free web hit counter

どのプラチナカードがおすすめ?アメックス、ダイナース、JCBなどプラチナまとめ

公開日: 2018年 07月 03日
更新日: 2018年 07月 04日


日本には様々なプラチナ級のクレジットカードが存在します。

またプラチナカードに関してはクローズドなものが多く一般には意外と知られておらず、実際に加入してみないとわからないことも沢山あったりします。

自分も先日、アメックス・プラチナを発行して利用していますが、「こんな特典もあったのか!」というものもあったりします。例えばアメックス・プラチナは家族カードが無料で発行でき、家族カードでも本会員同様にプライオリティパスを申込できたり、SPGのゴールド会員になれたりする特典です。

アメックス以外にも各大手のクレジットカード会社はプラチナカードを発行しており、インビテーションがなければ申込できないクレジットカードもありますが、最近だと意外といきなり誰でも申し込みできるプラチナカードも増えてきています。

今回は、そんな日本で発行されているプラチナ級の主要クレジットカードの年会費、特典、還元率などをまとめて、この記事では紹介します。


目次

プラチナカードの定義は?コンシェルジュサービスが一つの目安


プラチナカードは各クレジットカードで定義が異なり、そもそもプラチナカードと名乗ってないけど、他社と比較したときにプラチナカード級だろうというクレジットカードもあります。

今回紹介するクレジットカードは私がプラチナカードに値すると思った主要なカードをピックアップしています。基本的には私は「コンシェルジュサービスがあるクレジットカード=プラチナカード」と思っています。

また年会費も年21,600円のものから年167,400円のものまで様々ですが、自分がおすすめまたは良さそうと思っているプラチナカードから順に紹介します。

各ホテルの上級会員に一気になれて、コンシェルジュも優秀なアメックス・プラチナ

年会費(税込) 140,400円
入会 紹介で申込可
還元率 100円につき0.8~1マイル
コンシェルジュサービス
プライオリティパス ○(家族カードでも無料で発行可)
家族カード 無料で4枚まで発行可
※兄弟でもOK
その他特典 SPG、ヒルトン、シャングリラなどの上級会員になれる

年会費は急に高くはなりますが、ホテルの上級会員を活用しつつ、家族で使い倒せば十分に元の取れるクレジットカードとなっています。またアメックスのコンシェルジュは他のコンシェルジュよりもレベルが高いといわれています。

アメックス・プラチナの特典、申込方法は?まとめてホテルの上級会員になれる神カード

ただAMEXブランドなので海外だと使い辛いです。

100円決済で2マイル!!超高還元率なANAダイナース プレミアムカード

年会費(税込) 167,400円
入会 ANAダイナースからの招待制
還元率 100円につき2マイル
コンシェルジュサービス
プライオリティパス ○(家族カードでも発行可)
家族カード 無料で発行可
その他特典 ビジネスカードも年2,160円で発行可

年会費は高いですが、還元率がどのプラチナカードよりも高く、毎月とにかく決済をする人におすすめしたいクレジットカードです。特にビジネスカードもたった年2,160円で発行できるため、自営業者や経営者におすすめしたいクレジットカードです。

ANAダイナース プレミアムカードは100円決済で2マイル貯めれる最強クレジットカード

ただしダイナースなので海外や日本でも使えないお店も多いです。

ANAのマイルしか貯めれないですが、上限なく貯めることができます。

オリジナルのダイナース プレミアムカードも100円決済で2マイル!!

年会費(税込) 140,400円
入会 ダイナースからの招待制
還元率 100円につき2マイル
コンシェルジュサービス
プライオリティパス ○(家族カードでも発行可)
家族カード 無料で発行可
その他特典 ビジネスカードも年2,160円で発行可

ANAダイナース プレミアムカードとほぼ同等のクレジットカードで、年会費も少なめです。ANAのマイル以外も貯めれますが、各マイルに交換するには年単位の上限があります。

年会費2万円でコンシェルジュ&プライオリティパスもついてくるお手頃プラチナカード MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費(税込) 21,600円
入会 誰でも申し込み可能
還元率 0.47%~1.0%
コンシェルジュサービス
プライオリティパス ○(家族カードでも発行可)
家族カード 年3,240円で発行可
その他特典

MUFJでもコンシェルジュ対応のクレジットカードがあり、コンシェルジュ付きのクレジットカードだとおそらく日本最安値になります。

プライオリティパスもつくの非常にコストパフォーマンスの良いクレジットカードとなっていますが、国際ブランドはAMEXのみとなり、海外で利用するときは微妙となります。

金属でできた日本唯一のクレジットカード ラグジュアリーカード(チタニウムカード)


ラグジュアリーカードは高級クレジットカードとなり、アメリカで元々発行されているカードですが日本にもアプラスが発行をしています。

年会費(税込) 54,000円
入会 誰でも申し込み可能
還元率 0.5%~0.75%
コンシェルジュサービス
プライオリティパス ○(家族カードでも発行可)
家族カード 年16,200円で発行可
その他特典 TOHOシネマズ月1回無料、カードが金属

このカードはゴールドカード、ブラックカードとありますが、一番ランクの低いクレジットカードでも年54,000円となります。このクレジットカードはプラスチックではなく、金属製となります。

