーよりも縦も横も結構、余裕があります。古い機材のビジネスクラスと同じくらいの座席です。自分の座席はフルフラットで倒すことはさすがに無理でしたが、70%ぐらいは倒せてフットレストもあり非常に楽でした。

ちなみに一部路線のプレミアムエコノミーはフルフラットもあるようです…!

エコノミーとプレミアムエコノミー空席率にも違いが…!


私が乗ったメキシコシティ便はプレミアムエコノミーは約3割程度の乗客率でした。またエコノミークラスは6~7割り程度でした。

もちろん人が少ないほうが快適なので、これは非常に良かったです。私の席の横は誰もおらず前後にもいなかったです。

※もちろん路線やタイミングによってはプレミアムエコノミーが乗客率が多いということもありますが…。

接客もプレミアムエコノミーだと良くなる!


また見えないところも違ってきます。それはキャビンアテンダントの接客の仕方です。

私は過去にANAのエコノミークラスにも乗ったことがありますが、アイマクスなどはこちらからお願いしないと貰えなかったです。

ただ今回のプレミアムエコノミーではキャビンアテンダントから必要なものを取ってくれとバスケットを渡されました。

また「飲み物入りますか?」などのお声がけも異常に多かったです。エコノミーだとまずこういった対応はないので、非常に驚きました。

機内食はエコノミークラスと同じ!けどビジネスクラスのデザートも余ってれば頂けることも


プレミアムエコノミーはエコノミークラスと機内食は同じです。

あくまでもプレミアムであっても”エコノミー”です。


ただキャビンアテンダントの方から「デザートにビジネスクラスのが余っているのですがいかがですか?」と提案されました。

もちろん頂きましたが、プレミアムエコノミーだとこういったサービスも受けることができるようです。

プラチナ会員やスーパーフライヤーズ会員だとオンラインチェックインでプレミアムエコノミーの座席を選べる

プラチナ会員またはスーパーフライヤーズ会員(SFC)であればエコノミークラスの予約であってもオンラインチェックインのときのタイミングでプレミアムエコノミーを選択することができます。

私も2017年にプラチナ会員になったので、オンラインチェックインが開始する24時間前にすぐにネットでオンラインチェックインの手続きをしました。

プレミアムエコノミーは通常、エコノミークラスの2倍以上の値段なことがほとんどなので、これは非常にありがたい恩恵でした。おそらくオンラインチェックインからは早いもの価値なので、プレミアムエコノミーを狙っている人は24時間前に待機しておいたほうがよさそうです。

ANAのスーパーフライヤーズカード(SFC)は、年会費11070円でスターアライアンスゴールドを維持できる神カード

一度、プラチナ会員になればSFCは年1万円ちょっとで維持できます。マイルとSFCでプレミアムエコノミーに乗るとめちゃコスパ度が高いと思います。

自分はこれからアメリカなど長距離で行くときはANAで行きたいです。

まとめ

航空会社によっては本当にエコノミーと差が出ることのないプレミアムエコノミー・エコノミーコンフォートですが、ANAは少なくてもビジネスクラスに近いサービスだったと思います。

もしアメリカなど長距離線に頻繁に乗られる人はSFCを取得してプレミアムエコノミーを狙ったほうが良いかもしれないです。おすすめです。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. ごん says:

    はじめまして。
    遅ればせながらYouTubeでおのださんのことを知り、猛烈な勢いで動画を見ては、一緒に旅を楽しませてもらっています。

    ところで、メキシコシティ線でANAプレミアムエコノミーに乗られたんですね! 乗ってみたいと思いつつまだ先のことになりそうです。
    YouTubeでのレビューも楽しみにしています。
    (アエロメヒコとの比較やプレミアムエコノミーの評価など)

    ビジネスクラス用のデザート提供は、プレミアムエコノミーの標準サービスに入っているはずなので、基本的にはお願いすれば数がある限りは頂けるはずですよ。
    一風堂のカップ麺などもあるはずなので、試してみてはいかがでしょうか。

    おのださんの動画は、知識をひけらかすような嫌味が無く、ちょっとしたアメニティをもらったり無償アップグレードされた時など、素直に「うれしい」とおっしゃるところがかなり高感度高いです。
    見ていて、こちらまでうれしくなります。

    これからも、奥さんと健康に気を付けて情報発信をしてください。
    楽しみにしています!

    • kankeri02 says:

      ありがとうございます!実はこの記事はこっそり書いて公開していました。
      というのも動画ではまだ公開してないからです。バレてしまいましたね(笑)

      おお、一風堂のカップ麺も食べてみたかったです。ありがとうございます!
      どうぞ今後共よろしくお願いします!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