free web hit counter

ANA AMEXプレミアム・カードの特典、還元率、入会キャンペーンを紹介!!年15万円の価値あり?

公開日: 2019年 01月 28日
更新日: 2019年 02月 15日

ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは年会費15万円もするAMEXカードです。

ANA アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード

私はこのクレジットカードを持っておらず、誰でも申し込みのできるクレジットカードなのですが、公式ホームページにも細かい特典などが掲載されていないクレジットカードです。

私も若干、謎に包まれた高級クレジットカードなのですが、今回はこのANA AMEXプレミアムカードを持っている友人よりパンフレットの写真を送ってもらい詳細な特典の内容を確認することができたので紹介をしたいと思います。

ちなみに年会費だけでいうと年会費15万円(税別)で、私も持っているアメックス・プラチナの13万円(税別)よりも高いクレジットカードです。

アメックス・プラチナの特典、申込方法は?まとめてホテルの上級会員になれる神カード

なのでアメックス・プラチナよりも良い特典を期待したいのですが、どうでしょうか?


ANA AMEXプレミアムカードの還元率は100円決済で1マイル


ANA AMEXプレミアムカードの還元率は100円につき1マイルです。

実は年会費15万円になっても還元率は年会費7,000円のANAアメリカン ・エキスプレス ・カードと変わりません。なので還元率では特別、優遇されることはないようです。


ANA関連の決済であればポイント付与が2.5倍となります。

ANA AMEXプレミアムカードの特典は?

ここではANA AMEXプレミアムカードの主な特典をピックアップして紹介します。

国内線だとANAラウンジが利用できる


さすがに年会費15万円もするANAカードだとANAラウンジは国内線だと入ることが許されます。

ANAの国内線ラウンジ(ANAラウンジ)ってどんな感じなの?潜入してきたのでレビューします

但し国際線は使うことができず国内線のラウンジはそこまで充実もしていません。またプレミアムチェックインカウンターの利用や優先搭乗はできないので、スーパーフライヤーズカード(SFC)に比べるとかなり劣ります。

ANAのスーパーフライヤーズカード(SFC)は生涯スターアライアンスゴールド!初心者向けに解説

ただ家族カードでももちろん入ることができますし、他にANAのステータス無しでANAラウンジに入れるクレジットカードはプレミアムカード以外だとありませんので、さすが年会費15万円のクレジットカードです。

国際線だとビジネスクラスの専用カウンターが利用できる

国際線だとANAのビジネスクラスのチェックインカウンターもエコノミークラスのときでも利用することができます。但しANA便を利用するときに限ります。

この特典はゴールドカードにもついています。

プライオリティパス


プライオリティパスもついてきます。またこのプライオリティパスで本人+同伴者1名まで無料となります。

アメックス・プラチナと同じタイプの良いプライオリティパスです。家族カードでも無料で発行できます。

国内カードラウンジに本人+1名利用可

日本全国の空港にあるカードラウンジにも本人+同伴者1名まで利用できます。家族カードでに同じ条件です。

これであればJALやLCCでも利用できます。

更新ごとに毎年10,000マイル付与


年会費15万円ですが、毎年継続をすると10,000マイルが付与されます。1マイルたり2〜3円の価値はあるので実質的に年会費は12〜13万円ということもできますね。

搭乗ボーナスマイル50%付与

ANAやスターアライアンスを利用するときにボーナスマイルとして50%アップで付与されます。

海外旅行保険


海外旅行保険も当然ついており、飛行機遅延費用補償もついています。

空港⇔自宅の手荷物を2個まで配送無料


空港手荷物も羽田空港、成田空港、関西空港、中部国際空港セントレアで国際線を無料で2個まで自宅まで送ることができます。

逆に空港に送ることもできます。

プレミアムサービスデスク(コンシェルジュ)が利用可

さすがに年会費15万円のクレジットカードだとさすがにコンシェルジュサービスもあります。これでレストランの手配、航空券の手配など様々なことを利用することができます。

個人的には海外のレストランを日本語で予約できるのが嬉しいですね!!

