free web hit counter

ここは海外?!ラディソンホテル成田に上級会員として宿泊してみた

公開日: 2019年 09月 14日
更新日: 2019年 09月 11日

2018年12月ラディソンホテル成田に宿泊しましたので紹介します。

ラディソングループはアメリカ資本でマリオットヒルトンなど色々な国に展開しているホテルグループです。クラブ・カールソンという会員制度があり、日本だと唯一、成田にラディソンホテルがあります。

宿泊費:約12000円
予約時の部屋タイプ:ダブルベッド、禁煙、スタンダードルーム
※公式サイトからの予約

ここ成田のラディソンホテルには、外資系のCAさんが多く泊まるようです。成田空港から無料のシャトルバスが出ているので、成田空港から約20分で簡単に来ることができます。

私はアメックスのプラチナカードを持っているので、ラディソンのゴールド会員となっており、どのような特典を受けれるかも調査を兼ねて泊まってみました。


成田空港からは無料のシャトルバスで

成田空港から無料シャトルバスに乗り、ホテルまで行くことができます。

時刻表は看板に書いてあります。

ホテル日航成田と同様、33番のバス乗り場から行くことができます。

バスはこのような大型のバスです。

ラディソンホテルと書いてあるので、わかりやすいと思います。

車内にこのような張り紙がありました。

客室乗務員向けのヨガ教室が500円で受けられるようです。一般の方が受けられるかはわからないのですが、さすがCAさんが多く泊まるホテルですね。

意外と距離があり20分程度掛かりました。

ラディソンホテル成田に到着、チェックイン

ホテルのエントランスです。

入り口からすでに外国の方が多くいて、私が見た感じですとこの日はデルタ航空の客室乗務員の方々がいました。

チェックインはもちろん日本語でできますが、さすが外国の方々の宿泊が多いだけあって、スタッフは英語で対応していました。

ラディソンホテル成田の部屋を紹介

今回のお部屋は902です。入り口の扉には「902ビジネスクラス」と書いてありました。

チェックインの時には部屋のアップグレードについて何も言われなかったのですが、隣の901の扉にはビジネスクラスと書いてなかったので、アップグレードされているようです。

全体的に落ち着いたトーンの色や家具でまとめられています。

作業のできるデスクや、一人用のソファーもありました。

机の上にはちょっとしたおつまみが用意されていました。

このような心遣いは嬉しいですね。

水やネスプレッソの用意もありました。

浴室はこのようなシンプルな作りです。

ユニットバスですが、バスタブもありゆっくりすることができそうです。

ゴールド会員の特典の「ウェルカムアメニティ」で、アメニティが約2倍用意されていました。

ブランドはリチュアルズ(Ritualus Cosmetics)という日本未上陸のオランダ生まれのオーガニックコスメが使われていました。

クローゼットにはバスローブもありましたが、日本ならではの浴衣も用意されていました。

ラディソンホテル成田ゴールド会員のステータスは?

・ウェルカムアメニティ
部屋のアメニティが多く用意されていました。

・チェックアウト時間の延長(当日の状況による)
今回は朝の出発だったので頼みませんでした。

・お部屋のアップグレード(当日の状況による)
スタンダードルームからビジネスクラスルームになっていました。

・ホテル内の食事、飲み物の15%オフ
夕食と朝食で使用しました。

・15%の追加ボーナス

・インターネット無料

・美顔器やポータブルヒーターなどの貸し出し

・無料プレスサービス(2枚まで)

となっています。

また、ウェルカムドリンクとドリンクを1杯買うと3杯目が無料になる券をいただきました。

今回はフライトがあり朝が忙しかったので、ルームサービスを頼みました。

ここでも15%オフを使用することができ、約1200円で十分に食事をすることができました。

ホテルの施設案内です。

夕飯はホテルのレストランでいただきました。ブッフェになっていて、そこでも3200円のディナーを15%オフで食べることができました。

バーのメニューです。

雰囲気がやはり外資系な感じがして、日本にいるのに、海外にいるような雰囲気が感じられました。

まとめ:日本に居ながら、海外のような雰囲気を感じられるラディソンホテル成田

日本なのでもちろん日本語は通じるのですが、外資系の客室乗務員の方や海外の方が多く、英語も飛び交い、海外を感じる不思議な感じがしました。

部屋もきれいに清掃がなされていて、気持ち良く過ごすことができました。

ただ成田空港周辺のホテルは12,000円も払わなくても成田レストハウスなど1泊5,000〜10,000円でも充分に快適に泊まれるところも多いので、割高感は否めないかもしれないです。

ただ日本でも海外な雰囲気を味わいたい人がいるのであれば、おすすめです。

The following two tabs change content below.

アバター

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