free web hit counter

初心者でもわかるANAマイルのルール、お得な貯め方、使い方まとめ

公開日: 2018年 01月 06日
更新日: 2018年 07月 08日


ANAマイルを貯めていたけど知らないうちに失効していた!なんて経験はないでしょうか?

自分も飛行機に乗らないときはよくマイルを失効させていましたが、非常にもったいないです。このページではANAマイレージクラブのルールを公式サイトよりもわかりやすく説明します。

ANAのマイルを貯めている人や、これから貯めようと考えている人は是非、参考にして下さい。

※ANAマイルは正式にはANAマイレージクラブ(AMC)という名前ですが、この記事ではわかりやすく紹介するためANAマイルとしています。


ANAマイルのルール

ここではANAマイルについてのルールについて紹介します。

ANAマイルの有効期間は3年。延長は不可

ANAマイルの有効期間は3年です。マイレージクラブによっては有効期間までに1マイルでも増減すれば延長とできるのですが、ANAのマイルはいくらマイルが増減しても3年前に取得したマイルは随時消滅していきます。

なのでマイルを貯めることも重要ですが、それよりも定期的に使っていくことも非常に重要です。あとで少ないマイルでもマイルを消化する方法を紹介していますのでそちらもチェックしてみて下さい。

マイルは家族・他人のフライトで貯めることができない

マイルは自分が乗ったフライトでしか貯めることができません。ただマイルはANAカードを各自持つなどの条件を満たせばシェアすることが可能です。

私も妻また両親とマイルをシェアして貯めたり、使ったりしています。

おすすめするANAマイルの使い方・消化の仕方

ここでは私、個人がおすすめするANAのマイルの使い方を紹介します。

ANAのマイルは特典航空券(無料の航空券)に交換すると一番お得!!

最近だとマイルは特典航空券だけでなく楽天スーパーポイントなど他のポイントに交換もできるよにないっていますが、基本的には従来の主である特典航空券に交換する方法が1マイルあたりの価値を最大限に高めることができるのでお得です。

なのでANAマイルを貯めるからには特典航空券に交換することを目指して貯めていきましょう。

ANAマイルでお得に航空券を手配する裏ワザを紹介!本当は誰にも教えたくない!

ANAの特典航空券の予約の仕方やお得な検索方法については上記のページで紹介をしています。

ANAマイルはANA SKY コインに交換して有償航空券にすることもできる


ANAのマイルは冒頭にもお伝えしたとおり、有効期間は3年となります。なので3年後には確実に使わないとなくなってしまいます。

ANA国内線をマイル予約しようとしても最低でも5,000マイルは必要となるので、それを達成できない人におすすめしたいのが、ANAマイルをANA SKY コインに交換する手段です。

スカイコインは、ANAで1マイル=1コインに交換することができます。
※交換するマイルが多かったりANAカードを持っていると交換率が1マイル=1.2~1.7コインに交換することもできます。

1コインはANA公式サイト内で1円として利用できます。このコインには有効期間はないのでマイルを失効させるくらいならコインにしたほうがお得です。


国内線でかなり先の予約であれば新幹線よりも安い航空券もありますので、有効にコインも利用できます。

またANAスカイコインで乗ったフライトはお金を払って買った航空券と同じなのでマイルや上級会員になるためのポイントであるプレミアムポイントも貯めることができます。

なのでマイルをスカイコインに変えて、ANAのSFCなどの上級会員を目指す人も結構います。

ANAのマイルを効率よく貯める方法は?

ANAのマイルはANAに乗ったり、ANAカードで決済する以外にも様々な方法でマイルを貯めることができます。

特に方法③のポイントサイトを活用した貯め方は一気に毎月18,000マイル貯めることができるので多くの陸マイラー(マイルを日常生活で貯めている人)が実践している方法です。

方法①:ANAまたはスターアライアンス系の航空会社に乗ってANAマイルを貯める

ANAのマイルはANAに乗る以外にもスターアライアンス系の航空会社に乗ると貯めることができます。


上記がスターアライアンス・グループで有名なところだと、タイ航空、ユナイテッド航空、中国国際航空、エアカナダ、エバー航空、シンガポール航空などがあります。

マイルってどうやって貯めるの?超初心者が実践したい”おすすめ”するマイルの貯め方

ただし航空券のクラスが低いとマイル積算率が0%のこともあります。

航空券のクラスを買う前に知る方法、そもそも航空券のクラスって何?

方法②:ANAカードまたはANAのマイルを貯めれるカードで買い物をする


ANAカードを持っていてもANAマイルは当然貯めることができます。

条件の良い、ANAワイドカードだと100円の買い物につき1マイル貯めることができます。仮に年間100万円を決済した場合だと1万マイルも貯めれますので往復国内航空券も狙えます。


またAMEXカード(デルタAMEX除く)などの連携クレジットカードでもANAのマイルを交換することができます。

方法③:ポイントサイトを活用してマイルを一気に貯める


ANAのマイルはハピタスなどとポイントサイトとソラチカカード&三井住友カードを利用すれば、実質的に大量に手に入れることが可能です。

これの良いところは沢山の飛行機乗ったり、大量の買い物をしなくても一気に毎月最大18,000マイルまで獲得することができる点です。

ポイントサイトのポイントは、クレジットカード発行、証券口座開設、楽天市場などで買い物、外食モニターの実施などでポイントを貯めることができ、決して最大である毎月18,000マイルを狙うのは難しくはありません。

ANAマイルをソラチカカード×ポイントサイトで高レートで一気に貯める方法

詳しくは上記ページに書いていますので是非とも実践してみてください。

まとめ:ANAマイルを貯めてお得に飛行機に乗ろう!!

ANAのマイルについてわかっていただけましたでしょうか?

是非ともわからない点があればコメントいただければ、できるだけ回答しますのでいっていただければと思います。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントは承認制なので反映されるまで時間が掛かります。

Back to Top ↑