free web hit counter

AMEXスカイトラベラーカードの特典は?正直おすすめしない理由🤔

公開日: 2019年 06月 10日
更新日: 2019年 06月 10日

飛行機に乗る機会が増えてきてマイルを貯めようと考える中で、AMEXスカイトラベラーカードを申し込むか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

AMEXスカイトラベラーカードは年会費10,000円(税別)のアメリカン・エクスプレス プロパーカードです。

結論から言ってしまうと、私はAMEXスカイトラベラーカードをあまりおすすめしません。

AMEXスカイトラベラーカードには、指定航空会社の公式サイトで航空券を購入するとポイント3倍になるという大きな特典がありますが、よく考えてみると公式サイトで航空券を購入する機会ってそこまで多くない気がしませんか?

私が正直おすすめしない理由や特典の内容、マイル還元率について詳しく説明していきますので、申し込むかどうかの判断材料にしていただければ幸いです。


AMEXスカイトラベラーカードは航空会社公式サイトで頻繁に航空券を買うならお得だけど…

AMEXスカイトラベラーカードの目玉特典として、対象航空会社・旅行代理店の公式サイトで航空券を購入するとポイントが3倍になるというものがあります。

100円で3ポイント貯まるクレジットカードはなかなかありませんのでとてもお得に感じますね。

しかし、ボーナスポイント獲得の条件はあくまで「対象航空会社・旅行代理店の公式サイトで航空券を購入」です。

あなたは過去1年間いくらほど航空会社の公式サイトで航空券を買いましたか?代理店もほとんど対応していません。

昨今、SurpriceExpediaなど公式よりも安くチケットを購入できるサイトはいくつもありますので、私自身も航空会社のサイトで購入することは少ないです。

Surprice!(サプライス)のキャンペーン・クーポンまとめ

エクスペディアのクーポン(8~10%)情報まとめ

ポイント3倍ボーナスは魅力的ですが、ポイント獲得のために高い航空券を購入していては本末転倒ですので、普段使いでも高還元率1.25%のSPGアメックスや年会費7,000円(税別)のANA AMEXカードをおすすめしています!

AMEXスカイトラベラーカードの還元率は100円=1ポイント=0.8〜1マイル

AMEXスカイトラベラーカードのポイント還元率は1%(100円=1ポイント)です。携帯電話料金や公共料金の支払いでもポイントは貯まります。また、ポイントに有効期限はありません。

ポイントの使い方は、航空会社・指定旅行代理店の支払いやカード利用料金の支払いもありますが、マイルに交換するのが最もお得です。

AMEXスカイトラベラーカードのマイル還元率は0.8〜1%です。

ANAマイルに移行:1,000ポイント=1,000マイル(年間40,000ポイントまで)
提携航空パートナーのマイルに移行:1,250ポイント=1000マイル

※上記還元率でポイントをマイルに交換するにはポイントアップグレードプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」への加入が必要です。

AMEXポイントのおすすめマイル交換先は?メンバーシップ・リワードを初心者向けに解説

AMEXスカイトラベラーカードの特典まとめ

AMEXスカイトラベラーカードの代表的な特典6つをご紹介します。

  1. 対象航空会社・旅行代理店公式サイトから航空券購入でポイント3倍ボーナス
  2. 入会・継続でボーナスポイント獲得
  3. 空港ラウンジは同伴者1名も無料で利用できる
  4. 海外旅行傷害保険は利用付帯
  5. 空港から自宅まで手荷物を無料で宅配
  6. 飛行機の遅延による臨時出費も補償

対象航空会社・旅行代理店公式サイトから航空券購入でポイント3倍ボーナス

AMEXスカイトラベラーカードで対象航空会社の航空券を公式サイトから直接購入するとポイントが3倍になります。

対象航空会社はJAL・ANAをはじめとする27社です。(2018年11月現在)

また、指定旅行代理店(日本旅行・アップルワールド)で航空券やホテル、パッケージツアーを購入した場合も3倍ボーナスの対象になります。

ANAやJALはもちろんほとんどの大手航空会社は対応しています。

ただし、無制限に3倍ボーナスがもらえるわけではなく、年間(1月〜12月)60,000ポイントが上限となります。年間カード利用額が200万円を超えるような方は注意が必要です。

