free web hit counter

ANAダイナース プレミアムカードは100円決済で2マイル貯めれる最強クレジットカード

公開日: 2018年 06月 13日
更新日: 2018年 08月 10日


ANAダイナース プレミアムカードという伝説のクレジットカードをご存知でしょうか?

ANAダイナース プレミアムカードは年会費155,000円(税別)と超高額クレジットカードとなりますが、ANAのマイルを100円の決済につき2マイル貯めることのできる超高還元率なクレジットカードです。

このクレジットカードは誰もが申し込みはできずインビテーション(招待)制となっています。私も現状持ってはいないのですが、いつかは持ちたいクレジットカードです。

今回はANAダイナース プレミアムカードにつて紹介します。


ANAダイナース プレミアムカードの年会費は155,000円(税別)

年会費(税込)
カードの年会費 167,400円
ダイナースグローバルマイレージ 不要
合計 167,400円

ANAダイナース プレミアムカードは冒頭でもお伝えしたとおり、年会費は155,000円(税別)で税込みだと16,7400円となります。年会費が無料のクレジットカードがある昨今では考えられないほどの金額となります。

また新規入会時、カードの年会費を支払うタイミングで10,000マイルが付与されます。

ただ当然、高い年会費なので特典も多いです。

ANAダイナース プレミアムカードは100円決済で2マイル貯めれる!!


ANAダイナース プレミアムカードの特徴はなんといっても100円の決済につきANAマイルを2マイルを貯めることのできる他にはない超還元率なクレジットカードとなります。

SPG AMEXカードでも100円決済で1.25マイル、ANAカードの10マイルコースでも100円決済で1.00マイルです。

もし月に50万円、100万円など決済している人がいるのであれば、今すぐにでもANAダイナース プレミアムカードの入会に挑戦をしてみたほうが良いでしょう。

※リボ払いで100円で3マイルもできていたのですが、2018年7月以降はリボ払いでも還元率は同じとなり、100円2マイルです。それでも現状としは高還元率なクレジットカードです。

ANAマイルでお得に航空券を手配する裏ワザを紹介!本当は誰にも教えたくない!

ANAのマイルは他の航空会社に比べて特典の予約の仕方によっては非常にお得で、ビジネスクラスやファーストクラスもお得に乗れますし、韓国旅行に追加マイル無しで石垣旅行や北海道旅行がつけれたりします。

北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力、札幌市水道局、水戸市水道部、東京都水道局、武蔵野市水道料金等、甲府市上下水道局、横浜市水道局、浜松市上下水道部、桑名市水道料金等、京都市上下水道料金、大阪市水道局、尼崎市水道局、神戸市水道局、丸亀市水道部、丸亀市建設水道部、福岡市水道局、長崎市上下水道局、北海道ガス、仙台市ガス局、東彩ガス、東京ガス、東邦ガス、大阪ガス、大阪ガスLPG、日本海ガス、鳥取ガス、鳥取ガス産業、岡山ガス、広島ガス、四国ガス、西部ガス、九州ガス、国税、都道府県・市町村取扱いの各種税金、ヤフー公金支払い、さとふる、NHK受信料(日本放送協会)、国民年金保険料

ただし上記の大手公共料金、国民年金、都道府県・市町村取扱いの各種税金(住民税、固定資産税など)、国税(所得税、法人税など)は200円につき1マイルと4分の1の還元率になります。また税金関係は10,000円あたり66~82円などの手数料が徴収されます。

なので銀行振込をするよちは、ちょっとお得な程度となります。それでもマイルは直接、買うことはできないので法人税を毎年一気に払っているような人でいればマイルを一気に貯めれる良いチャンスとなります。

Edyチャージ、JR東日本モバイルSuica、キャッシングサービス、ローン、年会費、各種オプショナルサービスの参加料

また上記の決済についてはポイント付与対象外です。

ANAダイナース プレミアムカードに加入する条件は?


