ウラジオストクの街並み、人種、治安、物価など詳しく紹介!アライバルビザについても

公開日: 2016年 01月 29日
更新日: 2016年 12月 28日


速報:ウラジオストクのアライバルビザについて(2016年12月追記)

2016年7月よりウラジオストクのアライバルビザが始まるとの噂がありましたが、再び2017年にウラジオストク、サハリンなどで簡易ビザが発行される話があります。


ロシアが日本人ビザ緩和へ 来年から観光、ビジネス – 産経ニュース

産経ニュースに寄ると2017年1月1日よりスタートさせるとロシア外務省が発表しているので、本当に始まる可能性が高そうです。

ただビザが簡易化されるといっても空港や港でアライバルビザを取れるというわけではなさそうです。それでも今まで以上に極東ロシアが日本人にとって身近になることは間違いないので期待したいです。

メイン記事はこちら

ロシアのウラジオストクは地理的には完全にアジアです。

そのためウラジオストクに旅行をするまでは、ロシアでもアジアっぽい雰囲気をイメージしていたのですが、実際に訪れてみるとヨーロッパでした。ロシアは観光ビザこそ取得するのは大変ですが、日本からウラジオストクは3時間以内で行くことができます。

これから間違いなく日本人にとって多くの観光客が訪れる国になるに違いないと感じたので、その理由をお伝えします!

まず街並みが完全に非アジアでヨーロッパ

DSC05817
ウラジオストクは北朝鮮や中国から割りかし近い位置にあります。しかし街並みはアジアではなくヨーロッパです。私が住んでいた旧ソ連のエストニアにかなり近い雰囲気でした。アジアの雰囲気は一切ありません。

DSC05965
ウラジオストクにはオシャレなカフェやレストランもあり、海と坂が印象的な街でした。ロシアのサンフランシスコとも言われてるようで、その理由も納得です。

どうしても極東ロシアの情報が日本語ではあまりないので、陰気でネガティブなイメージを持っている人も多いと思いますが、私が訪れた10月は快晴で歩いていてとても気持ちかったです。

アジア人は10%以下!ほとんどが白人です。

DSC05973
極東ロシアには韓国系ロシア人(高麗人)などのアジア系ロシア人が多いと思っていたのですが、アジア人が多いといわれているウラジオストクですらアジア系の人はおそらく10%以下です。

また街を歩いていると北朝鮮のバッチを付けている人も何人かおり、おそらく現地で仕事をしている北朝鮮人です。

DSC05939
皆さんご期待されてると思うロシア人美女も沢山います!

韓国、日本の食べ物はスーパーに沢山!

DSC06052
街並みも人種もヨーロッパ近いウラジオストクですが、スーパーマーケットには沢山のアジア商品があります。もちろん日本の製品も多くカップラーメンはもちろんビールや化粧品など様々なものが売っています。

ただ日本製品の場合、基本的に割高で上の日進のカップヌードル・キングサイズは333ルーブル(650円)です。日本だと230円ほどの製品なので約3倍です。

一方、韓国製品は日本製品以上にあり、現地で生産されていると思われるものも多くあり、価格もそこまで高くありませんでした。もっと日本の会社は頑張って欲しいです!

車は、ほとんど日本車です!

DSC06064
ウラジオストクでは日本車が人気のようで、ほとんどが日本車で韓国車は1台も見ませんでした。おそらくほとんどの車が日本から輸入された中古車です。

観光客は中国人が多数

DSC05984
ウラジオストクの外国人観光客は、中心地に行くとちらほらいました。国慶節休暇に訪れたこともあってか中国人ツアー客が沢山おり、自由旅行をしている人は韓国人ぐらいでした。日本人観光客は一切会わなかったですが、現地に住んでいると思われる日本人女性は何人かいました。

治安は想像していた以上に良かった

ウラジオストクに訪れるにあたって誰もが気になるのが治安だと思いますが、私が訪れた約10日間でウラジオストクを含む極東ロシアで危ないと思ったことは一度もありませんでした。

