韓国人嫁がいる私が教えます!韓国をお得に旅行する3つ方法

公開日: 2015年 03月 26日
更新日: 2015年 04月 13日

9908160
このブログを見てくださっているほとんどの方が一度は韓国に訪れたことがあると思います。

日本から近いだけあって最も気軽に行ける海外です。日本からも多数の格安航空会社が飛んでいるため、かなり気軽に行けるようになりました。私は韓国人の嫁と結婚したこともあり、この韓国には昨年4回訪問し、約2ヶ月間滞在しました。

今回はそんな韓国に詳しい私が、韓国で少しでもお得に旅行をする方法を紹介します。

韓国旅行には必ずクレジットカードを持って行こう

kankoku
韓国に旅行をするのであればクレジットカードは必須です。そのためクレジットカードを持っていない人は必ずクレジットカードを事前に準備しておきましょう。

韓国はクレジットカード社会

まず知っておきたいことが韓国では日本以上にクレジットカードが使えるということです。タクシー、コンビニ、食堂、役所など様々なところで利用できます。私が韓国に滞在していたときは基本的にクレジットカードで全ての決済をしており、使えなかったところはバス、屋台ぐらいでした。そのため日本からクレジットカードは必ず持っていったほうが良いでしょう。

クレジットカードが最も楽でレートも良い!

短期の韓国旅行であれば韓国ウォンを両替して持って行くよりも、少量のお金だけ日本円からウォンに変えて、あとはクレジットカードで決済することをオススメします。

理由としては土日は銀行が閉まってしまい空港、明洞など一部を除いて両替したくてもできない状況になるリスクがあるからです。せっかくの旅行なのに両替をするところを探すことで大幅な時間ロスも考えられます。

またクレジットカードにキャッシング枠があれば現地のATMでキャッシングもできます。そのため韓国では現金に頼らずクレジットカードの利用をメインとしましょう。クレジットカードであればレートも良いです。

更にクレジットカード決済で買い物をした場合、ポイントも貯まります。

韓国ではJCBカードでもOK!

また韓国はJCBカードであってもVISA、Master Cardが使えるところであれば、ほぼ間違いなく使えます。ヨーロッパやアメリカだとJCBが使えないところがほとんどなので、VISAかMaster Cardは必須ですが韓国であればJCBだけでも安心です。

また韓国は基本的にクレジットカードの決済はサイン方式です。そのため4桁の暗証番号の入力を求められることは滅多にありませんが、店によっては暗証番号入力方式のところもあるので、事前に確認をしておきましょう。

参考:現地での不安解消!韓国のクレジットカード事情を詳しくご紹介!クレカアカデミー

両替をするなら日本ではなく韓国の空港や銀行で!


韓国のお金を一切持ってないと地下鉄やバスに乗れないため、少量は日本円から韓国ウォンに両替をする必要があります。このとき、必ず日本で韓国ウォンを両替しないようにしましょう。理由はレートが悪すぎるからです。

10,000円=92,000ウォン(2015年1月現在)

成田空港で両替した場合:10,000円=78,000ウォン
現地空港で両替した場合:10,000円=91,400ウォン

参考:韓国で両替するなら手数料80%オフになるクーポンを使え!KEB銀行なら空港でも70%オフ!

韓国の空港では土日に関わらず両替が可能でクーポンを利用すれば更にお得に両替ができます。そのことについては過去に記事にしていますので是非チェックしてみてください。

海外旅行保険はクレジットカード付属のものを利用しよう

海外旅行をする際に毎回、旅行会社に海外旅行保険をオススメされ加入をしていませんか?

クレジットカードには海外旅行保険が付いていることが多い

2泊3日でも2,000~3,000円程度が掛かってしまうのですが、大抵のクレジットカードには海外旅行保険が付属しています。もしあなたのクレジットカードに海外旅行が付いていれば、保険料は一切支払う必要がありません。そのため海外旅行保険が付いているクレジットカードを持っていない人は、必ず事前に発行しておきましょう。

大抵のカードは60~90日間の旅行まで保険が適用されます。韓国の場合、3~5日間の旅行が多いと思いますので、クレジットカードの保険で十分過ぎます。

クレジットカードの保険には自動付帯と利用付帯がある

クレジットカードの保険で注意してほしいことが、クレジットカードの保険には自動付帯と利用付帯があります。

自動帯付:旅費の決済をしなくても保険が適用される
利用帯付:旅費の一部を事前に決済しないと保険が適用されない

利用帯付の「事前に旅費の一部を決済」とは、航空券、ツアー料金の支払いのことを指します。各クレジットカード会社によって条件が異なるため事前に規約をチェックしてほしいのですが、間違いなく自動帯付のほうが優れています

旅費の決済を他のクレジットカードしたとしても海外旅行保険が付いてくるわけですから、事前に自動帯付のカードを持っておくようにしましょう。

参考:クレジットカードの保険の自動付帯と利用付帯を共に説明します

韓国への旅行は意外にツアーがお得なことも!

DSC00835
韓国へ旅行する場合、格安航空会社を利用するのもお得なのですが、時期によってはツアーのほうがお得な場合があります。少しでも安く旅行したい場合は、格安航空会社とツアーどちらともチェックするようにしましょう。

格安航空会社の場合

ソウルまでは東京、大阪、沖縄、福岡からピーチ、バニラエア、ジンエアーなどが就航しています。また釜山までは東京、大阪、福岡からエアプサンが就航しています。キャンペーンや時期によって値段が変動しますので、各航空会社のサイトにアクセスして値段をチェックしてみてください。

基本的には早く予約すればするほど航空運賃が安くなる傾向があります。また格安航空会社を自分で手配した場合、別途ホテルも自分で手配をしなければなりません。

ツアーで予約する場合

ツアーといっても韓国の場合は、航空会社+ホテル+送迎がだけで添乗員が付かない場合がほとんどです。時期によっては格安航空会社で旅行するよりも安く手配できることもあるので、各旅行会社に問い合わせをしてみましょう。最近であればウェブからでも値段や空席をチェックできます。

まとめ

DSC01612

どうでしたでしょうか?今回、紹介したことは人によっては基本的なことかもしれませんが、知らなかった人もいると思うので、韓国へ旅行する際は是非、参考にしてみましょう!海外旅行保険については他の国であっても活用できるテクニックです。

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