ANAダイナース プレミアムカードに加入する方法は、一般的にはプレミアムではないANAダイナースクラブカードをまず加入して、ひたすら実績を積み、インビテーションが届くのを待つだけです。

このANAダイナースカードは年会費27,000円で100円につき1マイルとなります。それでも還元率はそれなりに良いので、ANAダイナース プレミアムカードに加入するためにANAダイナースカードで実績を積むようにしましょう。

ビジネスカードも+2,000円で経費決済専用カードが手に入る


ダイナースは追加カードとして年間2,000円でビジネス経費を決済できるクレジットカードを用意してくれます。

なのでこれで会社や個人事業の経費を決済してメインカードと同様に100円あたり2マイルでANAマイルを貯めることができます。なのでもし会社の経費で月100万円を決済すると、24万マイル貯めれることになります。

アメックスだとこういった経費決済専用カードはなく、ビジネス用のクレジットカードを別に用意しなければならず年会費も2倍掛かり、審査もあり面倒なのですがダイナースは、+2,000円だけでOKです。

なのでもし会社経営や個人事業主をしている人がいれば強くおすすめをしたいクレジットカードです。

ANAダイナース プレミアムカードはその他特典も盛りだくさん

さすがに年会費155,000円(税別)と超高額なだけあって還元率以外の特典もついてきます。

以下で紹介する特典はあくまでも一部で私が特に良い!と思っている特典です。

ANAダイナース プレミアムカードを持っているだけでANAラウンジ(国内線)が使える


さすが年会費155,000円(税別)だけあって、このクレジットカードを持っているだけでANAを利用するとき、ANAラウンジ(国内線)を利用することができます。家族会員は不可で本会員のみアクセス可能です。

どんなにステータスが高いクレジットカードであっても、航空会社とくにANAやJALと日系エアラインのラウンジアクセス権はついておらずカードラウンジだけとなりますが、さすがにANAダイナース プレミアムカードだとANAラウンジに入ることが認められます。

ただし国内線のみで国際線は不可となり、国際線はビジネスクラス以上またはエコノミークラス利用時はスーパーフライヤーズカード会員(SFC)などの上級会員に限られます。

家族カードも無制限で無料

通常のANAダイナースクラブカードだと家族カードは年6,000円で利用することができますが、ANAダイナース プレミアムカードだと無制限で無料となります。

なので家族で使い倒すとお得です。家族カードだとANAラウンジにアクセスはできませんが、他に関してはほぼ本会員と同じようなサービスを受けることができます。

またダイナースクラブカードは兄弟の家族カードは発行できませんが、別居している両親、子供に対して家族カード発行することができます。

一家でマイルを一気に貯めて家族でハワイ旅行なんてことも可能です。

コンシェルジュサービスも使える

ANAダイナース プレミアムカードはコンシェルジュサービスもついています。プレミアムではないANAダイナースクラブカードにはついていないサービスです。

世界の空港のラウンジに無料で入ることができる。プライオリティパスも貰える


ダイナースクラブカードを提示すれば、プライオリティパスとほぼ同等の世界のラウンジに入ることができます。

またダイナース プレミアムカードはプライオリティパスを貰うこともできるので、これを利用してラウンジにはいることも可能となります。

国内の指定のレストランが2名利用で1名無料に


指定のレストランが2名以上の予約で1名分無料となるサービスもあります。

これはプレミアムではないダイナースクラブカードにもついています。

ANAダイナーススーパーフライヤーズ(SFC) プレミアムカードも存在する


もしあなたがANAのスーパーフライヤーズ会員(SFC)または加入の資格があるプラチナメンバーであれば、ANAダイナース プレミアムカードではなく、ANAダイナーススーパーフライヤーズ(SFC) プレミアムカードを発行することもできます。

ANAのスーパーフライヤーズカード(SFC)は生涯スターアライアンスゴールド!初心者向けに解説

年会費もANAダイナース プレミアムカードもと同じです。これさえ発行しておけば本人かつ家族カード保有者も半永久的にANAの国内外のラウンジ、優先搭乗などを利用することができます。

