ミャンマーに旅行する前に知っておきたいこと(ATM、ビザ、治安など)

公開日: 2016年 07月 25日
更新日: 2016年 07月 24日

DSC02614
先日、ミャンマーにいってきました。

ミャンマーを訪れるのは初めてでした。タイは何度もいってますが、ミャンマーはビザが必要ということでどうしても行くのに躊躇してしまいましたが、エアアジアのチケットが安く買えたので行ってきました。

ミャンマーですが、有名な観光国であるタイとは隣国していますが、意外と知られていないことが多いです。例えばビザの取り方は?ATMはあるの?などなど。

今回は私が事前に疑問に思っていたことをピックアップして、その答えもこの記事でお伝えします!


ミャンマーのビザはオンラインで申請可能!必要は50ドル

myanmar
ミャンマーに観光やビジネスなどで訪れるのは日本のパスポートだと2016年7月現在ビザが必要です。

Myanmar eVisa (Official Government Website)

今まではミャンマー大使館でビザの申請&受理が必要だったのですが、今はオンラインでビザの申請ができます。支払いはクレジットカード決済となり、VISA,MasterCard、JCB、AMEXで支払いが可能です。

私の場合、申請してから承認のメールが届くまで約23時間掛かりました。ヤンゴン国際空港にはアライバルビザのカウンターもありましたが、ビザを取得していないとフライトを搭乗拒否される可能性もあるので、事前に取得しておいたほうがいいでしょう。

米ドル⇒ミャンマー・チャットの現金両替がお得

S__16777218
ミャンマーの通貨は、ミャンマー・チャットです。

米ドルも流通しており空港やホテルなどは米ドルも支払いも可能なところがありますが、市内ではほとんどがミャンマー・チャットのみの支払いとなります。訪れる前は、カンボジアのように現地通貨はコイン代わりに使われているのかな?と考えていたのですが、ミャンマーはカンボジアよりも現地通貨が流通しています。

DSC02555
ATMは空港にも市内にもあり、両替所や銀行よりも多いです。日本のクレジットカードや国際キャッシュカードでもミャンマー・チャットをキャッシングすることができます。

DSC02548
私もセディナカード(マスターカード)でおろし、後日レートを確認したのですが、米ドルを日本の空港で両替し現地の空港でミャンマー・チャットに変えたほうがレートが5~10%ほど、よかったです。
※日本円は直接、ミャンマー・チャットに両替できる場所はありませんでした。

セディナカード(マスターカード)の海外キャッシングは最強!ネット返済&現地ATM手数料無料で、ほぼ手数料はタダに!

ミャンマー・チャットは国が定める公式レートと実レートがある関係で、VISA、マスターカードなどのレートも悪いとと考えます。

旅行をするならマンダレーを拠点にしたほうがいいかも

DSC02606私はミャンマーのことをちゃんと調べずにヤンゴンの往復航空券を手配しましたが、ミャンマーで最も有名な観光地であるバガンはヤンゴンから飛行機か夜行バスで行く距離です。

DSC02475そのため観光でヤンゴン往復の航空券を予約するのはオススメできません。

エアアジアだとバンコクから第二の都市であるマンダレーも出ているので、バンコク⇒ヤンゴン、マンダレー⇒バンコクのようにオープンジョーで予約すると効率的に観光ができるはずです。

また東京からヤンゴンまでANAが意外にも就航しているので、日本からだとANAが便利そうです。

ヤンゴンで快適な4つ星ホテル「ホテル グランド ユナイテッド」

f219d18f-53d51de1
ミャンマー滞在中は現地で仕事をされているとみた@Hiroyuki9Tomitaさんに色々とお世話になったのですが、富田さんがおすすめしてくれたホテルが4つ星ホテルのホテル グランド ユナイテッド アロン ブランチ Hotel Grand United (Ahlone Branch)です。

エクスペディアや”じゃらん海外”のクーポン利用で1泊4,600円程度で朝食も付いています。

エクスペディアのクーポン(8~10%)情報まとめ

じゃらん海外のホテル割引クーポンがお得すぎる!

建物自体は古いですが、部屋はキレイに保たれており、スタッフの対応も良かったです。また2階にはサウナがありチェックアウト後も利用できるので夜行バスや夜のフライトがある人にもおすすめです。朝8時ごろにホテルに訪れたのですがアーリーチェックインも対応してくれ、なんと無料で朝食も食べさせてらもいました。

まとめ

ミャンマーは、フィリピンと違って治安もよく感じました。私の大好きなローカルスポットも色々と歩きまわることもできました。

ミャンマー観光をするのに知っておくべき10個の意外な事実 DAY.434 | ミャンマー365

あと富田さんのブログにも書かれてますが、ミャンマーで最も浸透しているメッセンジャーアプリは、LINEでもWhatsAppでもなくViberです。

Viberが浸透している国は今まで聞いたことないので、正直驚きました。LINEも広告を積極的にしているようですが、今後はこのメッセンジャーアプリのシェアがどうなるか気になるところです。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑
  • YouTuberやってます!チャネル登録お願いします!

  • 海外ホテルはエクスペディアのクーポン利用が最安値

    ⇒エクスペディアの8~10%クーポンを確認する

  • 海外航空券はサプライスのクーポン利用が最安値

    ⇒サプライスのクーポン・キャンペーン情報を確認する

  • 海外キャッシング最強カード!手数料良し&ネット返済OK!


    ⇒セディナカードが最強な理由をチェック

  • プロフィール

    kankeri02

    30才、5年のサラリーマン生活を終えてエストニアに移住・起業するも9ヶ月で撤退。今は大阪を拠点に日本で節約しつつ海外に行くライフスタイルを実践中

    ⇒詳しいプロフィールはこちら

  • アーカイブ