金属製で重くはありますが普通のクレジットカードとして利用することができます。また国際ブランドがマスタカードなので世界で利用することができます。

またコンシェルジュのサービスがおそらく日本で唯一、メールでの対応が可能となっているとことです。私のように電話嫌いな人にはありがたいサポートです。

あとTOHOシネマズが月1枚まで無料になる何気に良い不思議な特典もあります。

JCBザ・クラスの踏み台になるJCBプラチナカード

年会費(税込) 27,000円
入会 誰でも申し込み可能
還元率 0.5~0.85%
コンシェルジュサービス
プライオリティパス ○(家族カードは不可)
家族カード 年3,180円で発行可
その他特典

JCBのオリジナルカードにもプラチナカードがあり、意外と歴史は浅く2017年10月より提供開始となりました。

プラチナカード | クレジットカードなら、JCBカード

おそらく三井住友プラチナカードの対抗馬としてできたものです。しかし三井住友カードの場合は、プラチナカードが最高ランクですが、JCBプラチナカードには更に上のブラックカードクラスのJCB THE CLASS(ザ・クラス)が存在します。

THE CLASSはJCBプラチナカードまたはJCB ゴールド ザ・プレミアで実績を作れば招待状が貰えます。

そのJCB THE CLASSを持っていれば東京ディズニーランドの秘密レストラン「Club 33」に入ることができる抽選に応募できるので、ディズニーファンがTHE CLASSの権利を手に入れるために踏み台としても使っているクレジットカードです。

USJのラウンジが利用できる!!三井住友プラチナカード

年会費(税込) 54,000円
入会 誰でも申し込み可能
還元率 0.5~1.0%
コンシェルジュサービス
プライオリティパス ○(家族カードでも発行可)
家族カード 無料で発行可
その他特典 USJラウンジ利用可

三井住友カードにもプラチナカードは用意されおり上記のような条件となります。国際ブランドがVISA、マスターカードと還元率は高くはありませんが、海外でも使いやすいクレジットカードとなっています。

三井住友プラチナカード|クレジットカードなら三井住友カード

Visaのコンシェルジュが使えるエポスプラチナカード

年会費(税込) 30,000円
※インビテーション経由なら20,000円
入会 誰でも申し込み可能
還元率 0.50~1.25%
コンシェルジュサービス
プライオリティパス
家族カード なし
その他特典

エポスカードにもプラチナカードはあり、年30,000円であれば誰でも申し込みすることができ、もしエポスゴールドを持っていてインビテーションがくれば年20,000円で利用することができます。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードと非常にスペックが近いですが、VISAブランドなので海外でも使いやすいです。

またコンシェルジュはエポスのデスクではなく、Visaが提供するVisaプラチナ・コンシェルジュ・センターとなります。

年2万円でマスターカード!!ジャックスカードプラチナ

年会費(税込) 21,600円
入会 誰でも申し込み可能
還元率 1.5~2.0%
コンシェルジュサービス
プライオリティパス 同等のラウンジ・キーが付属
(年6回まで)
家族カード 無料で3枚まで発行可
その他特典

格安でプラチナカードを持つことができ、更にはコンシェルジュもありマスターカードなので、世界中で利用することができます。

楽天にも実はブラックカードがある。楽天ブラックカード

年会費(税込) 32,400円
入会 誰でも申し込み可能?
還元率 1.0%
コンシェルジュサービス
プライオリティパス
家族カード 2枚まで無料で発行可
その他特典

あまり知られていませんが楽天にも楽天ブラックカードというものがあり、コンシェルジュ対応で実質的に楽天のプラチナクラスのカードとなります。

楽天ブラックカードの5年間無料のインビテーションが来たらラッキー!絶対に申し込もう!

過去にはなぜか楽天カード(一般)の一部利用者にブラックカードが5年無料で使えるインビテーションがバラまかれました。

プラチナカードの特徴①:プラチナカードは全般的に還元率が良いわけではない


プラチナカードですが、調べてみてわかったことですが、年会費の割にポイント還元率が意外と普通です。年会費無料の楽天カード以下のカードも沢山あります。

正直、自分もプラチナカードについて興味を持つまでは知らず、調べていくうちに「なんで年会費がこんなに高いのに還元率が低いの?」という疑問を持ち始めました。

ダイナースプレミアムのように例外はありますが、プラチナカードは還元率を求めるだけではなく、コンシェルジュなどのプラチナカードならではの特典を目的に持つべきカードだということです。

高還元率でメインカードにオススメな厳選クレジットカードまとめ。マイル系はお得!

もし還元率を求めたい場合は上記の記事でおすすめしています。高還元率なものはゴールドカード・クラスに多いです。

プラチナカードの特徴②:プラチナカードは家族で使い倒すと意外と安くてお得


あとプラチナカードは年会費は高いものの実は家族カードに関しては無料または格安なカードも多いです。

またプラチナカードによっては、ほぼ本会員と同じ特典が家族カード保有者にも適用されます。ほとんどのプラチナカードは家族カード保有者もコンシェルジュデスクを利用することができます。

なので夫婦、両親、子供など家族を巻き込んで発行して、特典を使い倒せば意外と割り算すれば年会費は高くなかったりします。

まとめ:プラチナカードのある生活を手に入れよう

多分、多くの人は「還元率」や「年会費」を重視してクレジットカードを選んでいる人も多いとは思います。自分も実は最近まではそうだったのですが、プラチナカードにはコンシェルジュや謎に豪華な特典など未知に秘めた人を魅了するカードだと思います。

年会費10万円越えから年2万円程度でコンシェルジュ&プライオリティパスがついてくるプラチナカードもありますので、是非とも気になる人は使ってみてください。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントは承認制なので反映されるまで時間が掛かります。

Back to Top ↑