ぜひともSFCではない人は修行をしてプラチナメンバーを目指してみると良いでしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードと比較


アメックスには、ANAダイナース プレミアムカードと競合するクレジットカードがあります。それがANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードです。

ANAダイナース プレミアムカード ANA AMEXプレミアム・カード
年会費(税込・移行手数料含) 167,400円 162,000円
還元率 100円につき2.0マイル 100円につき1マイル
ラウンジ 世界のラウンジが無制限で利用可 プライオリティパス(無制限)配布
2名利用で1名無料のダイニング・サービス あり あり
ビジネスカード(税込) +2,160円 なし
コンシェルジュサービス

ただ上記をみていただければわかりますが、圧倒的にANAダイナース プレミアムカードが優秀です。やはり100円につき2マイルが大きすぎます。

またANAではない通常のアメックス・プラチナカードであればSPGゴールドヒルトン・ゴールド、シャングリラ・ジェイドの上級会員になる特典もついているのですが、ANA AMEXプレミアム・カードにはないようです。

アメックス・プラチナの特典、申込方法は?まとめてホテルの上級会員になれる神カード

もし「決済はそこまでしないけど、ステータスが高くてホテルの上級会員になりたい」という人がいれば、アメックス・プラチナカード本家がおすすめです。こちらも100円決済でANAマイルを1マイル貯めることができます。

マスターカードかVISAのサブカードも持ってこう


ダイナースクラブカードはアメックス同様に使えないお店やネットショップも多いのが事実です。

これは日本国内だけでなく海外でもです。なのでサブカードとして国内外でほとんど使えるVISAかマスターカードも1枚用意しておくことをおすすめします。

高還元率でメインカードにオススメな厳選クレジットカードまとめ。マイル系はお得!

サブカードなので年会費が安いカードでも良いかもしれないですが、過去に上記のような記事をつくりましたので、上記で紹介しているマスターカードかVISAのものを用意すると良いかもしれないです。

まとめ:ANAダイナース プレミアムカードは最強カード

ANAダイナース プレミアムカードはまさに最強カードです。

ANAマイルをソラチカカード×ポイントサイトで高レートで一気に貯める方法

ANAマイルはソラチカカードを使ってポイントサイトサイトを駆使すれば毎月18,000マイルを貯めれる仕組みを作ることもできますが手間が掛かります。このANAダイナース プレミアムカードでれば買い物をこのクレジットカードをするだけで貯めることができます。

もし普段の決済額が事業などをしており、かなりある場合は入会を目指してみると良いでしょう。自分もいつかはこのカードで高額決済できるような経営者になりたいです。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. ポリよ says:

    コメント失礼します。いつも動画を見ており、たまにブログにコメントするものです。
    私は現在、黒那須を持っているのですが、黒那須のポイント(ANAのマイルに変える)を使うために、SFCを取ろうと思い、年末ですが、来月に石垣、シドニータッチをします。エコノミーで30万越えの航空券なのでバカバカしいですが、一回で25000PPを取れる予定です。
    そこで、50000PP(SFC取得条件)を取るために、スターアライアンスで高PPの路線を教えて欲しいです。飛行機に全くならないので、知識が乏しいため、オノダさんの力を貸して欲しいです。ANAで25000PPは取れたので、残り25000PPをスターアライアンスで安く取りたいです。アドバイスお願いします。
    お忙しい中ですが、力を貸してください!

    • おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber) says:

      動画&ブログみていただきありがとうございます!
      黒那須お持ちなんですね!うらやましいです!!

      ぜひ、「中国国際航空 ビジネスクラス SFC修行」でググってみて下さい。自分はやってないですが、中国国際航空のビジネスクラスは一気にスタアラのプレミアムポイイントを貯めるのに効率的で乗られている人が多いです。

      • ポリよ says:

        返信ありがとうございます!
        中国国際航空のビジネスでシンタッチをしたいと思います!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントは承認制なので反映されるまで時間が掛かります。

Back to Top ↑