家族カードを無料4枚まで発行可

ANA AMEXプレミアム・カードは家族カードを4枚まで無料で発行することが可能となっています。なので本人のクレジットカードを含めると合計5枚です。

家族カードでも本会員とほぼ同様の特典を受けることができるで家族で使い倒せば意外と安くつきます。またアメックスは他のクレジットカード会社と異なり、家族カードは兄弟などであっても発行できるのが特徴です。

なので両親、兄弟などにも家族カードを発行してあげて、ANAラウンジを使ってもらう…などすることもできます。

ANA AMEXプレミアムカードにはホテル上級会員の特典はなし


ANA AMEXカードにはアメックス・プラチナと似たような特典も多いのですが、アメックス・プラチナの目玉特典であるマリオット・SPGのゴールドエリート、ヒルトンのゴールドなどホテルの上級会員になる特典はついていません。

もしこの特典がほしいのであればアメックス・プラチナを選ぶしかありません。

ANA AMEXスーパーフライヤーズ・プレミアム・カード(SFC)もあり!!


ANA AMEXスーパーフライヤーズ・プレミアム・カード(SFC)も用意されています。年会費は162,000円(税込)なのでSFCになっても年会費は変わらずです。

修行僧って何?!実際に航空会社の上級会員になるため修行を始めた僕が紹介

このクレジットカードは誰でも発行することはできずに修行などをして過去にスーパーフライヤーズに加入する条件を満たした人のみ加入できます。

ANA AMEXプレミアム・カードは先程もお伝えしたとおり家族カードを兄弟でも発行できるので兄弟にもSFC(スターアライアンス・ゴールド)の資格を与えることができます。

他のダイナース、JCB、VISA/MastrCardのスーパーフライヤーズカードは両親までしか家族カードが発行できないので、もし兄弟にも資格を与えたという人がいるのであれば、おすすめです。

入会キャンペーンで最大90,000マイルが貰える!!


ANA AMEXプレミアム・カードを今、申し込みすると今なら最大90,000マイルを獲得することができます。マイルは2〜3マイルの価値があるので初年度だけであれば元が取れるとも考えることができます。

ANA アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードの入会キャンペーン


3ヶ月以内に150万円、更にANA公式でも最大21,000マイルを獲得する条件を満たせば最大である90,000マイルを獲得できます。

この90,000マイルのうち15,000マイルは通常決済(150万円決済)で貰えるマイルのため、ボーナス分は75,000マイルとなります。

まとめ:ANA AMEXプレミアム・カードはそこまでメリットなし

正直、ANA AMEXプレミアム・カードは年会費15万円まで払って持つべきクレジットカードではないと個人的には思います。

還元率を求めるのであればAMEXよりも使えるANA VISA プラチナが100円決済で1.5〜1.9マイル還元となり条件もよく、ANAカードではないアメックスプラチナのほうが年会費も安くてホテル特典もあり豪華です。

国内線のANAラウンジに入ることはできますが、それであれば年会費分を足しにして頑張って修行してSFC会員となるほうがメリット大です。

ただ唯一、ANA AMEXスーパーフライヤーズ・プレミアム・カード(SFC)だと兄弟などでも家族カード発行でSFC会員とできるのは良いですね。

もしあなたがSFC会員で兄弟で旅行好きがいるのであればおすすめです。私もSFCで、姉がおり姉夫婦も頻繁に海外に行っているので実は検討しているクレジットカードです。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. bittercup says:

    ANAアメックスの入会キャンペーンはどうですか?
    年会費7,000円+ポイント移行参加費6,000円で、3ヶ月間の利用で合計40,000マイル獲得できるとか?
    メリット・デメリット教えてください。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントは承認制なので反映されるまで時間が掛かります。

Back to Top ↑