入会・継続でボーナスポイント獲得

AMEXスカイトラベラーカードは、入会するだけでボーナスポイントとして3,000ポイント獲得できます。また、入会から1年以内に対象航空会社・旅行代理店で航空券や旅行商品を購入した場合は初回に限り5,000ボーナスポイントをゲットできます。


また紹介経由だと7,000ポイントとなりますので、7万円以上を利用するという条件付きとなりますが、達成できるのであればこちらのほうがお得です。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを紹介経由で申し込みする

さらに、毎年の継続で1,000ボーナスポイントを受け取れますので、毎年年会費を払っていれば1000マイル(ANAマイルの場合)貯めることが可能です。

空港ラウンジは同伴者1名も無料で利用できる

AMEXスカイトラベラーカードの会員と同伴者1名まで無料で空港ラウンジを利用することができます。

国内28ヶ所とハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港が対象です。

空港ラウンジに関しては、プライオリティパスの方が利用できるラウンジが圧倒的に多いです。プライオリティパスをお得に持ちたい方には楽天プレミアムカードがおすすめ!

楽天プレミアムカードがお得!無制限プライオリティパスが無料に!

海外旅行傷害保険は利用付帯なので要注意

AMEXスカイトラベラーカードの海外旅行傷害保険は利用付帯となりますので、保険適応のためには国際線航空券やツアー代金をカードで支払っている必要があります。

傷害死亡・後遺障害保険金は最高3,000万円です。

自動付帯ではありませんので、サブカードとして持つことを考えている方は気をつけて下さい。そもそもAMEXスカイトラベラーカードは、航空券や旅行商品を購入することにメリットがあるカードなので、飛行機での出張が多いビジネスマンを除けば、サブカードとして使うのはおすすめしないです。

空港から自宅まで手荷物を無料で宅配


帰国時のみ空港から自宅までカード会員1人につきスーツケース1個を宅配してくれるサービスが付きます。ただし、対象空港は成田国際空港・関西国際空港・中部国際空港の3空港だけになります。

飛行機の遅延による臨時出費も補償

飛行機の遅延や欠航で空港ホテルに宿泊した場合などに、宿泊代やその期間の食事代を補償してくれるサービスがあります。

また、手荷物の到着遅延や紛失によって購入せざるを得なかった生活必需品の代金もアメックスが補償してくれます。

飛行機が4時間遅れ!!海外旅行保険の航空機遅延費用を請求してみたので手順と感想を紹介

まとめ:AMEXスカイトラベラーカードは航空券代を経費精算できる出張族には有効なクレジットカード


ここまでAMEXスカイトラベラーカードの還元率や特典について解説してきましたが、クレジットカードマニアの私の意見としては正直おすすめできないクレジットカードです。

スカイトラベラー3倍ボーナスは魅力的に見えますが、対象航空会社・指定旅行代理店での購入に限られることを考えると、プライベートの旅行で年会費10,000円の元を取るのはなかなか難しいです。

公式より安い航空券予約サイトがある場合はそちらで購入した方が出費は抑えられますからね。

逆に、航空会社公式サイトで航空券を購入することが多く、会社の経費として精算できるビジネスマンの方は、AMEXスカイトラベラーカードで効率的にポイント・マイルを貯めることができます。

AMEXスカイトラベラーカードの発行を検討している方は、毎年いくら分航空会社公式サイトで航空券を購入しているのか一度確認してみてください!その金額で獲得できるポイントが年会費10,000円相当を上回っているかを一つの基準にすると良いでしょう。

ANAのSFC修行やJALのJGC修行をしている人であれば1年限定などで持つのもありかもしれないです。すくなくてもYouTubeでAMEXスカイトラベラーカードについて紹介をしたところ、愛用されており満足されてる方も何人かいらっしゃったので、今回の記事はあくまでも個人的なご意見としてお受け取りください。

個人的にはスカイトラベラーカードよりもSPGアメックスカードや年会費が安いANA AMEXカードがおすすめです。

SPG AMEXはマリオットのゴールドになれる神カード!!入会キャンペーンも実施!!

ANA AMEXゴールドのキャンペーン・特典まとめ

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