free web hit counter

夢のANAファーストクラス(成田⇒ニューヨーク)に搭乗!!機内食、アメニティ、座席をまとめて紹介#NH010

公開日: 2018年 12月 10日
更新日: 2018年 12月 10日


先日、ANAのファーストクラスに乗って成田からアメリカ・ニューヨークまで行ってきました。

今回の記事ではANAファーストクラスの機内食について紹介をしたいと思います。

成田空港ANA Zカウンターでチェックイン!ファーストクラス、ダイヤモンド会員のみが入れる!!

成田空港ANA SUITE LOUNGE(国際線)に潜入!!食事、サービス、シャワーのアメニティが豪華すぎた

既にファーストクラスのチェックインカウンター、ラウンジについては別記事で紹介していますのでチェックして頂ければと思います。

搭乗日:2018年11月13日(火)
時間:16時40分⇒15時10分(12時間30分)
便名:ANA NH010 2A
フライト:NRT(成田国際空港 ・Narita International Airport)⇒JFK(ジョン・F・ケネディ国際空港・John F. Kennedy International Airport)
機種:B777-300ER
座席:ファーストクラス(FIRST CLASS)
ラウンジ:ANA SUITE LOUNGE 第4サテライト
私の資格:ANAプレミアム会員

優先搭乗でいざ機内に!!ファーストクラス・ダイヤモンド会員は同じタイミング


体が不自由な人、子連れ、妊娠など事前改札の次に、ファーストクラスだと入ることができます。

またダイヤモンド会員であればファーストクラスでなくてもこのタイミングで搭乗することができます。さすがにニューヨークまで行くような路線だとダイヤモンド会員も多かったのようで、結構ファーストクラス、ダイヤモンド会員のレーンであっても並んでいました。

なのでもしできるだけ早く機内に入りたいのであれば早めに並んでおいたほうがいいかもしれないですね。


いよいよ機内に入ります!ファーストクラスは他のクラスと違って入り口がことなるので、先に搭乗してもファーストクラス以外とのお客さんと鉢合わせることがありません。これは嬉しいですね。


いざ機内に入ります。基本的には自分の顔はあまりブログに出さないのですが、この写真がないとどんな座席かも伝わりにくいので、失礼いたします。

これがファーストクラスの座席となります。


私の目線からみた座席は上記のようになっており、十分に足が伸ばせる広さです。


ANAのファーストクラスはボーイング777-300ERという機種しか今のところないのですが、ファーストクラスは全体の座席(250席)に対して8席しかありません。私は今回2Aというファーストクラスでは前方2列目かつもっともファーストクラスでは後方の座席をとりました。

1-2-1という配列でもし夫婦などで乗られるのであれば真ん中席が良いのですが、残念ながらここだと外の風景が楽しめないので要注意です。

ウェルカムドリンクも頂きいざ出発!!


ウェルカムドリンクも「シャンパンまたはオレンジジュースはいかがですか?」ということでお酒が飲めない私はオレンジジュースを頂きました。

残念ながらお酒のレポートはできないのですが、高いシャンパンだと思うのでファーストクラスはお酒が飲めたほうがいいのには間違いないです。


また離陸前にアメリカの税関カードと、客室乗務員の方がバスケットをもって「ほしいものはないか?」と聞かれたので、資生堂のリップクリームを貰いました。

では約13時間のファーストクラスを頼んできます〜!

離陸後にさっそくでてくるファーストクラスの機内食


離陸したらすぐにおしぼりが配られ機内食の気配がします。


メニューは上記のようになっており、和食か洋食となります。また洋食の場合は更にフィレ肉など選択をする必要があります。上記でも日本発のメニューでアメリカ発とは異なります。

美食家でもない私でも知っているキャビア、ずわい蟹、フィレ肉など食欲をそそるキーワードがでてきます。


お酒は飲めないのでノーコメントですが、ノンアルコールは特に特別なものはなくビジネスクラスやエコノミークラスとそこまで変わりのない内容です。お酒が飲めなきゃファーストクラスは正直もったいないですね。


こちらがまず全員同じのアミューズがきます。アミューズは正直、自分は意味がわからなかったのですが「口を楽しませるもの」らしいです。金箔もあります。ちなみにお酒が飲めないことを伝えると、ほんの少しだけアルコールの入ったカクテルをベテランと思われる客室乗務員の方につくってもらえました。

・プレミアムブランペッパーのチーズスティック
・穴子八幡巻き
・鯛のブランダード
・ソフトドライビーフと紅芯大根のロール仕立て

以上となります。当然どれもおいしかったですよ。それくらいしか文字では表現できません(笑)