思った以上に治安は良いと感じましたが、夜になると街全体に明かりがなくなるので夜の外出は控えたほうがよさそうです。

英語は全く通じないけど、なんとかはなる

極東ロシアに限ったことではないと思いますが、ロシアは英語が全く通じません。もしかしたら日本と同じレベルか日本以下かもしれないです。ホテルは基本的に英語を話そうとする人はいないですし、鉄道駅のインフォーメーションセンターでも英語はダメでした。日本でもさすがにホテルやインフォーメーションセンターのスタッフは英語ができると思うのですが、ロシアは個人旅行者が少ないからか英語でのコミニュケーションは厳しいです。

ただロシア語が話せないからといって、冷たい対応をされることはなく、親切にホテルでも鉄道駅でも対応してもらえました。モスクワだとカフェでいつまでたってもスタッフが来ずに差別されたような苦い経験があったのですが、極東ロシアの場合は気持ちよく観光ができました。

物価は日本よりもちょっと安い

DSC05861
ロシアのルーブルは以前に比べて下落したこともあり、そこまで高くはなく日本よりも安く感じました。例えば2人でパンケーキとジュースを頼んでトータル1,000円以下です。

またバスの料金は19ルーブル(38円)で、コーヒーショップのアメリカンは100ルーブル(200円)くらいです。

ウラジオストクは超穴場です!

ウラジオストクは日本から飛行機で3時間以内で行くことができ、アジアの雰囲気は一切ありません!また時差も1時間なのでヨーロッパやアメリカのように時差ボケになることも、ほぼないです。

こんなに異文化が気軽に楽しめる都市なのに、現状では日本人環境客は皆無です。近々、ウラジオストクに限って8日間有効なアライバルビザを提供するという計画もあるようです。

現状、日本からは成田空港から週3便でS7航空が飛んでいるだけですが、ソウル経由だと日本からでも4万円以下で行けることもあるので、是非とも極東ロシアのウラジオストクに足を運んでみてください。

極東ロシアのホテル予約は”じゃらん海外”とBooking.comがおすすめ

海外ホテルの予約となればエクスペディアで予約する人が多いと思いますが、ウラジオストクやハバロフスクなどの極東ロシアのホテル予約は”じゃらん海外”とBooking.comがオススメです。

“じゃらん海外”のホテル予約をオススメする理由

“じゃらん海外”をオススメする理由としては、2015年12月よりエクスペディアの8%クーポンよりも値引率の良いクーポンを配布しており、他のホテル予約サイトよりも大幅に安い値段でホテルが手配できるためです。

じゃらん海外のクーポン取得はこちら

また”じゃらん海外”はエクスペディアのホテル予約システムを使っているため、予約後も「エクスペディアで予約した」とホテルスタッフに伝えるとチェックインがスムーズです。極東ロシアのウラジオストクやハバロフスクも”じゃらん海外”でホテルは掲載されています。

じゃらん海外のクーポンの記事はこちら

Booking.comのホテル予約をオススメする理由

極東ロシアのホテル掲載数が最も多いのがブッキングドットコム (Booking.com)です。Booking.comは現地で支払いが基本となっているため、当日予約にも使えます。

ウスリースクを旅行したときも、エクスペディアよりもBooking.comのほうがホテル掲載数が多く、Booking.comをひたすら利用していました。

高麗人が多く住むウスリースク!ウラジオストクからも日帰り可能です。

極東ロシアの旅行にはセディナカードを持って行こう

セディナカード(マスターカード)の海外キャッシングは最強!ネット返済&現地ATM手数料無料で、ほぼ手数料はタダに!

極東ロシアには両替所はそこまで多くないですが、ATMは市内に多く存在します。日本のクレジットカード、国際キャッシングも使えますが、その中で最も手数料の安いキャッシング方法がセディナカード(マスターカード)で現金をおろすことです。

ロシアに限らずセディナカード(マスターカード)は、世界どこでも日本のクレジットカード、キャッシングのレートが最も良いのでオススメです。

極東ロシアに関する記事

ウラジオストク国際空港に行く前に知っておきたいこと(市内までの移動、SIMカード、WiFi、ATMなど)

成田からも週3で就航!S7航空でウラジオストクに来たのでレビュー

ウラジオストクのMTS(МТС)でプリペイドSIMカードを購入!

ウラジオストクで絶対に訪れたいカフェ・レストラン

シベリア鉄道でウラジオストクからハバロフスクまで移動!2等席は想像以上に快適でした

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. まりん says:

    アライバルビザ7月1日より稼動みたいです。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