ANAのプレミアムポイントは上級会員になるために必要なポイント。貯め方を紹介

公開日: 2017年 11月 29日
更新日: 2017年 11月 29日


ANAのプレミアムポイントというものをご存知でしょうか?

このプレミアムポイントは、ANAのブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドになるために必要なポイントで、マイルと違って飛行機に乗らないと貯めれないポイントです。

この記事では、ANAのプレミアムポイントについての解説と、プレミアムポイントの効率的な貯め方を紹介します。自分も2017年にこのプレミアムポイントを1年で50,000ポイント貯めて、プラチナ会員になる予定です。


プレミアムポイントはANAの上級会員になるための基準となるポイント


プレミアムポイントはANAのブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドの上級会員になるための判断基準にしているポイントで、1年間で30,000ポイント貯めることができればブロンズ、50,000ポイントで多くの人が目指しているプラチナ、そして100,000ポイントでダイヤモンドとなります。

1月1日~12月31日までが判定期間となるので、1月1日になれば今まで貯めたポイントはリセットされてしまいます。

多くの人が50,000プレミアムポイント必要なプラチナを目指して修行する理由


自分も2017年、50,000プレミアムポイント必要なプラチナを目指しています。私のように無理やり上級会員を目指す人を「修行」や「修行僧」なんて言葉を使うのですが、こういう飛行機を「修行」をよく知らないけど、なんとなく聞いたことはあるという人も結構いるのではないでしょうか?

私に限らず多くの人が毎年、羽田-沖縄を1日2往復するなど”修行”をして50,000プレミアムポイントを目指しているのかというと、ANAは一度でも人生で50,000プレミアムポイントを達成させれば、その後も半永久的にラウンジ、優先搭乗などの特典が使えるプラチナとほぼ同等の特典があるからです。これをスーパーフライヤーズといいます。

ANAのスーパーフライヤーズカード(SFC)は、年会費11070円でスターアライアンスゴールドを維持できる神カード

知らなかった人は、是非上記の記事を読んでみてください。

ANAの「ブロンズ」ステータスの特典は?ブロンズステータスがほぼ意味のない理由

ちなみにANAのブロンズは、ほぼ平会員と変わらないので、ブロンズの人はプラチナを目指すことを強くおすすめします。

プレミアムポイントの貯め方・ルール


プレミアムポイントの貯め方は、ANAまたはスターアライアンスの航空会社のエアラインに乗れば貯めることができます。

注意しておきたいことが、プレミアムポイントは飛行機に乗らないと絶対に貯めることができないということです。

昨今、マイルだと飛行機に乗らなくてもクレジットカードの買い物やポイントサイトを活用すれば貯めることはできますが、このプレミアムポイントはそういった裏技的なものはありません。なのでANAのブロンズやプラチナになるためには必ずANAなどの飛行機に乗らないといけません。


プレミアムポイントはマイルと計算方法は似ており、飛んだ距離と予約クラス(積算率)と連動します。ただそこからプレミアムポイント独自の計算方法が加わり、路線倍率と搭乗ポイントなるものも考慮されます。

ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

ANA公式ページにシミュレーションできる計算機があるので、慣れないうちは上記のページで確認してみましょう。


上記は実際に私が過去に乗った路線ですが、280マイル(区間期間マイレージ)×100%(予約クラス・運賃種別ごとの積算率)×2倍(路線倍率)+0ポイント(搭乗ポイント)=560ポイントとなります。

以下のページでは各々の項目について更に詳しく説明します。

区間期間マイレージ:遠くに飛べば飛ぶほどお得

プレミアムポイントは、マイル同様に飛んだ距離も考慮されるので、飛べば飛ぶほど多くのポイントが貰えます。マイルもそうですね。

ただプレミアムポイントは、この他にも路線倍率というものが考慮されます。これは次の項目で紹介します。

路線倍率:日本国内線だと2倍、日本-アジア・オセアニアは1.5倍、その他は1倍


またANAのプレミアムポイントは、日本国内線のANAであれば2倍、日本-アジア・オセアニアは1.5倍、その他のアメリカ線などは1倍というルールがあります。これが路線倍率です。

なので場合によっては羽田からハワイに行くよりも、羽田から距離の近いシンガポールに行く場合のほうがプレミアムポイントが貯まるパターンもあります。

また国内線であれば2倍で貯めれるので、上級会員を目指している人いには羽田-沖縄(那覇・石垣)のルートが非常に人気です。


上記は私が羽田から石垣まで飛んだフライトですが、2,448ポイントも稼げています。羽田-伊丹の約5倍です。

距離もある羽田-沖縄(那覇・石垣)路線や、1.5倍で距離も稼げる羽田-シドニーの路線に乗ると一気にプレミアムポイントを貯めることができます。

プレミアムポイントは特典航空券だと貯まらない!


ちなみにプレミアムポイントはマイルで予約した特典航空券は、いくら飛行機に乗ったとしても対象外で0ポイントです。なのでお金を払って航空券を買って乗らないと上級会員にはなれないというこうです。ちなみにマイルも特典航空券だと貯まりません。


ただマイルをスカイコインへ交換し、そのスカイコインで手配した航空券はプレミアムポイントをちゃんと貯めることができます。

飛行機に乗らずにANAマイル爆速で貯める方法!ソラチカカード×ハピタスを使おう!

自分も普通に買うよりオトクなのでソラチカカードとポイントサイトで貯めたマイルをスカイコインに変えて、それでANAの有償航空券を購入しています。

ツアーや出張などで手配してもらった航空券はプレミアムポイントが貯まるクラスであれば、ちゃんとプレミアムポイントも溜まります。

半分はANAでプレミアムポイントを貯める必要がある


あと気を付けたいのが、ANA以外のスターアライアンス系のエアラインでもプレミアムポイントは貯めることができるのですが、半分はANAグループに乗ってプレミアムポイントを貯める必要があります。

自分も実は既に50,000ポイントを越えているのですが、ANA以外のフライトに乗ることがほとんどなので、平会員だったということもありました。

まとめ

自分はANAの上級会員になることを意識するまでは、マイルはもちろん知っていましたが、あまりプレミアムポイントを意識していませんでした。なのでプレミアムポイントについてまとめてみました。

参考になれば嬉しいです。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