次に「ずわい蟹と菊芋のがとー仕立て トマトとバルサミックのソース キャビアとともに」を注文しました。

もちろんキャビアという文字にとびついて選んだのですが、キャビアがなんとまるごとでてきました。これは贅沢すぎますね。


次にここでサラダがでてきました。


コーンスープもインスタントのものとは異なりました。


そしてついにメインデッシュが来ました!!佐賀県産の和牛フィレ肉です。これは本当にやらかい肉で、こんなものが空の上で食べれるとは感動ものです。

ただ正直、これだけコースで一つ一つだされるとお腹もいっぱいです。


またこの日、私の誕生日だったのですが、わざわざデザートにはHappy Birthdayとデコレーションしてくれました。「d」がないような気がしますが、嬉しいです。

ANAファーストクラスのアメニティを紹介


ANAファーストクラスのアメニティはこちらにあります。ANAのロゴもあり、サムソナイトのミニチュアのアメニティとなっております。


中は上記のようなものでTHE GINZAというブランドを中心にクリームなどが入ってました。


またWiFiカードもファーストクラスだと無料配布され100MBまでならフライト中にいつでも利用できます。


パジャマももらうことができます(笑)自分はせっかくなので着ましたが、他に着ている人はいませんでした。持ち帰ることもできると書いており、私ももってかえりましたが意外としっかりしており洗濯しても何度でも着れます。


パジャマ以外にも上着があったのですが、これは貸し出し品とのことです。

ANAファーストクラスはベットメイキングもしてくれる


食事がおわればすぐに機内も暗くなり、おやすみモードに入ります。

私としてはファーストクラスなので寝たくはないのですが!しかしファーストクラスはなんと客室乗務員の方がベットメイキングもしてくれるので、お願いしました。


フルフラットで寝ることができます。

ファーストクラスだといつでも料理の注文ができる


またファーストクラスだといつでも食事のとき以外にも料理を注文することができます。正直かなりお腹いっぱいだったのですが、中々食べれる機会はないので注文します。

ちなみにビジネスクラスでも同じサービスはありますが、メニューがファーストクラスのほうが良いはずです。


一風堂のとんこつラーメン「そらとん」を頼んだら、雲丹もつけてくれました。


機内も徐々に明るくなってきました。


窓を少しかけてみるともうアメリカ大陸にはいるようです。


着陸前の食事は「お好きな時に」メニューから選ぶことになり、今回は海鮮茶漬けにしました。いくらなどが入っており、今回のファーストクラスではラウンジ含めて本当に海鮮づくしでした(笑)


徐々に着陸態勢に入ります。


ジョン・F・ケネディ国際空港に到着です。


あっという間にニューヨークに到着です。体感としては5時間程度でした。さすがのファーストクラスで全く狭いとは感じませんでしたが、正直食事など色々と欲張ってたので忙しく疲れました。


入国審査は時間が掛かりすぎて、自分が荷物を取りにいったときはすでに荷物はレーンに流れていたのですが、ファーストクラスのタグもちゃんとつけてもらっていました。

ANAファーストクラスはマイルで手配できる!!


今回、私が乗ったANAファーストクラスのNH010便は日にちにもよりますが、最低でも100万円以上します。すごい値段ですよね。


しかし私は今回、マイルで往路はファーストクラス、帰りはビジネスクラスまたアメリカ国内線をつけて手配しました。その結果、127,500マイルと諸税費30,650円の支払いで今回のファーストクラスを実現することができました。

127,500マイルも決して少ない数ではないですが、それでも100万円を考えると現実的な数字だと思います。マイルはクレジットカードの買い物で貯めるだけでなく、ポイントサイトで一気に稼ぐと近道となります。

ANAマイルをソラチカカード×ポイントサイトで高レートで一気に貯める方法

まとめ:一度は乗りたかったファーストクラス

正直、ファーストクラスは庶民の自分にとってはオーバースペック過ぎて逆に疲れるフライトとなりましたが、一度体験することでどのような空間かを知ることができてよかったです。

また東京-ニューヨークと王道のルートで乗ることができて本当によかったです。すぐにはいいですが、また数年後にはANAではなくJALのファーストクラスでニューヨークに行って比較してみたいですね。

JALのマイルも貯めなければ…!

また今回のファーストクラスは動画にもしています。動画のほうがより臨場感があると思うので是非チェックしてください〜!

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. あいちゃん says:

    おのださん、はじめまして。
    あいちゃん(オジサンです[笑])ともうします。

    JGC修行・SFC修行についていろいろ調べているうちに、おのださんのYouTubeチャンネルを発見、楽しく閲覧させていただき、大変参考になります。

    実は小生もいい年ですが、来年早々からSFC修行で春には解脱予定で、すでにすべての行程を予約済みです。当然OKA-SINも入っています。レグ数を少なくして解脱したい&楽をしたいので、国内は基本的にプレミアムクラス、OKA-SINはさすがにプレエコ、福岡発のシンガポール航空は787-10就航記念のビジネスクラス。すべて発券済みです。あとは乗るだけ。

