ANAのミリオンマイラープログラムとは?100万マイルでマイル永久やSFCの特典も

公開日: 2018年 01月 21日
更新日: 2018年 01月 21日

ANAのミリオンマイラープログラムというものがあるのをご存知でしょうか?

ほとんどの人が縁がないプログラムだと思いますが、ANAには生涯50万マイル、100万マイル、200万マイル、300万マイルという区切りで特典が用意されています。

50万マイルですら東京~ニューヨーク(往復13,446マイル)を約37往復分と本当に困難な数字で、生涯修行をしないといけません(笑)

今回はそんなミリオンマイラープログラムの紹介をしたいと思ってます。


ミリオンマイラープログラムの条件を満たすとタグが貰える!更に100万マイルを達成するとマイル永久の特典も


ミリオンマイルの条件は上記のようになっています。純粋にANAだけのライフタイムマイル(LTマイル)と、ANA+パートナー航空会社のライフタイムマイル2種類が存在します。

ミリオンマイラープログラム | ANAマイレージクラブ

それぞれ達成するごとにオリジナルネームタグが贈呈され、ANAライフタイムマイルの100万マイル、200万マイル、300万マイルだと更に以下の特典がついてきます。

特典1:永久的にANA SUITE LOUNGEが利用できる(ANAライフタイムマイル200万マイル以上)

通常だとANAのダイヤモンド会員でないと入れないラウンジで、プラチナ会員の私も踏み入れたことない領域です。

ANAライフタイムマイルが200万マイル以上になると、生涯このラウンジをANA利用時に使うことが許されます。東京~ニューヨークを約149往復ですから、20歳から毎年ニューヨークに4回行っても48歳のときに達成できるレベルです。

しかしこの条件を達成できる人は最初から毎年ダイヤモンド会員を維持しているような気がしますがどうでしょうか。

特典2:生涯にわたるマイルの有効期限の延長(ANAライフタイムマイル100万マイル以上)


ANAのマイルは3年で失効します。

この制限がANAライフタイムマイル100万マイル以上で撤廃されます。やはり3年失効だと定期的に使わないとなくなっていきますので、これはありがたい条件です。

マイルは使ってなんぼですが、それでもこれは嬉しい特典です。

特典3:スーパーフライヤーズカードの申し込み(ANAライフタイムマイル100万マイル以上)


ANAライフタイムマイル100万マイル以上だとマイルが永久保持と同時にスーパーフライヤーズ(SFC)にいつでも加入できるようになります。

SFCが欲しいがために私も2017年に修行をしてプラチナ会員になりましたが、ライフタイムマイル100万以上だとプラチナ会員以上でなくてもいつでも申込みができます。

ANAのスーパーフライヤーズカード(SFC)は、年会費11070円でスターアライアンスゴールドを維持できる神カード

ただ100万マイル以上乗る人は毎年、プラチナ会員以上を維持できるてるような人が多いと予想しますので、恩恵を授かっている人は少ないように思えます。

ライフタイムマイルはビジネスもエコノミーでも一緒

ライフタイムマイルはファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスでも加算されるライフタイムマイルは同じで純粋に飛んだ距離です。また航空券のクラスも関係なく、どんなに安い航空券でも飛んだ分だけライフタイムマイルが溜まります。

また次に説明しますが、ライフタイムマイルは特典航空券でも貯めることができます。

ライフタイムマイル(LTマイル)は特典航空券でも貯めれる

マイルやプレミアムポイントだと特典航空券での搭乗だと貯まりません。

ただライフタイムマイルは例外で特典航空券でも貯めることができます。


上記は特典航空券で飛んだ成都⇒成田のフライトでマイルもプレミアムポイントも0ですが、ちゃんとライフタイムマイルは飛んだ分だけ加算されていました。

ただ注意してほしいのが、特典航空券だと国際線・国内線ともにライフタイムマイル加算が漏れてる可能性が非常に高いです。なので航空券は手元に残しておき、加算されていなければ事後加算しましょう。

またネットでの事後加算はソラシドエア、スターフライヤーなどのコードシェア便だとエラーで加算されない確率がかなり高いです。その場合はコールセンターに電話すれば加算してくれます。

更に!タイ航空などスターアライアンスでもライフタイムマイルは加算されますが有償航空券だけで、残念ながら連携航空会社だと特典航空券だと加算されないとのことです。

自分はミリオンマイラーになれるのか?


私の2018年1月現在のライフタイムマイルの状況は上記にようになっています。

自分が飛行機に頻繁に乗り始めたのはここ数年で更にANAには拘らずに乗っています。なのでおそらく人生で100万マイルは無理です。あと東京⇔ニューヨークをANAで往復70回の距離です(笑)

タグしか貰えないですが、ANAライフタイムマイル50万マイルかANA+パートナー航空会社100万マイルなら、今後のフライトによってはいけるかもしれないです。

ただ今後どうなるかわからないので、一応特典航空券で漏れのあったものでもあとで登録はマメにしています。

まとめ

ANAマイルの永久保持以外は、既にこの条件を達成できる人であれば不要そうな特典ですが、一応ANAではこのような特典が用意されているので紹介してみました。

特に特典航空券はどうせマイルが貯まらないと思って、登録をしていない人も多いのではないでしょうか?登録しておけば記録にも残せますし、知らなかった人は是非とも登録してみましょう。

自分もプラチナ会員(のちにSFC)になれ、ANAは今後は特典航空券で利用しようとも考えていますので、かなり厚い壁と分かってても密かにミリオンマイラーを狙ってます(笑)

ANAマイルでお得に航空券を手配する裏ワザを紹介!本当は誰にも教えたくない!

ちなみにANAマイルは上記のように無駄に沖縄や北海道を経由させたりして追加マイルなしで特典航空券を手配することもできるので、これでライフタイムマイルを貯めていくのも良いかもしれないですね。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. たにで says:

    はじめまして。自分はまだANAのマイル会員にすらなってないのですが、クレジット機能付きにした方がいいのですか?飛行機初心者でよくわからなくて。

    • kankeri02 says:

      買い物でマイルを貯めたいのであれば、クレジットカードのほうが良いですが、とりえあえず…って感じであれば通常会員で大丈夫と思います!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