    ANAのマイルは楽天ポイントから移行ができること、楽天ポイントは10倍ポイントの時などでも期間限定ポイントのことが少なくて、ほとんどがANAマイルに移行できるので、10倍ポイントを狙って買い物すると意外にたまります。

    また、当方は東京ガス(with 電力)でパッチョポイントをTポイントに移行できること、ANAゴールドカード(VISA)のポイントも結構たまりが早いので、頑張ってファーストクラスに乗れるように夢見ています(笑)。

    これからも楽しみにしております。
    頑張ってください。

  2. チーボー says:

    素敵なブログありがとうございます。

    海外旅行大好きです。なかなか行けないので色んなアップ楽しみにしています❗

  3. 匿名 says:

    あの件があったので心配しましたが、ANAのファーストに乗って誕生日を祝ってもらえてよかったですね!

  4. Matty says:

    おのださん

    いつも楽しく拝見させて頂いております。

    ANAファースト経験者から、今後の参考になればとの思いで一つだけ助言…
    ファーストクラスの食事は融通がきくので最初は洋食を選択して到着前の食事を最初にサーブされる和食懐石をオーダーすることも可能です。
    当然ながら、他の客のミール選択にもよりますが。
    CAと話しながらミール選択状況の情報を得るのも一つです。

    ご参考にまでに。

    • おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber) says:

      ありがとうございます!それができてしまうのですね!恥ずかしがらずに色々と聞いてみるのも大事ですね。ありがとうございます!

  5. ドリームライナー says:

    さすが日系の航空会社のファーストクラス、サービスがすごくいいですね!
    画像で見た感じでは、ビジネスよりもかなり広いですね!!
    またファーストクラスに乗る機会がありましたら、レビューお願いします!!

  6. ミラー智美 says:

    LAX-NRTのANAのビジネス搭乗記録のビデオをYouTubeで見せていただきました。 1時間15分のビデオ、最後までしっかり見せていただきました。 本当に参考になりました、ありがとうございます。 そのビデオに対してコメントを残したかったのですが、見つからなかった。 

    私も今年の11月にLAX-NRT-ITM-HND-LAXの里帰りをしますが(実家は高槻市)、一生懸命マイレージを貯めて(ANAクレジットカードを使って)、今回人生初のビジネスクラス往復です。 そこで質問させていただきたいのですが、成田到着後、伊丹への便への乗り換えで、荷物はどうされましたか? 機内預けでしょうか、それとも快速宅急便を利用されたのでしょうか? ANAを使って次の国内線等着地へ行く乗客にのみ、1個1000円で自宅まで荷物を送ってくれるなんて聞いたのですが、その手続きって簡単なのかな?と思って。 

    私は去年暮れに頚椎の手術を受けたので、今は歩くことができますが、まだ歩行器を使っているので、荷物の事がやや心配です。 でも、今回の里帰りのために、ゆったり座席で帰れるよう、一生懸命マイレージを貯めました。 ちなみに自宅はニューメキシコ州のアルバカーキー市なので、ABQ-LAXの往復がまだ待っています。 SFO体とKIXまでの直行便がありますが、Unitedが好きではないので、もっぱらANAです。 いつも詳しいレポート、感謝します。

    • おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber) says:

      ありがとうございます!里帰り楽しみですね。
      NRT-ITMもANAであればもちろん無料で成田空港で荷物は預けて伊丹まで運んでくれますよ。面倒であれば宅急便で送ることも到着ロビーで可能です。申し訳ないですが1000円で送れるかはしりません。
      ビジネスクラス楽しんで下さい!!

      • ミラー智美 says:

        早速のお返事、ありがとうございました。 ANAの国際線でANAの国際線に乗り継ぐ乗客にだけ与えられた特権で、乗り継ぎ基点の空港(成田・羽田・関空)から、荷物を一緒に到着空港まで乗せて、そのあとは乗客が荷物を引き上げる出なく、業者がそこから(私の場合伊丹から)自宅まで運んでくれるサービスです。
        https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/prepare/baggage/delivery/

        羽田経由の場合、早朝到着ですから、その日のうちに自宅まで送ってくれますが、成田だと夕方になるため、翌日配送になります。 ただ、今回はビジネスとあり、スーツケースが1個32kgまでOKで(エコノミーは23kg)、でも宅配便の上限は23kgなので、預ける時点で2個のスーツケースを3つに分けないといけないのが面倒です。 快速宅空便は、3個まで1個につき1000円で受け付けてくれますから、伊丹到着後は手ぶらで帰宅になるので、腰に障害を持つ私には、この上ない嬉しい事です。 成田到着が3時半、伊丹への飛行機が6時半、3時間あるので、ANA到着ラウンジでシャワーを使えるのか、そんな余裕があるのか?って、そんな事、今から考えても仕方ないのに(笑) 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントは承認制なので反映されるまで時間が掛かります。

Back to Top ↑